FC2ブログ
2007.04.12 縄張り争い
ある日のお庭の1シーン。
塀の小窓から撮りました。
左からぬぅ~んとぬびぬびのぽんぽん、
スフィンクスさくら、だら~んおねんね中のりき。

0410osayohadoko.jpg


あら?おさよちゃんの姿がない!
リードは廊下の中に消えています。
「おさよ~!」
呼んでもちっとも出てくる気配なし。
ちょっと心配になって、急いで上がると、、、

居ました!
りきのベッドに悠々と居心地よさそうにくつろいでいました。
不敵の笑みを浮かべています。

0410ousamabedosayo.jpg


なぜか、りきのベッドはこのように大人気です。
女子組と同じ素材なのですが、
なにせりきがドタッと横になっても
なお、ゆったりしているようなドでかいもの。
さっちゃんも隙あらばこうやって入っています。

0324bedryakudatsu.jpg


自分のよりも大きい。
大小を判別できるらしいワンコは、この大きなベッドが
よほどいいものに見えるのでしょうか。
というより、、、りきに守りきる力がない、、、。

りきは、さくらに乗っ取られようがおさよに乗っ取られようが、
争ってまでベッドを奪い返すようなことはしようとしません。
でも、心中は穏やかならぬようで、、、
その証明がこの間驚くべき行為で明らかになりました。
ふと見てみるとりきのベッドの脇に液体のシミが。
廊下にも少々こぼれています。
そう!!
なななんと、
おしっしーです!
あのキレイ好きのりきが、、、
自分のベッドにおしっしーを引っ掛けて、「これはオレのものなんだ!」と
一生懸命アピールしているらしいのです。
なので、これはりきにとってよほどのことなんだということで、
夜寝るときにちゃんとりきが自分のベッドで寝るのを確かめているのですが、
朝になるとさっちゃんが乗っ取っているときも結構あって、、、
困ったもんだ。
こういう主張はいつもいつもではありませんが、
りきの精神衛生に(もちろん本来の衛生上も)少なからず悪い影響がありそうなので、
桶ベッドはそろそろ引き揚げようとは思っているのですが。
まだちょっと寒いのでね~。

このようにりきのベッド乗っ取り争いは盛んなのですが、
不思議なことにお互いにぐちゃぐちゃにからみあいそうな長めのリードは、
さくらがヒート真近いときにりきとさくらのがからみあったり、
おふざけの激しいときにりきとおさよのがときどきからみあったりはあっても、
静かなときにからんでいることはまずありません。
お互いの聖域をゆるく守りあっているのがよくわかります。
この点は安心しているのですがねぇ~。




スポンサーサイト



2007.02.27 いろいろウンピー物語
まず始めに、、、お食事中の方は後にお読みくださることをお勧めします。

ちょっと前のある日のこと。
まきばでいっせいに催したりきとぽんぽんのウンピーを片付けに行くと、あらビックリ!
ウンピーがし、、白い!白くてパサパサ!
しかも粘膜がまとわりついて、、、
ちょっと考えて、、、ははん!
前の日におじいちゃんがイノピピの骨を湯がいてワンコどもに与えていました。
あれよ、あれ。ほぼ100%カルシウムだもの~。
でも粘膜は、、、腸壁に負担がかかったのかも、、。
と心配しましたが、その後は何ともないようでひとまず安心。
グリニーズをあげると緑色のが出てくるというのもありますね。
食べ過ぎたり脂濃かったりするとやわらかめ。
食べ足りないと固め。
腸内バランスが悪くなるとくっさ~くなります。
このように日々のウンピーが七変化するのを見て、
一喜一憂するのは飼い主のお勤めであります。

ところで、、、
あいかわらず、うちのワンコたちのいつものお散歩コースには、ウンピーがてんこ盛り。
こうまでなると、他所様のブツがいかなる変化を遂げていくかを日を追って
観察も出来るというものです(←ヤケクソ?)。
で、独特な感じで「風化」していくモノがあって、、、
なんか最初っからパサパサした感じで色も普通ではない人工物のようなウンピー。
暑いときでも蠅も寄って来ないようなやつ。
おそらく、、、添加物いっぱいでその構成物も限りなく怪しいドッグフード
オンリーのものだと思うのですが、、。

