FC2ブログ
2005.06.30 野生児さくらの血が騒ぐ
さて、パーツシリーズはちょっとお休み。
今年は何故かヘビがやたら多いような気がします。というか、ほとんど毎日見かけるんですよね。
ヘビは、マズイんです・・・!
味じゃなくて、さくらが闘ってしまうんです!

実は去年、さっちゃんはマムシにかまれてしまいました。
飼い主として管理不足を暴露するようで恥ずかしい話なのですが、自らの戒めの意味も込めて、そのときの様子を書いてみたいと思います。
9月も半ばのことでした。その日用事がずれこみ、夕方のお散歩ができなかった私は、夕食の後に外をお散歩させようと思っていました。前後して帰宅した主人が夕食の間、庭に放していたのに気がつかなかったのですが、食事中にお庭の方から、
「キャー!キャー!ガフガフガフッ!」
と、とても興奮したさっちゃんの叫び声が聞こえました。(その頃はまだときどき庭に放していました。)
「さくらの声やん。珍しいね」
「2匹とも庭に放しちょうき、じゃれて遊びよっちゃろ」
食後散歩のため急いでお庭に行くと、さくらがお縁の上に頭をやや上にもたげて静かにすわっていました。
「どしたん?」
近づいてみるとさくらは眼を細めたままじーっとしています。痛みをこらえているかのようでした。そして鼻梁(鼻すじ)から2箇所血が出ているのを見たとき、「しまった!まむしだ!」と気づいたのです。すぐにバスタオルにくるんで病院に直行。車の中で鼻がみるみる腫れあがり、よだれがとめどなく流れました。病院で血清を何本も打っている間もさくらはまんじりともせず、静かにされるままにしていました。腫れのピーク時は鼻の表面に野球ボールを半分埋め込んだような、見知らぬ犬の顔になってしまいました。腫れがすっかり引くまで丸2日かかりました。ほんとうに可哀想でした。もうもうマムシはごめんです。
実は4月にも一度噛まれていました。そのときは、ニアミスみたいにかすった感じでしたが、9月はしっかりとやられました。
犬はマムシに噛まれても死ぬことはありませんが、噛まれどころによっては組織が壊死したりするそうです。
今は別の理由でお庭に放すことはありませんので、少しは安心ですが、散歩道の農道では、犬のお散歩タイムの早朝・夕方の涼しいときは同時にヘビ(多くは青大将ですが)の活動時期ですので油断なりません。ホントに今年は多いんだからいや~!

さくらは普段は大人しく物静かな犬ですが、ひとたび獲物を見つけると驚くべき敏捷さで挑みかかります。そのさまは古き良き日本犬の野生の姿を垣間見るようでとても好ましいのですが、ヘビはもう、さっちゃん、やめとこうね!!さくらは散歩するときも呼吸音が静かなので、もしかしたら猟犬にも使えるのでは?とも思います。(あとの2名はゼーゼーハーハー、荷車引きの犬みたい)

さくらが噛まれたとき、りきはナニしてたんだろか?
まぁ噛まれなかったんだからよしとしておきましょう。
(ぽんぽんはまだ2カ月の子犬だったのでサークルに入っていました。)

考えてみれば田舎ならではの話ですネ。

nerusakura.jpg

あのときはあせったわ・・・

スポンサーサイト



2005.06.26 くるくる巻き尾の家族です







rikio.jpg

pono.jpg

sakurao.jpg



パーツシリーズ第2弾です。
まずは、左側のふっさふさの「流れ尾」はりき。付け根のたちあがりも力強く太い。裏白も美しい。りきさんの自慢のひとつであります。
だから、りきよ!さくらが自分の方を向かんといって、むやみやたらにこの立派なシッポを垂らすな!
真ん中がぽんぽん。ぽんぽんは子犬のときから妙にシッポが長~くて、ネズミみたいでした。結構立派なシッポになるだろうなあと漠然と思ってましたが、結局シッポだけしか立派にならなかったよ、クスン!今も体幹の方はハダカになったのに、シッポはふさふさなのでますます立派に見えます。
右側がさくら。小柄な体に絶妙のバランスのとれた、可憐なシッポです。こぶりながら、立ち上がりはまっすぐ上に巻いていて力強くきれいにひと巻きしており、展覧会でもありそうでなさそうな形のようです。
ふ~む、りきとさくらは単独でもわかるけど、やっぱりぽんぽんはビミョーに両親のミックスですね~
シッポだけは、うちのワンコ達、割りとレベル高いかな?なんちゃって。
シッポは、重要な感情表現のひとつ。お散歩に行こうって誘いに行くと、それまで寝ぼけていた3ワンコがやおら起き上がり、生き生きとシッポを振り立てて喜びをあらわにします。それを見ながら、私も自分のまぼろしのシッポを振り振り、急いで長靴を履くのです。
2005.06.23 ジャムパンショベルはどれ?






