FC2ブログ
2008.01.04 おすすめ健康ジュース
きやあ~~、この『お庭番』、とうとう1カ月以上放置しちゃった!!
ということで、、、
年が改まりまして別に新年に関係あるお話でもありませんが、
ちょうど1年ほど前、ある日突然おとんがジューサーを買ってきて、
「今度から健康ジュースを作って毎朝飲む!」と言い出しました。
「へぇ~、いいことじゃん?」と言っておきましたが、心の中では、
『いったいいつまで続くことやら、、』と若干冷ややかな反応でした。
だって、今までその調子でどれだけ中途放棄したものか。
ところがところが、これが未だに続行中!
主にニンジンとリンゴ&柑橘系の2種類を朝作ってくれるのですが、
これを飲むことで夫婦二人とも劇的に体調がアップ!!
おとんは主にお腹の調子がよくなって体の掻痒感もなくなったし、
ワタクシもお腹の調子がますますよくなって(元々いい)、
その上お肌の状態が超良好。
体が喜んでいることがわかるので、続くんですね~。

で、ジューサーですのでもちろんしぼりかすがたくさん出ます。
柑橘系は捨てるしかないのですが、ニンジンとリンゴは
こりゃいかにももったいないということで、ワンコの夕ゴハンの
トッピングにするおじやの中に試しに入れて炊いてみたところ、、、
わんわんたち、ウハウハ食べてくれた!
ということで、毎日ず~~っとあげています。
それが、、、これがまた、ワンコどものお腹にも良い結果に!
毎日みんな、とぉ~~ってもいいウンピーなのであります。

今やヘルシー志向真っ盛りのご時世。
大デパートでも食品売り場では健康ジュースコーナーが大賑わいですが、
もし興味のある方はぜひぜひおすすめですよ!
そして愛ワンコにもぜひお試しあれ☆
ただしニンジン&リンゴは他の野菜も含めて全体の1/3以内に。
後1/3はゴハン、1/3は動物系&植物系たんぱく質で。
いろんな書物を参考にして、うちでは大体この比率であげております。
スポンサーサイト



2007.11.22 紅葉と寒蘭と、、、梅???
今、裏山の紅葉の照りが最高潮です。
おじいちゃんが、
「あれを写真に撮っておいておくれ」
といいますので、絶好のお天気の今朝方写してみました。

1122kouyou.jpg
う~ん、確かに美しい!

ついでに、といっては何ですが、おじいちゃんの丹精込めた寒蘭も今シーズン。
こんな感じです。

1122kanran.jpg
他に赤花もあります

ふと玄関のガラス戸に目をやると、、、
あらっ!!!
梅の花のようなこの形は、、、!!

1122ashiato.jpg
くっきりあざやか!
まったく、、、いったいだれのしわざでしょう。
ちなみに惜しみつつも、もう拭きとってしまいました。
2007.10.01 4ワン飼い主の近況報告です☆
6月以降、この『お庭番DIARY』の更新がめっきり減って、
「どおしたの??」と思われている方もおられることでしょう。
私事ですが、23年勤務していた仕事に見切りをつけて3年。
今年の春「そろそろ何かやってもいいかな」という思いが頭をもたげはじめました。
ジュール・ベルヌの冒険小説に『2年間の休暇』というのがありましたけど、
ワタクシの場合まったくの専業主婦として『3年間の休暇』をいただきました。
定年を迎えるまできっとがんばれると思っていた仕事を、
やむを得ない家庭の事情で(確かに仕事自体の行き詰まりもあった)
辞めた直後は、一時はもう『人生のたそがれ』といった感じさえあり、
後は家族の世話と、当時はまだりきとさくらの2頭だったワンコファミリーの世話、
この2つだけが残された自分の使命だとさえ思っておりました。