美食家の人間のウンピーはウンピーであっても美味いカホリがするらしく、
知り合いの方のラブ兄弟が山登りに行くとそんな美味そうな(?)ウンピーが
こっそりしたところに鎮座ましましているそうなんですが、
それをワンコが見つけると「ウホホ♪」と舌舐めずりして突進しようとするらしい。
もちろん食べさせないんですが、栄養のまわったウンピーは元来そんなものなはず。

食べ物って人間でもワンコでも一生を左右する大事なもの。
予防医学というのが今は注目されていますが、病気になってからではなく、
病気にならないように飼い主もワンコも気をつけたいものです。
、、、と心がけてはいるのですが、現実にどうかというとなかなかです~、、、。
(現にイノピピの骨なんていかがなものでしょう?内臓に刺さらなくて良かった、、、汗汗)

とにかくわがワンコたちのウンピーには、日々へばりついて観察してまいります。

まきばでのエチケットタイム光景。

0131oshisshi-unnpi-.jpg
左:りき 右:ぽんぽん
ぽんぽん「ちょっとぉ!こんなとこ撮らないで~」
りき「オレ見えないように内股でチッコしよっと♪」
2007.02.24 さっちゃんと春を巡る
、、、と銘打ち企画したものの、あまりこれといった花はありましぇんでしたが~、、、。

ちっちゃな野の花の中には早くもつくしの姿が。

0222kinpouge.jpg
つくしんぼう、、、多分ワンコのおしっしーまみれ状態ね

菜の花はもう満開。

0222nanohana.jpg
さくらさん、まったく興味なし。

お花の好きなお宅の前のパンジーたち。

0222pannji-.jpg
こういうのがあるのとないのとでは大違いです。

これはうちの前の八重水仙。かぐわしい~♪

0222suisen.jpg

さっちゃんたら、こういうお花の香りは苦手?
近づけようとすると、「いやぁ!」とばかり肢を踏ん張ります。

、、と,あんまり収穫のなかった春探しですが、お天気の遠出散歩は気持ちいい!
それだけで満足満足のさっちゃんと飼い主でした。
2006.07.14 ワンコ生活~サマータイム突入へ
なんという暑さなのでしょう!
今から3カ月弱、先が思いやられる今年の夏です。
 
うちの4ワンの楽しみはゴハンより、なんといっても運動。
ついこの頃までは家族を送り出してから朝は午前8時過ぎに、
夕方は夕食の用意の前・午後5時過ぎにお散歩に出ておりました。
昨年までは3頭引いて一度に終わっていましたが、
今年は2頭ずつ2回、専らワタクシのお仕事です。
4頭すべてが満足するお散歩を終えると大体1時間半かかっています。
この散歩に関しては、ワタクシが積極的にひとりでやり遂げたいと言う思いがありました。
それはウン○の具合を見たり、ワンコの体調を見るのに散歩は絶好の機会だからというのと、
自分自身の健康のためですね。
さて、散歩に費やす時間を短縮することなく、この暑さを極力避けるにはどうしたらいいか。
人間生活では何かと物議をかもしてなかなか進まないサマータイム化ですが、
うちでは健康なワンコ生活のためにはサマータイム化しか手はない。
ですので今は朝は午前6時前。
さすがにこれから1時間半は、お弁当はおろか朝食の用意さえ危うくなるので、
おとんかなおなおに応援を頼み一発で終えます。
ひとりでやるとなればさらに30分繰り上げなければなりません。
夕方は夕食の用意を先にして、お日様の沈みかける午後7時過ぎに、
悪いけど夕食はおじいちゃんとおとん2人で摂ってもらっています。
これに関しては二人とも「いいよ~」と言ってくれるのでとても助かります。
昨日はシスターズを先に連れて行って、帰るとおとんがりき夫婦を連れ出してくれていました。
日頃、ともすればワンコに焼もちを焼いてブツブツ言うおとんですが、
こんなときは素敵に見えます、ははっ。
暗くなってからの散歩は、以前夜だけ放されている凶暴なよその飼い犬に遭遇したりしたので、
怖くて出来るだけしないようにしています。

