FC2ブログ
2008.01.22 とらみちゃん
とらみというのは、ぽんぽんと千葉にいるアキと共に、りきとさくらとの間に生まれた
3姉妹の真ん中です。長崎の五島に渡りました。

今日とらみの飼い主さんから、最近の写真が送られてきました。

きれいなオンナ犬になったね~!!
もうもう、ワタクシの目はウルウルです。
りきのような、さくらのような、、、、ビミョーですね。

torami1.jpg


車にも女王のように座っています。
胸の裏白に左右から茶色い「差し」が入っているのは、
りき父ゆずりね。

torami2.jpg
  

いつもはおうちの中で生活しているとらみちゃん。
お手紙によれば「一日三回は散歩に出るのですが、
昼間はほとんど外に出たがる」そう。

    torami3.jpg


それに「知らない人が来るとワンワン吠えまくって
まさに番犬!」とは!
ぽんぽんだけの専売特許じゃなかったのか~!

あいかわらずかわいがられているようで。
こんなお便りは本当にうれしいものです。



スポンサーサイト



2006.12.18 優ちゃん旅立ちから1年☆
1年前の今日、12月18日。
そう、、、あれは早朝の雪で高速道路が通行できるのかどうか、
心配する様な寒い日。
優ちゃんがお庭から旅立った日。
ヒメちゃんが優ちゃんになった日です。
いや~、はやいものですね~、、、

この間の11月末の優ちゃんとさよのドッグカフェでの光景です。
デジカメでも撮ったのですが、画像サイズがデカ過ぎて娘のパソでは
ハリハリできません。なので、携帯画像、、、写りが悪くて申し訳ない。

最初こそガウついても、すぐにこのとおり。
ドビュ~~~ン!!!

NEC_0085.jpg
前が追われるさよ 後ろが追う優ちゃん

で、さよが追われたのはこのときだけ。
後は普段のセレビー優ちゃんが、もうハイテンションで先頭切って走り抜けていました。
んで~、張り切りすぎて優ちゃんこのとおり。

NEC_0088.jpg
優ちゃんくたびれて寝そべるの図

おさよはというと、ちょっと様子を見ながら余裕の感じ。
都会のコと田舎娘、それなりのそれぞれのドッグランです。

NEC_0080.jpg
仲良くチャッコチャッコを飲む姉妹
左がおさよ 右が優ちゃん

姉妹だとわかっているのか、、?
優ちゃんのお尻をチェックして何者かをさぐろうとするおさよ。

NEC_0071.jpg
さよ「ん~~、なにやらなつかしいような、、、」
目つきが真剣。

このときは完全夏毛仕様だった優ちゃん。
今は下毛が生え出したそうな。
兄弟で一番小柄だけど、負けん気も強かった優ちゃん。
やっぱり気がなかなかしゃんとしたしっかり者の美人さんでした。

NEC_0091.jpg
ますますすてきなレディーになってね~~!!
おさよもなるからね~~!(そりゃ、む、、むりか、、、)



2006.11.07 アキとの再会
前日の華ちゃんとのご対面に引き続き、翌日は2年前に飛行機で旅立った
ぽんぽんの実姉・アキとの再会です。
お迎えの車から降り立つと、いたいた!

akiki5.jpg

狛犬かはたまた陶器の置物のように、玄関でちょこんと座っていました。
かねてより「さくら母さん」とウリ二つと噂の高いアキですが、、、


akiki3.jpg

にゃ、にゃるほど~!!
特にこのアングルからだと、さくらそのものです。
おそるべし!DNA。
しかも容貌・姿形のみならず性格も似ているらしい。

1022sakura.jpg

こちらは元祖さくら。いかがでしょう。


いつものお散歩コースに連れて行ってもらいました。

akiki.jpg

アキったらニコニコ~。やっぱりお散歩は大好きやね。
こういうお顔はまだ娘さんらしくて、少々うばざくら気味のさくらとはちょっと違うわ。
そしてまぁ~、途中で穴を掘る掘る掘る、、、

aakitotomo.jpg

めいの子供のともやんが埋め戻しても埋め戻しても、また掘り起こして、
こんな風にフガフガフガ!!
さすがはあっぱれ、さくらの子供です。

さらに進むと、、、
今度は憎き敵に遭遇!