でも今年に入ってふと気がつくと、毎日の怠惰な生活に太りたいだけ太った
ビヤだる体型&あんぱんマンのようなまん丸な顔、それに伴う不健康感、
ともすれば何曜日だかもおぼつかないような単調な毎日の繰り返しに、
身も心も狎れきった己の姿、、、!
ま、まずいっ!!
そしてさらに気づいたある事実。
それはワタクシの実母が今のワタクシの年齢のとき、
ワタクシはまだ高校3年生だったということ。
それから遠方の大学までやってくれて孫のめんどうも見てくれて、、
とにかくがんばってくれました。
そしてまた、ワタクシがおとんとお見合いをしたとき、
義母(おとんのお母さん)が今のワタクシの年齢だったということ。
こちらも書道の先生をしながら、後には玄人顔負けの手広いお漬物作りや
広大な畑の管理や、亡くなる数年前まで元気いっぱいに嬉々として働き、
また孫(ムスメたち)の世話をしてくれました。
ワタクシだってまだまだ可能性があるにちがいない。
そう思うとまずは自分自身の体の建て直しからです。
3月からエアロビの教室に通いだし、平行して4ワンの道散歩の強化、
体に摂取するものの見直し。
ちょうど時を同じくして、自分の太りすぎに危惧を抱きだしたおとんが
朝はジューサーでりんご&ニンジンと柑橘類のジュースを2種類作って飲み始めましたので、
朝はこのおこぼれをちょうだいすることに。
これらがうまく功を奏して、ひと月に0.8~1㎏づつ位のペースで健康的に体重が落ち始めました。
こうなると人間というのはおもしろいもので、物事に積極的に取り組む気力が沸いてくるんですね。
『仕事をなんか始めたい!』と真剣に考えるようになってまいりまして、、、
ただ今の状況では、ある程度自由が利いて家のことがきゅうくつにならないような、
(特にワンコのお散歩やお世話に影響が出ないようにすることが大前提)
これからの生活にも何かしらプラスになるような、、、
ということで7月からヘルパー講習に行き始め、8月には資格取得。
そしてラッキーなことに実習に行かせていただいたステーションで、
働かせていただくことになりました。
事務所はうちから車で5~6分。今日で丸1か月になりますが、
この1か月を振り返ってみると、月に約半分のペースで出勤していることになります。
男2人と犬4頭のお世話がありますので、これ位が多分ちょうどいいんだろうと思います。
不思議なもので、今までのんべんだら~りと過ごしていた生活にめりはりがついて、
以前よりよっぽど家の中もきちんとするようになってきました。
(い、今まで一体どんなだったんだ、、、)
いやいや、昔からよく「キミは仕事が与えられてナンボのタイプだな」
なんていわれてましたがこうしてみると、た、確かに、、、!

しかし、新しいことに飛び込むというのもなかなか新鮮なものです。
人生の大先輩(おばあちゃまたち)から学ぶこともたくさん。
この辺はお寺の仏教婦人会でお年寄りの中で活動させていただいた経験も
大いに役に立ったような気もします。
考えてみるとどんなことでも無駄にはなっていないということなのでしょうか。
汗を流すことが多い(冷や汗も?)仕事ですので、まだまだ体も引き締まりそうです。
気候もよくなって、6月で一旦中止している『お掃除大作戦』も再開する予定。
なにより4ワンのお散歩にも力が入ることでしょう。
中期的展望では、後3~4年はこのペースでいけるかな、、、。
そのためにもワンコたちを含め家族みんながずっと健康でいてほしいですね。

と、長々となってしまいましたがこんな具合の現在の状態です。
勢いもっとも少なくなったのは、パソコンの前に座る時間というわけでして、、
あら、いいわけがましい??
とにかく細々ながらもこれからもHPは続けるつもりでおりますので、、、
これからもどうぞヨロシクお願いいたしますネ。









2007.09.14 携帯画像満杯!
最近のワンコ日記に使う画像はたいてい携帯で撮ったものですが、、、
今日容量がいっぱいになってしまいましたので、少々整理を余儀なくされました。
で、見ているとまぁ~~、撮ってる撮ってる!

これ、どこかで使ってますかね?
5月末の画像です。

200705230655.jpg
お尻コレクション
左からさくら・りき・ぽんぽん

そして貴重なおたよたちの仔犬のときの画像。
7月のパソコン修理の際に、
『さくらの子育て日記』以外の膨大な仔犬のときの画像は、
いっさいがっさいパーになってしまいました、、、(涙・涙)
こんなかわいいのがいっぱいあったのに、、。
これはたまたま携帯でパソコンの画像を撮っていたものです。

200706221846.jpg
なんてかわいい
左からケンちゃん・優ちゃん・おたよ

いかん、、、こんなのを見たらまた仔犬がほしくなるっ、、!!

他にも色々あって、、、やっぱり整理どころではなくなり、
しばし見惚けてしまいました。

あああ~~、何もちっとも進みゃしない!!