おかげで夜も健康的になり、ここのところ午後11時には眠くなります。
ワタクシもこれだけ歩いているのでグングン痩せていいはずなのですが、、、
お散歩後のアイスがうんめぇのよね~これが。ガハハハ。

jyoshiguki.jpg
おとんがりきを自転車走で連れて行くときは女子組で
左からさよ・さくら・ぽんぽん
~おとんとりき父・似た者同士だもんね
2006.06.08 家相と犬
「わが庵(いほ)は都の巽(たつみ)しかぞ住む世をうぢ山と人はいふなり」(喜撰法師)
歌の内容とは全然関係ありませんが、この「巽」の方向(=南東)が今のところうちの4ワンコの常駐場所となっています。
春秋の気候のいい頃は、おじいちゃんもわざわざここの廊下で昼食後にお昼寝するほどの気持ちのいい憩いの場です(ワンコたちの抜け毛や足跡でちょこっとばっちいんですけどね)。

普段は何も気にしていませんが、いざ家を新築するときや家族に立て続けに不幸な出来事が起こったときなどは家の家相が俄かに気になったりするものですね。
以前ある理由があって特別なお祓いをしていただきました。
そのとき祈祷師(犬神家の一族みたいですね)の方が家の色々な場所を羅針盤を持ちながら、
「犬は鬼門にはかかっていないのでいいでしょう」
とおっしゃっていました。
そして、
「表鬼門・裏鬼門とありますが、要するに太陽が当たらなかったり当たりすぎたりする方角が、人でも犬でも生き物には良くないということなんですよ」
と、合理的なことをおっしゃっていたのにはちょっと納得。
なので、こういう所にどうしてもお手洗いなどを作らざるをえないときは、温度に気をつけるようにということでした。それと、青い葉をつけた植物を置くようにとも。青い葉で浄化作用を期待するということなのでしょうか、、、。
ともあれ、4ワンコがいつも居る場所は概ねこのコたちの健康にはよさそうです。

とはいえ、本日九州北部は梅雨入りしたようですが、この「巽」の方向も梅雨明けには午前中は暑くなりすぎて居られなくなります。
ですので、ワンコたちは午後4時過ぎまでお庭の裏手の比較的涼しいところへ避暑することになります。
昨年も書いていますが、昔の家は風の通り道をよく考えて作ってありますのでりきの定位置から裏へ回る庭は、夏になるとびっくりするほど風が抜けて涼しいのです。ここは「鬼門」の境界ぎりぎり。
さっちゃんの避暑地になることでしょう。さくらを遠ざけるとりきがふてくされますのでね。
外飼いのワンコは柴ネットの世界では少数派ですが、外ワンコよ、この夏もうまく乗り切ろうね~!
ま、うちの場合めったに冷房は入れませんので、ほとんど内と外、変わらないです、、、。

amenohinofufutosayo.jpg
「わが家は田舎の片隅4柴住むようやるばいと人はいうなり」
~冒頭の和歌のパロディーであります
2006.04.20 『愛情はたっぷりと 責任はしっかりと』
この2月に2町が合併し、新市MW市の一部となったこの田園地帯。
新市の市報4月号で、
「愛情はたっぷりと責任はしっかりと」
と銘打ち、狂犬病予防の注射に関する記事を中心に実に7Pを裂いて、
犬の飼い主の責任を「フン害」や「避妊・去勢」「しつけ教育」の3点から、
がんばって特集しています。表紙もどこかのかわいい柴犬のアップ。
やるじゃない~!
と、最近相当期待してお散歩に。
そう、フン害の改善がみられることを期待して、、、、
いるのに、何?
あのオバハン、右手はリードで左手は手ぶら~。
何も変わっちゃいない~!
この辺の皆さん、市報読んでないのか?
いつか、農道の脇にちらばったウン○の数々を一挙に処理してやろうとの企みも、
なし崩しになってしまっているワタクシ。
最近スコップといっしょに、ビニール袋の代わりに水色のバケツを持っています。
遠くにいる人が「何?あれ」という風に見ていることも。
見てくれは超かっこ悪いですが、買い物にエコバッグを使っているので
ビニール袋があまりないし。
サヨもいっちょ前の分量をひねりだしますので、4ワン分は、
結構なボリュームになります。
4頭分を毎日放置してたら、、、1年間でびっくりの量です。
記事によれば、草を刈るとき犬のフンが草刈機で飛び散り、
顔にかかったりすることもあると農家の方が嘆いておられました。