akitoneko.jpg

みなぎる緊張、、、
でも何事も起こらず通り過ぎました。
冷静さを失わずこれまたさくらっぽい!
動きの俊敏さも母ゆずりのアキです。
しかし、うちの方と勝るとも劣らないド田舎ののんびり環境よね~

さてさくらと唯一決定的に違うのは、アキは知らない人がきたらガウガウ吠えるということ。
番犬魂ばっちりです。
うちの名番犬ぽんぽんと同胎犬のアキ。
この姉妹は番犬の素質が高かったのかも知れませんね。
とはいえ、ワタクシにはまったく吠えず、、、
やはり何かイヌっぽいものを感じているのでしょうか、、、
(家の車から飼い主と楽しく話しながら降りてきたので、即座に味方と判断した模様)

akimaigofudayou.jpg

それにしても、、、きゃわいいん!
これからも元気でいてね!

ところでワタクシは何しに関東遠征をしたかというと、、、
そ、そうそう!甥っ子の結婚式でした!
(ちなみにアキの飼い主「あっちゃん」はその姉)
いやいやいや、実によい結婚式でありました、、
そして楽しいワンコたちとのご対面の機会でした~!

☆おまけ
アキより秋の芸術展作品。

akikisakuhin.jpg
ワカメくま
すばらしく根気のいるいい仕事、してますね~!
2006.10.14 大きくなったね
もうすぐ1才のさよたち。
さよちゃんいつのまにか、、、
こんなにスポーティーわんこになりました。
「でぶよ」といわれていた頃は一体どこへ、、、

1013sayo.jpg

凛々しい立ち姿は、、、仔犬のときもそうでしたね。

sayotachikomi.jpg

優ちゃんもすっかりレディーでしょ。
お洋服も似合う女の子になりましたね。
換毛途中の写真なので少し「ひつじ犬」になっています。

Image008.jpg
写真/NAOさん提供
こんなだったのに~

kodomoyuutyan.jpg

ケンちゃんも逞しくなりました、、、
とにかく頭が大きいんです。

1004ken.jpg

お顔はちっとも変わってませんね。
ああ~、なつかしい~(ウルウル)

ken.jpg


2006.09.04 帰ってきたこりき
心苦しくも皆さんに隠しておりました。
実は先月末、雷が怪しく鳴り響く早朝に、
りきとさくらの最初の子供である「こりき」(2才11カ月)が、
おうちから首輪をつけたまま姿を消しました。
発情期のメスの匂いに誘われてということもありますけれど、
りきの尋常ではない怖がり様を考えると、やはり雷かな、、とも
思いますが原因ははっきりとは不明です。

一両日以上経ってこの事実を知り、愕然、、、
茫然自失状態でした。
おうちではほどなく帰ってくるのではないかと思われていたのですが、
「ともかく環境事務所や公的機関に連絡を取った方がいいです」
と進言しました。
その処置はすぐにとられました。
次の日からリードを持って、四六時中とはいきませんが、
用事のある以外は、午後から暇を見つけては車で捜索です。
おうちでもずいぶんと捜されたようです。
しかし捜し回るだけでは、やっぱり雲を掴むような話です。
幸いこの田舎では「オフトーク」という有線の情報網があり、
それを聞きつけた方からも、また環境事務所からも
何件か迷い犬の連絡があったそうですが、すべてメス。
私の判断では、放浪中が60%、保護が20%、捕獲が10%、そして事故10%でした。
捕獲・事故ならば公機関から連絡が入るはず。
日にちが経過しすぎれば行動範囲が広がり、
ますます見つけにくくなってしまう、、、
こうなったらチラシを作ろう!と用意しかけた矢先でした。

今日のお昼過ぎ、
「こりきが見つかったよ!」
とお義姉さんから明るい声で電話が!

よ、よかったぁぁぁ~~~、、、

自宅から約3㎞離れたインターの近くのお宅が保護してくださっていたそうです。
そのお宅が役所へ連絡してくださったそうで、、、
田舎の強みというか、いい方から保護されて本当に良かった。
ラッキーでした。
そのお宅にも柴犬がいるそうで、ワンコの扱いにも慣れておられただろうし、
こりき本人もフレンドリーなとてもいいコなので、すんなりと保護されたのでしょう。
お義姉さんが引き取りにいかれたら大変な喜びようだったそうです。
思いの外汚れもやつれもなく、元気だったということでした。
ワンコは3日間ご飯を食べなくても水だけでまったく平気とも聞きますが、
本当に結構タフなんですね。
ともかく、、、よかった!!