2007.09.05 毎日が『介護予防』
まさに個人的な話になりますが、、、
フルタイムの仕事をきっぱりと辞めて丸3年を迎えたこの春、
「そろそろ何か始めたいなぁ」という思いが頭をもたげ始めました。
なにしろこれまでは毎日が日曜日。
おじいちゃんがおうちにいる時なんてまるで新婚さん状態。
なんとなくヘン!
4ワンコと好きなときに好きなだけ遊べるというシチュエーションは魅力的なものの、
いつもいつも遊ぶのは迷惑そうなそぶりの4ワン。
基本的に構われすぎるのは好きではなさそうなのです。

そういうことで一念発起して、7月から「ヘルパー講習」を受けることに。
かくして8月末になんとか修了することができました。
この期間、色々なことを見聞し様々なことを考えさせられました。
特に実習で実際に施設に入所しておられるお年寄りの方々に接したときは、
『ひとくちに高齢者といえどもこんなに十人十色なのか』ということを目の当たりにしました。
70歳代前半で特に病気でもないのだけれどすでに足が萎えかけている女性。
髪型やアクセサリーなどおしゃれには熱心なのですが、歩くことそのものに消極的でした。
かと思えば、80歳まで施設の住み込みで働いて現在は90歳の女性。
少々歩行が不安定なのですが、押し車を押しながら施設の廊下を励んで歩いておられました。

さてここは犬のHPですので人間の介護制度の話云々でもないのですが、
ヒトでもワンコでもとどのつまりは『健康第一』。
それには毎日の積み重ねがやっぱり大切なんですね。
今朝は最近もろにメタボ腹と化したおとんのお尻を叩いて、朝散歩に連れ出しました。
途中、以前なら2頭立てでお散歩しておられたご近所の方がひとりで歩いておられたので、
「ワンコはごいっしょではないのですか?」
とちょっと心配な気持ちでお尋ねすると、
「もう年なのでその辺をちょろちょろっとあのコたちのペースに合わせて済ませています。」
ということでした。
聞けば18歳と15歳だそう。
18歳というご老体のワンコもシッポは下げ気味なものの足取りしっかりと
歩いている姿をしばしば見かけています。
15歳のワンにいたってはまだまだとてもそんな年には見えるワンコではありません。
シャンシャンさっそうと歩いています。
ずっと毎日毎日いままでキチンと、ずいぶん長い距離を歩いておられました。
思わず、
「ご長寿で、、。あやかりたいです。」
とご挨拶してお別れしました。

ワタクシも今までは、4ワンコをまきばで遊ばせたときはお散歩を割愛したりしていましたが、
これからは自分のことも含めて、4ワンコと毎日のお散歩タイムをより楽しもうと決意したこの頃です。
特に『ワンコDIARY』でも書いていますが、太り気味のぽんぽんしゃんがちょっと気がかりですし。
ワタクシに関して言えば実はこの4月以来、エアロビとこの地道な道散歩のおかげだと思うのですが、
5㎏ほど体重が落ちました。
体が軽くなれば考えも前向きになるような気がします。

それにしても、、、
施設に入所しておられるご高齢の方と比較するわけではありませんが、
うちのおじいちゃん、連日山間部の川まで鮎釣りに打ち興じています。
この間は元気なお姉さん夫妻と4泊5日の海外旅行に出かけたかと思えば、
帰国翌日はもう、県外へ早朝の川蟹獲りに。
うちのおじいちゃんはまさに『スーパー老人』と呼ぶにふさわしいでしょうね~。
持って生まれた優秀な遺伝子というのが一番の原因でしょうけれど。


2007.06.05 お掃除大作戦~第1章「フリーマーケット編」
何十年来の膨大なゴミの山を抱えた我が家。
ただ一口に「ゴミ」といっても色々と種類があります。

まずは、
① まったくその役目を果たし終えたシロモノ。
  機能しないモノ。
  今後も未来永劫、誰も使わないと思われるモノ

特に自分が関わっていない時代のものでこういう類は、
比較的冷静に対処できるハズ。

次に、
② ひょっとしたら使えるかもしれない、、と、なんとなく
  残しているモノ。
  とりあえず置いているモノ。

これが圧倒的に多い!!
それに愛着があるようなものはますますこの傾向が強いようです。

そして、、、
③ 未だ十分に付加価値があるが、とりあえず必要性が希薄なため、
  置いてあるモノ。
  厳密にいえば「ゴミ」とは言いがたいモノ。

例えばいただき物の石鹸とか夏の肌ぶとんとか。
買ってみたけどなんとなく違和感があってしまっているものとか。

一斉にゴッソリとトラック何台かで持っていってもらえば、
さぞせいせいすることでしょうが、③はもちろんのこと②の中でも
『捨てちゃうのはもったいないよね~』といじましく思ってしまうものが。
そこで選別してフリーマーケットで売ることに。