狂犬病の予防注射はちょっと遅めで今月26日。
明日はフィラリアの検査と健康診断に2頭ずつ2回に分けて行く予定です。
そのときに女子の避妊手術の相談もしてと。
ぽんぽんのトレーニングも日程を入れないといけないし、、、
色々と目白押しですが、
「愛情はたっぷりと責任はしっかりと」
って、フツーの表現だけどホントやね。
ありがたく頂戴したい言葉です。

madampon.jpg
「アタイは『マダムぽん』。セレブなハーブ犬よ、おほほ」
~どうかしたらとても美人のぽんぽん
2006.03.04 早春のドッグラン♪
少し寒いけど気持ちいい日。
午前中のドッグランです。

3wanyoriai.jpg
まずは揃って匂い拾いから。
あら~さくら(中央)、サヨ(左)を敷きこんで、、。
な、なんか、サヨより小さくみえます。

rikisaku.jpg
おしっこかけもそこそこに、、、
りき「お~いさくら、待ってくれ~」
さくら「やなこった」

rikisaku2.jpg
またおしっこ。
顔はしっかりさくらの方を向いています。

oyako.jpg
さくらとサヨの母娘ツーショット。
、、おや?、、後ろに自転車??

jitensya.jpg
出た~「自転車男」!
なんでドッグランにマウンテンバイクなのか?
ワンコは自転車が気になる気になる。

jitensya2.jpg
とにかく気になる。
みんな自転車周辺をウロウロ。

sayoun.jpg
レディーのあられもない場面をパチリ。
サヨ「いやん」
レディーって、、、オッサンぽいよ~

syuppatsu.jpg
りきだけが自転車走に出発。
りき「準備バッチリだぜ。おとんを鍛えてやるぜ。」

この3ワンがその後お散歩まで終了した後、
お庭でくつろいでいる頃にぽんぽんがひとりドッグランに。
でも1頭では走り回ったりすることはありません。

hitoripon2.jpg
ぽんぽん「ドッグランってこんなに広かったかしらん」

りきとはもちろん遊べないし、さくら、サヨとも今は
激しいケンカになってしまうので仕方ないのです。
もうちょっとのガマンだからね~。
2006.02.21 春の訪れ
今日の空は雲ひとつないまっさらな青空です。
お散歩をしていると、いつのまにかあちこちで色鮮やかに色んな花が咲きはじめていました。
匂いを拾うのに忙しいワン達にはまったく関係ありませ~ん、、、
と思いきや、ぽんぽんが凄い勢いで土にお鼻を突っ込む様子を見ると、
土の中からもきっと春の息づかいを感じているのでしょう。
ま、ぽんぽんの場合文字通り、モグラとかカエルの気配ということでしょうが。
(この様子は2/18UPしたムービーをご覧ください)

ume.jpg

庭先の梅。
この間の「ワンコDIARY」で書いた「梅は咲いたか、、チントンシャン♪」の梅です。
あのときは堅い堅いつぼみでしたのに、やっとこのように咲き出しました。
いつもの年より1カ月以上遅い咲き初めです。

tsubaki.jpg

裏庭の椿。
ほとんど人目の触れないところでこんなに美しく咲いて、、、
その奥ゆかしさがいかにもニッポンの風情です。

さて、突然まったく話は変わりますが、トリノオリンピック。
いよいよ10数時間後に女子フィギュアの演技が始まりますね(今お昼過ぎです)。
これまで惜しい競技もありましたが、未だメダルに届かない今年の日本勢。
まぁ「こんなの国税の無駄遣いだ!」とか言わず、最後まで見守っていきたいものです。
いよいよ競技に入る女子フィギュア選手には、
「とにかく楽しんで演技してください!」と言いたいです。