po.jpg


ri.jpg


s.jpg


娘のなおなおがうちの3ワンコの前足写真を撮ってきました。
3枚こうやって並べるとどのコの足なのか大体見当がつきます。
右側のほっそり足がさくら。左右をよくクロスさせて寛いでいますが、取っ組み合いするときは、鋭いパンチを炸裂させる隠れた凶器です。
真ん中がりき。別名「どらえもんの手」とも「かにぱん」とも「ジャムパンショベル」とも言われており、肉厚のその前足を投げ出して座っている姿はスフィンクスのようです。もちろん前足のみならず、よつ足とも同じ構造のため、散歩中のウンウンの後の土蹴りのさまは凄まじく、ウンウンを覗き見るのが趣味の恋女房さくらは、いつもまともに土埃をかぶるのですが、一向に覗き見をやめようとしません。
左側がぽんぽんということになるのですが、こうやってみると、いかにも両親をミックスした形をしています。もっぱら「来い来い」するときに印象的な前足です。りきの半分ほどの厚みです。
2005.06.16 美犬犬舎覗き見記
この間から腰を痛めて2~3日我慢していましたが、よくなるどころかますますひどくなるばかりで犬の散歩も危うくなったため、とうとう隣町のN整骨院にかかることにしました。
この整骨院の駐車場のまん前に、知る人ぞ知る美犬を輩出するK犬舎があります。この道はナフコ(量販店)への近道で、ナフコへ行くときには、この犬舎の前を車を最徐行させて覗いていくのが私の習性となっています。
道から見えるケージには、普通の飼い犬ではめったに見られない、素晴らしく鮮やかな被毛におおわれた美犬たちが無造作にくつろいでいます。左側の建物の中には子犬や若い犬がケージに入っているのが窓から確認できます。

この犬舎にまつわる私らしい話(?)があります。
ある日、いつものように徐行していたら、敷地内にたくさんの袋が置いてあるのが見えました。どうも犬用の餌の空き袋のようです。
『ど、どんなもん、食べさせよんなさるんかな?』
よくみるとチワワ専用のドライフードの袋でした。
『・・・ハハーッ!!ウッフッフッ、美犬の被毛の秘密見つけたり!!』
そうか、これだったのか!犬の被毛作りはやはり主として食事内容によるところが大きいといえます。うちのワンコたちももっときれいにならないかな?とドライフードをあれこれ試していたところでした。チワワのフードの内容なんてどういうものか詳しくは知らないけれど、あれだけ大量に袋をだしてあるんだからここの美犬たちが常食しているのは間違いありません。
『よし、今あげているフードがなくなったら、早速変えよう!』
まもなく展覧会の時期に入り、ある地方展にいつものように出かけました。顔見知りになった愉快なおじちゃん、大分のFさんといろいろ話していると、
「K犬舎、オタクにちかいんじゃないん?」
と聞かれました。この展覧会にはたまたまK犬舎の主は見えていませんでした。
「行ったことないと?」
・・実はこの犬舎の主、なんかこわもてで近寄りがたい感じがするので、話はおろか挨拶したこともありません。
「あ、前を通るだけで、行ったことないんですよ~」
「ふ~ん、いっぺん行ってみたらおもしろいよ~、あそこはチワワも育てよんなさるから」
「へ??」
・・・チワワが食べるためのチワワ用フードだったんだあ・・・

で、今回、整骨院から帰るときにせっかくの機会だからよく見ておこうと思って、徒歩で美犬ワンコたちに近づきました。
いっせいに集まる鋭い視線・・・「ウ~~~・・・」
緊張感みなぎる静寂・・・そして「グァウグァウグァウグァウ!!!」
「ヒエ~~すいましぇ~~ん!」
腰の痛みも忘れて、すたこらさっさと尻尾をまいて帰りましたとさ!(リンクのお仲間、いつも楽しいhanamamaさんの口癖をお借りしました!)