折りしもゴールデンウィーク明けに、隣の市でフリマの開催のお知らせを発見!
これは出店無料なのもあり人気があるため抽選で出店者が選ばれるのですが、、、
見事当選~~♪
(実は3年前にも一度当たって出店の経験があります!)
こうなったら出来るだけお金に変えちゃう!と、張り切ったワタクシ。
ちょうどゴールデンウィーク中から娘どものほったらかしていった品々を整理中。
さらにもはやジャングルと化した物置に分け入って、売れそうなものを物色。
それだけでも相当の数の売り物が揃いました~!
それにしても、、、
助っ人にフリマ経験がワタクシよりも多いなおなおを前日より呼び寄せて、
ワタクシが売り物を探している間並行して値段をつけてもらったのですが、、、
なんでワタクシが若ぶって買ったツモリチサトのバッグが800円
(定価16000円・一回使用、、、上記③の理由でお蔵入りしてた)で、
商店の記念セールでタダでもらったポーチが(未使用とはいえ)、
200円なのよ~!
と、結構めちゃくちゃな査定でしたが~、、、まっいっか。

そこでちょっとさかのぼりますが、5月の最後の日曜日に実行してまいりました。
複合施設の駐車場に100店舗、車を乗り付けての出店形式です。
午前10時から開店ということでなおなおとモタモタ、ダンボールをおろしていたら、、、
オッサンやオバサンがアリのようにたかってきて、
勝手にダンボールを開けて中のものをつかみだしてる~~~!!
「ちょ、、ちょっと!10時からになってるんですが、、」
「いいのよぉ!もうみんな売ってくれてるよ!」
「これとこれ!買うから負けて!」
おおおぉぉぉ~~い!!!なんとかしてくれ~~!!
、、、と青ざめつつも何とかこの図々しい軍団をさばき、
気が付けばわずか20分足らずで1/3近くが売れてしまいました。
お、おそろしい、、、。
しかも目利きというか、やっぱりいいものが即座になくなっていきましたね。
特に③に分類される未使用の石鹸やタオルなどは、この時点でほとんど完売です。
それにワタクシが旅行先で買いためたお茶碗コレクション。
もう一生かけても使い切れないほど溜まっていたので、
今回その一部を出してみたのですが、、
これもやっぱりいいのはドドッと「さようなら~」でした。
しかし注目すべきは、なおなお姉妹の手作り陶芸作品。
『ボールをくわえたリキ』という題名の、長さ10cm、高さ5cm位の怪しげな犬の像。
「こんなの売れんよ~~」
と、なおなお自身が苦笑していたのですが(作った本人はすでに飽きていた)、
若いお嬢さん2~3人が来て、
「わっ!これかわいい!うちの柴犬に似てる~!!」
(ちゃんと柴犬にも見えたらしい)と、興奮して喜んで買ってくれました。
他にもなおなおオリジナルの、串刺しダンゴのような花びんとか、
意外に手作り作品、好評でありました。
ま、100円ではありましたが、、。
こんな風で始まって2時間もすればさらに、
いかにもつまらないモノばかりが残っている状態となり、
ヒマになったので犬バカ親子でまたあらぬ妄想を話して遊ぶことに。
なおなお「ここに看板犬ちゆうておさよを連れてきて、
『ア~ウ~』って呼び込みさせたら流行るよね」
なおなお母「生きたワンコを連れてきたら怒られるバイ」
なおなお「なら、薬で眠らせて置いてたら、、」
なおなお母「敷物みたいに?キャキャ」
、、なんてひどいことを想像している親子でしょう。

そんなこんなで、午後3時には終了したのですが、
売り上げがな、な、なんと!!
25000円もありました!
なおなおにアルバイト料を奮発してもなお、ゴミ処理用のトラック1台分くらいの
手数料はこれで捻出できました!
バンザーーーイ\^0^/