ワンコ3頭を連れて散歩していると、
「まぁ~~、そんなにたくさん犬の散歩、大変ですね~」と言われることが大半です。
とはいえそのお顔つきを拝見すると、
『あきれた~』『スキやね~』『とんだ犬バカ』
と言われているような気がしないでもない。
でもワタクシはいつもニコニコして、
「いいえ~、これが楽しみなんですよ~」と言うことにしています。
だって本当に楽しいもん。
体にいいことでもいやいやながらというのは、ストレスがたまるばかりで脳疲労につながり、
ひいては肥満の原因に。
(ワタクシその割には丸いが、もしワンコとのお散歩がなかったらもっとまん丸だったかも)
こんな気持ちのいい日のお散歩は、きっとワタクシもワンコ達も同じような顔つきで、
道を歩いているのでしょうね。

nemuriki.jpg
ワンコは日差しに敏感。この場所はりきの初夏の定位置です。
お散歩帰りのウトウトりき。

bususakura.jpg
さくらだけは結構日に当たりたがる。
さくら「ちょっとぉ、くたびれてオブスに見えるときは写真はNGよ」

okomoripon.jpg
暗がりに潜むぽんぽん。
ぽんぽん「あち~」
2006.02.19 どうなるのかな・どうしてなのかな
市町村合併の嵐は全国的に一段落したでしょうか。
ここ福岡の内陸部・4ワンの住む田舎町もこの2月11日にお隣のM町と合併し、人口3万ちょっとながら合併法の特例で「市」に昇格いたしました。
なにしろ旧M町は「世界のト●タ」が10年程前に進出以来超強気です。
貧乏所帯の寄り集まりみたいな1市4町の広域の枠組みでの合併構想に蹴りを入れて、いち早く離脱したのはわが旧W町。
そしてM町と手に手を取ってめでたくかけおちゴールインを果たしたというわけですね。
一町民としてはただ見守るしかなかったのですが、ちょっとずるいような、もうかったような複雑な気持ちです。
さて、うちのほんの近くまで大ト●タの関連企業の進出が目白押しになってきているこの頃ですが、なんと高速インターの出入り口付近に10F建・200有余室のビジネスホテルが建設されると聞きびっくり仰天!
都会の方ならなんでもないことでしょうが、なにせその周りはうちの4ワンの散歩コースと同じような田園地帯・ド田舎風景なのです。
、、これから、どんどんこうやって開発の波が押し寄せてくるのでしょう。
ワンコ飼い主的見地から言えばあんまり歓迎しないなぁ。
何もないのが気に入っていたこの町。
のどかな田園風景はこのまま残っていってほしいものです。
これからどうなるのかな。

合併の論議がまだしょっぱなだった頃、わが町は「合併に関するアンケート」を取りました。町民から無作為抽出方式で選ばれた中にたまたまワタクシが該当していました。アンケートの中に「合併したい市町は?」という項目があって、ワタクシは迷わず北に位置するM市を希望しましたが、このアンケート、ふたを開けてみるとなんと過半数がそのM市との合併を希望していました。
なるほどね~!という結果でした。
M市は、文化・経済政策でもなんでも、どれをとっても前向きな好もしい自治体という印象があります。
娘達がこの市を経由して通学・バイトに行ったり、ワタクシ自身買い物もよく行きますが、道路マナーも駐車場マナーもとてもいい市民性。
それに何よりも、ワタクシのうちの環境に良く似た風景なのに、ワンコを散歩させている人々の手にはほぼ100%ウン○袋があるという飼い主マナーの良さ。
うちの周辺の飼い主さんも同じ人間なのに(失礼!)、一体何がどう違うのか、、!
ひとつには旧住民と新興住宅の新住民の違いというのもあるかもしれません。
しかし、他にも何か理由が、、?
そして、切なる願いにもかかわらず見事M市に合併を断られたわが町。
どうしてなのかな。