2005.06.14 さくらの叛乱






ne-nehukikaenasi.jpg

さっちゃんヒートまだなの?

sakuraaniani2.jpg

たまに噛むと結構楽しいわぁ


・・・というタイトルからすると、さくらが突如、鬼夜叉顔に変貌して牙を向いて襲いかかってきた!・・・なあんてネ。いえいえ、さくらは今もユターッとお庭でうつらうつらしておりますです。何が「叛乱」かというと、待てど暮らせどヒート(発情)がこないんですね~。正確には「さくらの体の叛乱」ってことですワン。
「わん文」でも書いてますが、前の飼い主さんの所で2回、うちに来て2回、連続4回もお産しています。
ぽんぽんたちのときには見るも無残な姿となり、「これはいくらなんでも柴犬じゃないでしょ?」との何気ない暴言に、さくらの名誉を守るためきれいな時の写真を廊下に飾ったほどでした。
で、さすがに一回お休みしました。
でも、次がこない!!やっぱりちょっと見には健康に見えるけど、妊娠出産の一大事を乗り切る準備が、体に出来ていないということなんですよね。

さくらの意向を無視して何ですが、できればあと2回位、せめて1回は、この子の体が許すならお産させたいなというのが、私の希望です。
「そんなに何回もお産させてお産マシーンじゃあるまいしっ!動物虐待!」
という声も聞こえてきそう(汗)
自家繁殖にはいろいろな議論があり、慎重に考えなければなりませんが、さいわい、りきとさくらの血統はうっすらと重複するところはあるにせよ、ほとんどアウトブリード状態。
そして、日本犬標準に体高がちょっぴり足らなくなっちゃったみたいだけど、さくらは「悍威・良性・素朴」を絵に描いたようなコです。(自画自賛!!)
いままでうちで生まれた子犬は、みんな健康で素直なこの子の良性の遺伝子をよく受け継いでいるようです。(ほとんど自己満足状態!)もちろん、りきのぽよよん気質もちらり入っていますが・・(特にぽんぽんが・・)見かけは、バラバラでどの子も違いますけどね。アウトブリードの証拠ですね。
ただ、性質が豪胆なさくら似だと番犬にならないところが玉にキズかな?
当初は「りきの子供を残したい」と漠然と思っていましたが、今は「りきとさくらの子供を残したい」という思いが強くなりました。

まあ、気長に待つしかありませんね・・。
あっ、かみかみ棒遊びなんかして、余裕ね~さっちゃん!

2005.06.09 外飼いはツライよ






rikiri.jpg

涼しい場所は涼しげな男前を造る

riki.jpg

朝の定位置・左側に同じ形で約2頭

うちはおじいちゃんが小学3年生位のときに出来たそうで、建ってからもうかれこれ70年になります。こんな田舎でも、うちみたいに部屋がふすまやガラス戸だけで仕切られている構造はめっきり少なくなりました。
昔の人はよく考えたもので、家の向きが、風をス~~ッと通すように、うまいこと建てられています。それは床下も同じで、換気扇もつけていないけど、気持ちいい風がツラ~ッと吹き抜けていきます。これがワンコにとっては、絶好の天然クーラーとなっているようなんですねぇ。
お庭は東向きのため、この時期になると午前中はかなり暑くなります。それで今の3ワンコの朝の定位置はこの天然クーラーのまん前となっています。(しかし風のない日は廊下まで上がってきます。)
雨がそぼ降る程度ならまだここでしのげますが、雨脚が強いとやはり廊下まで避難してきます。こうやって、つながれの身ゆえにそのときどきを工面してワンコたちは過ごしています。
でも、冬の間や気候の良かったちょっと前までは、お庭の荒砂の上で、ぽかぽかの日差しを思い切り満喫していました。四季の移ろいを一番感じとっているのは、外飼いのこのコ達なのでしょう。
ワンコにはいやな梅雨がそろそろ始まります。梅雨が明けると、さっちゃんとぽんぽんは、午前9時頃から午後4時頃まで、お庭の裏にプチ避暑をする予定になっています。去年さっちゃんは7月初めにぽんぽんたちを産んで、猛暑の中、涙ぐましいほど甲斐甲斐しく赤ちゃん達のお世話をしました。異常気象も困るけど、もうちょっと過ごしやすい夏になってくれますように。人のためにも、外飼いのこのコ達のため、いやすべての外飼いのワンコのためにも。