貰われたときからずっと一緒に暮らしているコロちゃん(8才)が、
<注:いつもノーリードのコロばあさんではありません>
心配のあまり元気がなくなってしまい、3日間散歩に行こうとしなかったとか。
ワンコってこうやってとてもナイーブで、それがまたホロリとさせられます。

先ほど買い物の帰りにおやつを持って、こりきの顔を見てきました。
今はすっかり夏毛で、ほっそり美少年のこりき。
お耳ペッタンで出迎えてくれました。
写真がなくてスミマセン、、、
でも元気そう!
またまた、、、よかった~!!

コロちゃんとこりきには迷子札をプレゼントしようと心に決めました。

※出だし付近で、ちょっとドキドキさせてしまいましたね。
結果オーライなので時系列的に書かせていただきました。
ご心配をおかけしてごめんなさい。





2006.08.08 ケンちゃんの里帰り
ken1.jpg
くつろぐケンちゃん
すでに破壊された何かの綿が、、、

かねてより「ご旅行のときなんかはいつでも預からせていただきます!」
と言ってありましたので、とうとうその機会が来た!とばかりに、
あれもこれもと色々計画していたのですが、、、
なんと金曜日にケンちゃんを連れて帰るとおとんが「大きな犬状態」で、
四つんばいでハイハイしていました。ぎっくり腰です。
あああ、なんてこったい!
まきばのボウボウの草の残りも金曜日中に刈る予定だったのに、、、
自転車走は絶望的、、、

と、予想外の出だしになってしまいましたが、かんじんのケンちゃんはケロリとしておりました。
いくらここで生まれたとはいっても、悲しいかな、親達は「よそ者」としか見てくれない厳しい現実。
それは前回でも重々承知ですので、りきさくぽんには終始会わせない方がよさそう。
うちは幸いお庭が広くて、普段4ワンコが住んでいるお庭は「内庭」です。
そこでちょっと離れて立っている離れの、木陰の多い場所で丸2日間を過ごしてもらうことに。
でも同じ「はらから」のさよはきっと思い出してくれるだろうと早速会わせてみました。
最初は、「世露死苦柴ドッグ特攻隊」のような威嚇顔で警戒するさよでしたが、、、

kentosayo2.jpg

ケンちゃんのお尻を嗅いだりして、ものの2~3分で兄弟だと気づいたようで、態度が一変。

kentosayo1.jpg

お互いに昔のようにキャッキャとパンチしたり、さよがケンの上に乗ってみたり、、、
やっぱり子供のときの力関係が甦ってくるのでしょうね。
お散歩にも最初の朝いっしょに出かけてみました。
でもいつもはひとりで行き慣れているケンちゃん、
じゃれじゃれしてくるさよがちょっとうっとおしそうでした。
そして、少しぐらい草が伸びていてもいいやろと、まきばに2頭を連れて行ったのですが、、、
いきなりケンちゃんが入り口の隣の網から中へ!
「エ~~ッ!!!」
、、、実は草刈機でおとんが網を傷つけていたのでした。
トホホホ、、せっかくの機会だというのに、、。
なので、毎回精一杯お散歩をサービスしてあげました。

ところで、ケンちゃんの眉。
近づいてみると、ウチのどのワンコにも見られない「立体感」がありあり。

ken4.jpg
ずいぶんとおもしろ~い!

ケンちゃんの前肢です。
爪がまぁ~、すばらしく磨り減っている!

ken5.jpg
よくお散歩に連れて行ってもらってるのね~

ちなみにりき父の前肢です。
形が激似ですね。

riki92.jpg
爪の磨り減り具合はケンに負けそう。

目の比較はどうでしょう。
ケンです。

ken2.jpg


こちらがりき父。

riki91.jpg
眼球が瓜ふたつですね。

はじめはケンちゃんの吠え声に「すわ、よそ者の侵攻か?」と色めきたったりき父達ですが、
距離的には普通のお隣りさんくらいの距離があり、しばらくすると慣れたようでした。
なにしろ心配性のワタクシ、逃がしたりしては一大事だし慣れないところで心細かろうと、
ケンちゃんのところへしょちゅう足を運びます。
家に入ればわがままなどでかい赤ちゃんのお世話と、4ワンコのお世話に右往左往でへとへと、、、
(したがって家事はさぼり気味)
夜は蚊に刺されないように離れの土間に入れましたが、ケンちゃんは明け方ちょっとクンクン言っただけで、
後は別に悲しがったりするそぶりはありませんでした。
少しばかりものを破壊しましたけど、その昔、家の柱や建具を噛み砕いたりき父に比べれば、、、
ぜ~んぜんノープロブレム!
ごはんもよく食べ、お腹も快調そのものでしたよ!
心の中はどうだったのか知る由もありませんが、ワンコってタフなんですね~。