しかし、、
「お掃除大作戦」はまだほとんど始まったばかりといっても、
決して言い過ぎではありましぇん。
今ずっと外出もできるだけ控えてゴミの選別とゴミ出しに
専念している真っ只中なのですが、とにかく『すごい』のひとこと。
今は衣替えに伴う大量の衣類の分別ですが、、
この6月中でなんとかケリをつけたいですわ~!
そして、もったいぶるようですが、、
ワンコのための野望が実現するまでは、、
道は遠く険しいですなぁ~

この第1章も予告からずいぶん経ってしまい、、申し訳ありません。
では「お掃除大作戦」、続きはリアルタイムで!
ただし、本当に忙しいのでちょっと記事が遅れることになりそうですわ。
ネット上のご訪問もなかなかできない状況ですが、
お友達の皆様、どうぞ温かく見守ってやってくださいませネ。

2007.05.30 お掃除大作戦~序章
昨年の秋、久しぶりに高校時代の友達と会ったとき、
立て続けにご主人のご両親が亡くなったという友達の話に、
同席した誰もがとても興味深く耳を傾けたものでした。
彼女の話によれば、
「残された家の後片付けをしようとしたら、
もう~~、ゴミが出てくるわ出てくるわ!!
ここまで溜めるか??、、って、あきれるほど。
何十年来の紙袋から何からどっっっさりで、
どこから手をつけたらいいのか、
わからなかったんよ。
それで、私思った。
早いうちからすっきり身軽がいいって。」
彼女は自分の思ったことを早速実行し、さらには、
『だだっぴろい家は老後に必要なし』
と、ご両親のおうちを処分してコンパクトな平屋を新築し、
『シンプル イズ ベスト』の暮らしを送っております。

私たちの親世代は戦中戦後のモノのない時代を生き抜いてきた世代。
『勿体ない』が口癖の世代です。
彼女の話を聞きながら、
『ここに居る友達の誰よりもうちのゴミが一番多いに違いない』
と、私には妙な確信がありました。

築70余年の我が家。
薄暗い稲屋には、恐らく建築当初の農作業用の道具
(民俗資料館行きみたいなの)もありそう、、、
おじいちゃん・おばあちゃん共にモノを粗末にすることを
しない人でした(です)ので、壊れた電化製品もおいそれとは
捨てられることなく、土間には壊れた大型冷蔵庫が都合3台(!)、
モノ入れとして活躍しているし~、、、。
で、うちの場合『勿体ない』というセリフの次に、
『置くとこはナンボでもある!』というのが続くのです。
私たちの新婚時代からの本なんかも、置けることをいいことに
まだしっかりと残っていて、、、。

なので~、気が付けば、、、、
あっちにもこっちにもゴミの山。
前をむいてもゴミの山。
振り向いてもゴミの山。

、、、。

『捨てない精神』(=実態はただ単にほったらかしているだけ)は、
次第に居宅の方にも影響を及ぼし始め、モノにあふれた部屋が
ひとつ、、ふたつ、、みっつ、、。
だんだん、人の居場所がなくなりそうな勢いなのです。

そこで尻の思い切り重いこのワタクシが決心しました!

『よし!この家の大掃除大作戦を敢行しよう!!』

、、、そして、この壮大な(!)計画には、ワンコのためのある野望が。
それはまるで「風が吹けば桶屋がもうかる」にも似た、
「大掃除をすればワンコがもうかる」ことなのです~!

さて、、ではどのような??

続きは『お掃除大作戦~第1章フリーマーケット編』へ~!!
(ただし多分2~3日後、、)

0529afuafuriki.jpg
りき「おかん、なん考えちょん?
どうでもいいけどヒマ~」
~おかんの行動はすべてお前たちのためさ



2007.04.01 三越のライオン
今日は博多にお出かけしてきました。
昨日からなおなおがワンコ会いたさ見たさに帰って来たのですが、
ついでに薬箱とか何やかや細々したものを持って行くというし、
他にもタマゴやらゆでタケノコやら食料品も持たせると、
荷物がてんこ盛り。
そこで今日はなんとなく機嫌のいいおとんをうまくおだてて、
車で送らせる作戦が見事成功!
なおなお姉妹の棲家に行ってまいりました。
引越し直後から2度目ですが、まだなぁんもない、、、。
有り体に言えば見事なボロアパートなんですけど、
古いモノ好きのなおなおは異常にお気に入りです。
都会の只中からちょっと離れたロケーションで、
裏には四方を取り囲まれたちょっとしたお庭まであり、
犬を放したらいい感じ。
こっそりワンコ連れで遊びに来ても、
おとなしいコならバレないかも、、、
なんてぼんやり考えたりしていました。