2006.02.16 「貧乏人の犬沢山」
「え~い、サヨはうちの犬にするわい!」と啖呵を切って赤柴4頭飼いの生活に突入した我が家。
成長途中のサヨを中心に、毎日毎日何かやらかしてくれて、おかげ様で日記の話題には事欠きません。まぁしょうもないことばっかりですけど。
しかししかし、犬経費は予想どおり増加の一途!
3ワンだけでもこの頃はよく食べますので、10kgのワンラックナチュラルが1カ月持たない上に、朝ごはんに変化をつけるためにときどき上げている3kgのホリスティック・レセピーはとっくの昔に消化しています。サヨはサヨでパピー用をこれまた着々と無駄なく消化しています。
これに加えてトッピングやウエットフード、オヤツ、人間用を横流しする肉や魚類を加算すると、、、ウ~ン、、、。
「大体犬のメシにどれくらいかかりよん?」と訊ねてくるおとんに、
「ごにょごにょ、、」と小声で答えると、
「ふぇ~、オレのこづかいがそれだけ増えたらなぁ~~」とほざきますが、、、。
ま、この中でオヤツ費はひと頃に比べるとかなりタイトになってまいりました。
もちろん、お出汁を取った後のイリコとか、自家製野菜(「成長点」部分<非人間食用部分>も含めて)とか、ごまとかオカラとかお米とか(増量も兼ねて)、よかれと思う食材を無駄なく投入して努力しています。

どうしても節約すべきではないのがワンコが楽しみにしているこの食費の他にフィラリア予防や混合ワクチンなどの医療費、それと安全対策費です。
フィラリアのお薬は今度から月4000円、、、!
ちょっとした電化製品を買ったローン月額みたいな数字です。
これにワクチン、狂犬病予防注射、、ウ~ン、、、。
ワクチンは時期がずれているのが救いですが、狂犬病予防はどっと来る~!
最小限経費でもこれだけ。どうかみんな健康でいておくれ!
さて、安全対策というのは犬具のことです。
特にうちでは常時つないでいますので、頑丈な首輪と係留用ロープ、それにお散歩用のリードは、とりわけバカ力のりきにはデザインよりも何よりも実用第一を心がけてきました。
ところがお庭につないでいるときもほんとにたま~にですが、紐が外れてズルズルしながらウロウロすることがありましたので油断なりません。
特に本人が気づいていなかったのでまだ良かったりするのですが、、。
いつもは小門は閉め切っていますから逃走は出来ませんが、たまにおじいちゃんがお掃除のために開けていたりしますから100%安全ではありません。
それでここのところを強化するために、りきとぽんぽんに常時係留用の新しいカラーを、3ワンに頑丈なロープを現在発注中であります。
ぽんぽんはいただきもののおしゃれカラーを持っていますが、これはお客様や安全なおでかけのときに大切に使うつもりです。
さらに万が一に備え、お守りの意味も込めて迷子札を頼んでいます。
これらはすべて揃いましたらお披露目する機会もあるかと思います。

で、他の経費は徹底的に節約!
ウン○取りもスコップと小さなバケツで対応、普段のお手入れは重曹水でキュッキュッ。
毛皮のお洗濯もお風呂でゴシゴシ。
美容室なんてうちのワンコには一生縁がないでしょう。
おもちゃも、前からの耳のとれた編みぐるみだとか、
古いタオルや硬い天然木などレトロ~なワンコ風に遊んでおります。
いよいよ何もないときはお庭の地面をひたすらほじくりかえしています。
おかげ様で横から見ると爪は肉球の高さより明らかに短い。
「爪切り」」なんてのも別世界の話で。
自然に親しむことで雑菌への耐性や免疫力もバッチリさ!
あ~、なんか貧乏くさくなってきた、、、。

では、これだけの経費を投入して何の見返り(?)もないのか、、、?
いやいや、夜。
怪しい物影や音が聞こえてくると即座に反応する高感度3ワンセンサー。
セコムと契約したらどれ位かかるか知りませんが、
中国人の泥棒さんなんかは犬がいる家に入らないとも聞きますし、
とにかくこれだけの数が居るだけで強力な抑止力です。
もっともお庭方面のみ限定という偏りが唯一欠点ではありますね。
(それに犬好きの泥棒さんだとりきとさくらは尻尾振り振りかも、、、)
そしてなんといっても、、、家族みんなのセラピー役。
こればっかりはこれに見合うものは他にないでしょう!
それはどのワンコのいるお宅も同じでしょうけれど、、、ネ。

「貧乏人の犬沢山」、、、我ながらうまいこと言ったもんだ。