さて、つつがなくお里帰りも終え日曜の夕方におうちへ帰ったケンちゃん。
まだお帰りになっておられなくてお留守番のおばあちゃまにおことづてしました。
後で飼い主さんからお礼の電話が。
「すまんかったなぁ~。ありがとう!!
でも、ケン、いい犬になりよろうが~?!」
、、、ああ、ここにも犬バカがひとり、、、、。
(ブチョー!失礼しましたっ!敬礼!)

ken6.jpg
この秋には眉毛もとれてりき父に負けない立派なオトコになります。

☆昨日マッサージ椅子でウトウトうたたねしていると、
ケンちゃんの飼い主さんがわざわざおみやげを持ってきてくださいました。
おおらかでオトコっぷりがよく、皆に慕われる性格。
この飼い主さんにケンはそっくりなんだよな~、、、
そうそう、オンナにちょっぴり弱いところもネ。
(ブチョー!再び失礼しましたっ!最敬礼!)

2006.07.30 りきとさくらの仔犬を巡る旅~第2弾
今回はさくらの実家、大分県N市に住んでいる1度目の出産組の中の「音ちゃん」を訪ねました。
一応表向きは銀婚記念旅行のついでに足を延ばしたということになっておりますが、
「仔犬を巡る旅」が密かに限りなくメインになっていることは確かです。

音ちゃんのアップ。
akane.jpg

さくらに似た雰囲気ですが、ひとまわり体高も頭もおおぶりです。
今、夏毛&育児中で少々やつれ気味ですね。
仔犬のときはおとなしく物静かでお口のまわりが見事な黒マスクでした。
他のオス2頭がしょっちゅうさくらのお乳にぶらさがっていても、
自分が満足したらさっさと寝箱に戻って眠るような慎ましやかな子で、
ワタクシたちはいつからともなく「レディーアカネ」と呼んでおりました。
生後55日位でお嫁入りしましたが、大人になってもやはりおとなしいとのことです。

何を隠そう、この音ちゃん(血統書名:朱音号)はまさに奇跡という他は言葉のない、
わが「若宮翠玉荘」作出の日保本部賞受賞犬であります。
syoujyou.jpg
証拠の賞状~ちと写りが悪くてすみません

昨年春の熊本展ではワタクシもこの現場に居合わせ、
アゴもはずれんばかりの驚愕を経験いたしました。
幼犬のときに一度幼犬賞をとっていますが、飼い主のYさんの話によれば、
「お産をさせようと交配させてみたけどすべった(=出来なかった)」
とのことで、展覧会に出せる状態の犬があまりいなかったこともあり、
成犬のメスと2頭連れてきてみたとのこと。
要するにそれほど期待されている風もなかったのですが、
ちょうど良好な状態がピークに達していたのでしょうか、
他展で本部賞を何本もとったコや徹錦号の直子を押しのけて
壮犬1席をゲット。
あれよあれよと本部賞までいってしまいました。
Yさんはいっしょに連れてきた成犬のメスも2席だったので、本部賞争いの壮成犬4頭のうち、
実に2頭が自分の犬だったわけで、このときの様子は夢心地だったと
今回もうれしそうに話しておられました。
そして展覧会犬を育てはじめて20年近くのYさんの犬舎では、
初の受賞だそうです。
うちでそのまま飼っていたら甘ちゃんワンコになっちゃって、
とてもじゃないけどここまでは辿り着けなかったでしょう。
それだけは間違いありませんね。
さくらを快く譲っていただいた恩返しが出来て本当によかったです。

ところでこの受賞のときがどうやら音ちゃんにとってまさにピークだったようで、、、
残念ながら後は鳴かず飛ばずでした。
したがって最近は仔犬に期待がかかっている模様。
1カ月前に2度目のお産をしてこんな仔犬が2頭。
akanebaby.jpg
お母さんの音ちゃんといっしょにおとなしくケージにちょこんと座っておりました。
2頭とも男の子でしたが、やっぱり音ちゃんの仔犬のときのように黒マスクです。