それから、またおとんに送ってもらって今度は一路福岡市美術館へ。

0401bijyutsukannnosakura.jpg
市美術館の桜

ここでは柴友・香龍さんのご出身大学OB展があっておりまして、
やっと最終日に拝見しに参りました。
HPで見覚えのある大蓮のお皿や本格的な高取焼の茶道具の数々。
素晴らしい~。

ここでなおなおが耳元でささやきました。
「大学で油絵習った先生がおんしゃる!」
「ま!ご挨拶ぐらいしてきなさい」
「でも~、私のことやら忘れちょんしゃあよ~」
と尻込みするなおなおのお尻を叩いて挨拶に行かせました。
何やら色々と話しているなおなお。
戻ってきて、、、
「やっぱ、覚えられてなかった~」
そんなことはいいんよ。
センセってのはたくさんの学生を
相手にしておられるんだから、
無理もないっしょ。
「で、あのセンセー、お名前は?」
するとなおなお、
「わ、、、忘れた、、、」

こんなムスメです~

それから、なおなおさんご用達のおっされ~な
雑貨屋さんに行って、色々とおごらされて帰路に。

帰りに福岡三越の中を通っていると、
とても赤の他人とは思えぬ三越のライオンが。

mitsukoshilion2.jpg


で、うちの茶色い「三越ライオン」はこれ

mitsukoshilion3.jpg


一度しっかり検証してみたかったのですわ~(←やっぱりアホ)。





2007.03.16 学位授与式
今日は赤毛の娘(人間の方)の学位授与式でした。なおなお妹です。
よ、、、よかった~~~、、、、。
このお嬢さんはいわゆる超右脳系でありまして、、、色々武勇伝もあり、
いやはや感慨もひとしお。

0316norisotsugyou.jpg
成人式のときの着物に今回は自分で選んできた袴姿で

0316sotsugyousakuhinn2.jpg
卒業作品です~卒業作品集より
「載せてもいい?」って聞くと「ええよ~」と快諾
でも出来はすこぶる悪いそうで、、、
左下に赤いどんぐり頭がチラリ

謝恩会も果ててうちで着物を抜き捨てた後、
なおなおの待つアパートへ帰って行きました。
帰る前、ワタクシがワンコに晩ご飯をあげる前に、
ひとしきりワンコを構ってあげていました。

aoipon.jpg
なおなお妹作「青い犬」
独特で不思議な雰囲気 
かなり前のお遊びの絵ですが
モデルはぽんぽんだそう

ワンたちはこのなおなお妹が大のお気に入り。
さみしくなるよね~。
ワンコといっしょにないちゃおう。
うぉぉぉ~~ん。

2007.02.18 犬を数える遊び
2月は実家の父のお誕生月です。
元気なら今年83才。
元国鉄マンだった父は生涯自家用車を持ちませんでした。
どこに行くにもたいがいは汽車・電車でした。
遠くの親戚の家に家族連れで行くときなどの長い道中、
ワタクシたち子供は何もすることもなく退屈です。
父はオリジナルの暇つぶし遊びを考え付いてくれました。
それは「車窓から見えた犬の数を競う」
というものでした。
そのおかげでたちまち退屈な景色が活き活きとした合戦の場となり、
姉と競い合って夢中で数えたものです。
もちろん父もいっしょに参加して楽しそうでした。
昔は自由に道を歩いていた犬がやはり多かったような気がします。
それに犬と言えば、小型犬以外は普通外飼いでしたので、
田舎の沿線では結構な数だったような、、、。

今のように当然のように自家用車で移動することに慣れた
うちの子供たちにこの遊びを継承することはありませんでした。

たまに、本当にたま~にですが、、、
この年になっても電車に乗る機会があると、
無意識に犬が居そうなおうちの庭を覗いているワタクシがいて、
父との小旅行がなつかしく思い出されます。

ワタクシの犬好きは今さらながら、
父の影響が色濃いと思う今日この頃です。