「今度はいつ生ませるの?」「5才なんてまあだまだ全然いけるよ」などと言われると、
りきとさくらの間にはなにかしら未知の可能性があるのだろうな、、、
などと一瞬心は揺れるのですが、さくらのよれよれのシミだらけのおっぱいを見ると、
また仔犬の行き先に悶々と心砕きした苦悩の日々(おおげさ?)のことを考えると、
とてもとても次のお産なんて勇気はもうありません。
それにひょっとしたら5頭目なんて、、、
ブルブルッ!!今がいっぱいいっぱいの我が家。
もう逆立ちしても無理ですわね。

それとひとつ残念なこと。
今回は音ちゃんと同じときに生まれた「そらちゃん」にも会う予定でしたが、
飼い主さんの急用で会えずじまいでした。
でも後日写真を送っていただけそうですので、
そのときにお披露目いたしましょう。
どんなコになっているのでしょうね、ドキドキ。


2006.07.08 りきとさくらの仔犬を巡る旅~第1弾!
ずろ~~ん、、、
さぁて、このちょっと太目のまったりさんは誰??
dokan.jpg
お見事な土管体型だ

じゃ~~ん!
これがアタシのご幼少の頃のナイスショットで~す!
e0088823_21252886[1].jpeg
いつもさよからケンカ売られたの

そうです!さよの同胎犬・元ヒメちゃんの優ちゃんでした。
今日は優ちゃんの飼い主さんのNAOさんが副院長をしておられる整体院へ、
おとんと出かけてまいりました。
院長はもちろんご主人で、場所は車の往来も激しい目抜き通りのビルの2F。
うちのようなド田舎とは大違いです。
「出ていいよ~」とNAOさんが布で目隠ししてあるケージを開けると、、
『いいの~?』とためらいがちにシズシズと出てきた優ちゃん。
あらまぁ~、大きくなって、、、
ほら、もうこんなに立派なレディーなのです。

raburi-yuu.jpg
小さいときの面影があるかな?

ワタクシたちの顔を見たとたん、お耳ペッタンコで喜ぶ喜ぶ!
わわわわ~!と暴れかかってきて、しばらくその調子でした。
犬好きのお客さんにもするそうですが、格別長いと言っておられました。
やっぱりおぼえてくれてるのかな?うれしい!

おとんのあごをペロペロ。
perori.jpg
おいしいの?

mazui.jpg
優「うげ!まずい!」

お客さんの合間を縫って院内を自由にしているそう。
これはおとんにいじられて「うっふ~ん」と甘えているところ。
araran.jpg


ほとんどお店に出勤するそうでお部屋でまったりと優雅な暮らしぶりの優ちゃん。
やっぱりどうしても運動量が少ない&おやつのもらいすぎで、
この若さで早くもマダムっぽい雰囲気。

コロコロやぞうきんの動きに激しく反応。
zoukin.jpg
そりゃあやっぱり、犬だもの~!

あっ、これは別に優ちゃんが粗相したのではありません。
優ちゃんの反応を見るためにご主人がわざわざ試してくださっているのです。

NAOさん、今度自転車走に挑戦してみようかなと言っておられました。
ご自宅の周辺も土がむき出しになっているところは少ないそうで、
土に親しむには公園まで行かないといけないとか。
毎日泥んこの裏白まっくろくろの、うちの三越の子ライオン(=さよ)とはえらい違いだわ。

こういうアングルから見ると、さよにも似ています。
nanamekara.jpg

ただ、優ちゃんの方が毛がまだ深いわ。やっぱり空調の効いている所で生活しているからね。
ここ最近やっとぼちぼち毛が抜け始めたとのことでした。
あまり抜け出すとおうちでお留守番になるかも。
ちょっと小柄でメスらしいところや耳や肢の形などのパーツを含めて、
全体的にはさっちゃん似の優ちゃんでした。
ちいちゃいときもさくら母さんを好きで、よくいっしょにいたなぁ。

ああ、やっぱりうっすらとかもめ眉が。
raburu-raburi-.jpg
さよはかなり激しくなっていますが、優ちゃんは「出はな」といった感じです。

かわいがられているワンコ特有の雰囲気がプンプン。
ひとり娘のひろちゃんのバスケ仲間にもかわいがられているそうで、
子供たちにもフレンドリーとのこと。いい感じですね。
いつかこの間ぽんぽん姉しゃんが行った海辺の素敵なドッグランで遊びましょうと
お約束いたしました。
そうこうするうちにお客さんが多くなってきたので、
お邪魔にならないようにおいとまいたしました。
ご主人、NAOさん、お仕事中に押しかけてスミマセンでした!


さて、帰宅して、、、
suzutyeck.jpg
りき「ふんふんふん、、、若い娘犬のニホヒがするぞ」
3ワンからそれぞれ激しく匂いチェックをされてしまいました。
2006.02.06 兄弟寄りの日~その2
3chibiwann2.jpg
ケンちゃんが優ちゃんに興味津々

いよいよ優ちゃんの登場です。
颯爽と車から降り立った優ちゃん、優雅な室内犬らしくお洋服を着て現われました。
先にケンちゃんを見ていたせいか特に小柄に見えます。
汚れてはいけないので優ちゃん、お洋服をさっさと脱ぎ捨ててさっそく3頭でドッグランへ!!

battle3.jpg
見よこの体格の差!

3チビワン、最初は隅っこでチマチマしていましたが、次第に慣れてきてガウったりかけっこしたり、昔の雰囲気になってきました。
首輪の色はケンちゃんが青、優ちゃんが黄色、サヨが赤で、信号みたいです。
しかしなんといってもケンちゃんがでかい!女子は見かけはそれほど変わりません。
ケンちゃんを抱っこするとずっしり重く8kg近い感じです。
サヨが6kg強、優ちゃんが4.5kg強ということですがみんな健康で元気そのもの!

ところが室内犬の身分で土慣れ(?)していない優ちゃんが、他の2ワンに気後れしてちょびっと尻尾が垂れ垂れになってしまう場面も。

yuu2.jpg
「きつね犬」状態の優ちゃん

でも、山椒は小粒でもピリリと辛かった優ちゃん、まもなく反撃開始!

battle2.jpg
優「アタチを誰だと思ってんのよ~!さくら母さん似の優様よ!」
あ~優ちゃん、おシッポ垂れたままだよ~

battle5.jpg
優「どりゃあ~!思い知ったか~!」

ite.jpg
ケン「あらら、オレッてどうしてこうなの??」
おお、まったく昔と同じパターンね

battle4.jpg
ケン「サヨよお前もか~!」
サヨちゃん、なんてとこを攻めてるの~!

でもケンちゃんは昔のままのケンちゃんではありませんでした。
こんな凄みもきかせていました。

battle8.jpg
ケン「オレは生まれ変わったんだぞ!ガオ~!」

ほんとうに結構逞しくなっていたケンちゃん。
確かに女子2名に押され気味ではあったけどチビの頃はそのまま逃げ腰だったのに、
今日はあまりしつこくされると猛烈に反撃していました。
だから何度か人間がチビたちの体を引き離す場面も。
ところで一番変わったといえばサヨちゃん。
チビのときは喧嘩っ早いうえに常に勝者で、「チビワンの女王」として君臨していたのですが、この日のバトルはちょっと違いました。
一度だけケンちゃんとやり合い少しお口の中を切りましたけど、大方はケンちゃんと優ちゃんのバトルを見守るか、ちょっとちょっかいを出すだけ。
親兄弟のいる暮らしの中で、毎日のように転がされ噛まれてしつけられ、自分が集団で下位にあるという自覚が出来つつある者の「節度」が芽生えてきているのでしょうか。
そんな感じがしました。

女子2名はそれほど激しいバトルもなく友好的でした。

jyoshi2.jpg
体格も似た感じです
サヨ・優「おやつまだ~?}

合間合間におやつタイム。やっぱり一番食欲があるのはケンちゃんでした。
チャッコチャッコもがぶ飲みです。

chibiwan.jpg
ケンちゃん、早くもおやつ目線

tyakkotyakko.jpg
チャッコチャッコを仲良く飲むケンちゃんとサヨ
もうお皿の底が見えています
サヨの骨格は女子ながらガッシリしています

なつかしい引張りっこの場面も。

battle6.jpg
実力伯仲!

この日ボール遊びがとても上手だったケンちゃん。
きっとおうちでやってもらっているのね。

ken.jpg
ケン「オレのボール好きはおやじ譲りだぜ」

あいかわらずのお澄まし優ちゃんは健在ね。

yuu.jpg
優「カメラを向けられるとついポーズ取っちゃう」
さくら母さん似の肉厚のお耳ですね

この追いかけっこ!りきがさくらのお尻を追いかけるシーンを見ているみたい!

kenyuu.jpg
優「イノシシに追いかけられてるみたい~!」

とても楽しくなつかしかったこの「兄弟寄り」。
実はこの集いの間、前の日にあわてて購入した休憩用のベンチが到着しました。
泥縄もはなはだしい、、、!
急遽ベンチ組み立てに精を出すおとんとNAOさんのご主人。
お疲れ様でした~!

benchi.jpg
ケン「何しよんやろ。見てこ」
なんでも好奇心旺盛です

このベンチのあるランで、また3ワン集まって遊ぼうね!
この後うちのいつものお散歩コースを一回りして「第1回兄弟寄り」は無事終了したのでした。
めでたしめでたし。

3chibiwan.jpg
お庭で過ごしていた頃のチビワン達/左から優ちゃん、ケンちゃん、サヨ
こんなに小さかったのね

★久しぶりに「さくらの子育て日記」風にやってみました。
長くなりましたがあの頃を思い出して楽しんで書けました!
NAOさんもワタクシより早くこの日の様子をUPしておられます。
優ちゃんが優ちゃんの視線で書いていますよ!

2006.02.05 兄弟寄りの日~その1
3chibiwann.jpg
写真/手前から優ちゃん、ケンちゃん、サヨ

とうとう実現しました。夢の饗宴「兄弟寄り」!
午前中にまずケンちゃんが来ました。
するとさっそく、、、
さくら「まぁケン、大きくなったねぇ、、、(しみじみ)
    長旅で疲れてないかい、さぁさぁチャッコチャッコ(水)でも飲んでゆっくりなさいな。
   (りきの方を振り向いて)あなた!ケンがこんなに立派になって里帰りしてきましたよ!」
 りき「おおケン来たか!さくら、チャッコチャッコなんて野暮なこといわないで
    とっておきの芋焼酎を持ってきなさい!つまみは馬肉だ。」
さくら「まぁ、そうだったわね、はいはい、、、(いそいそ)」
、、、ん、なぁ~んてことは柴犬社会ではあり得なかった、、、。

ken4.jpg
写真/ケンちゃん・愛嬌もたっぷり

ケンが開かれているお庭の門に近づいてくるとしばしの沈黙が。
そしていっせいにりきさくぽんが総鬼夜叉顔で吠え始めました。
まぁこれは想定内の範囲ですね。
ケンちゃんは吠えられて少しはびびっていましたが、
尻尾を巻くでも物陰に隠れるでもなく堂々としていました。
大物の風格です。

ken8.jpg
写真/がっしりした男の子らしい体格です・りきのこの頃に生き写し

巣立ったわが子わが弟妹も、一旦離れてしまえばよそのワンコと認識し、
自分たちの縄張りへの侵入者とみなす、、
これはいた仕方のないことです。
しかし、これではチビワンたちの兄弟寄りに差し障りがあるということで、
りきとさくらは速やかに裏手へ、ぽんぽんは離れの横に隔離。
お庭にはサヨとケンちゃんだけが残りました。
ふたりで鼻をクンクン突き合わせていましたが、やにわにサヨが、
「グワァ~~ッ!」と鬼夜叉顔でケンちゃんを威嚇!
やっぱり親たちの影響を受けているんですね。
ケンちゃん、この不意打ちにはさすがにオタオタです。
、、、が!さすがに逞しくなったケンちゃん、ガウリ返して反撃!
すんごい騒ぎです。
この騒ぎを聞きつけて、裏手やお庭の外から親兄弟が騒ぎます。
あわててなおなおが引き離すも、優ちゃんご一家が到着するのを待つ間、
こういう光景が何度も見られました。
遊ばせて大丈夫だろうか、、。
ケンちゃんはこのお庭出身とはいえ、もはやよそのお宅で大切にされている御愛犬です。
傷つけたり逃がしたりすることは絶対してはなりません。
とりあえず気を落ち着かせるために、ケンちゃんの浮いてきた下毛を漉き取ってあげながら、
優ちゃんご一家の到着を待つことにしました。

そしていよいよ優ちゃんご一家の車が到着しました!
以下もったいぶるわけではありませんが、なんだかすごく眠たくなりました~。
なので、明日へつづく!!

gau.jpg
写真/ケンちゃんとサヨの緊張の一瞬・これはその後のドッグランでのショット