2005.06.07 凝り性の家系なの・・・
おじいちゃんは今日も鮎釣りに出かけました。昨日も行ってます。大振りの鮎がもうかれこれ180尾余り冷凍庫に入っています。「あの~こんなにどーするんですか?」恐る恐る尋ねると、生産者販売施設でもうすぐお祭りがあるので、そこで「地物」として売ってもらうとのこと。「1匹100円として・・・あ~2万円がとなる~(2万円位になる)」とニタニタ喜んでます。
「魚釣りは運動、運動!」とのことですが、夏は鮎釣り、秋は寒蘭、一年を通じてはお庭作り。とにかく徹底的。凝りに凝りに凝りまくり。
これと同じくおとん(主人)は昔はゴルフにひと財産つぎ込みましたが、今は専ら囲碁。それも最近パンダネットというインターネット囲碁に夢中です。なにしろ仕事が終わると新婚の時みたいにダッシュで帰宅し、自分の書斎で着替えながらもうスイッチ入れて(ついこの頃パンダネット専用パソコンをポケットマネーで御購入)、夕食・お風呂・お手洗い以外はほとんどズーッと部屋で『パチ!パチ!パチ!』(碁石を打つ音)。引きこもり中年です。
でも、この凝り性の家系、ワタシ割りと好きです。なにしろ手がかかりません。で、ワタシも好きなことさせてもらおっと、ということで、しょっちゅうワンコの所に行ったり来たり、へへへ。
娘達はそこまで打ち込んではいませんけど、なんやかや好きなことはあるみたいで、まあ、それなりに楽しんでいます。
で、ワンコはというと、なんといってもりきのポールキャッチ。
犬ってボール遊び好きなコ多いですけど、大体、どれ位の時間ボールで遊びますか?りきは、昨日、なおなおとポールキャッチして、連続キャッチ、続くわ、続くわ・・・。記録は連続27回で昨日は終わったけど「まだまだまだ、オレはポール遊びしたいんやー!!]と異様興奮モードでせがまれ、なおなおはやむなく続行。顔つきがなにかにとりつかれたように凄みを帯びてきて、最後はいつものように土の上にボールを押さえ込んで(球体で不安定なのに)「これは絶対手放さん!」状態。
ドッグランが出来たら、延々とせがまれそう・・・!!

それにしても、おじーちゃん!!鮎釣りばっか行かんと、ミヤザキさん(パイプ業者)にドッグランの材料の催促してくださいよ~!(泣)
2005.06.04 鮎の季節
AYU.jpg


6月1日鮎漁解禁となるやいなや、おじいちゃんは例年どおり早朝4時起きでご出陣です。それから昨日まで連続3日間、親の仇をうつごとく毎日鮎釣り三昧の結果、大量の鮎が我が家へ持たらされました。初日は大振りのものを尾頭付きで塩焼き、小振りなものは腸をだしてしょうがで甘辛く炊き込みます。(写真はその前段階の下ごしらえ)
その中で大きさが不揃いなものはワンコの晩御飯にお裾分けです。

わたしの尊敬する栄養学の権威に川島四郎という方がおられます。旧陸軍で軍の食糧研究に従事され、戦後は日本人のための栄養学研究の先陣として貢献されました。
文庫版ばかりですが氏の著書は9冊持っており、家族の健康を担うものとして折に触れては読み返すのですが、人間ばかりではなくワンコにも十分当てはまるのではないかというくだりがあります。
それは、成長の過程でそのときに自分が採れるまたは獲れるものを食べるのがふさわしい食事であるというのです。
赤ちゃんのハイハイのときには原始時代なら手の届く昆虫や草、現代ではそれに類した柔らかいもの。
幼少年期は行動範囲も広くなり、川で魚をとれるようになるので、特に育ち盛りの子供は内臓や骨までたべる全体食が大事だと。
壮年期になると大きな動物もねじ伏せられるようになるから大型動物の肉を始め、いろんなものを食べてもバランスよく摂れればOK。
そして、老年期になると楽に手に入る野菜や貝類、海藻などを程よく、という理論です。
さらに歯の種類の数に合わせて摂るのが正しい食事というくだり。ヒトは臼歯が5、門歯が2、犬歯が1、この割合でその歯に応じた食物を摂るのが理に叶っていると。
じゃあワンコやライオンは犬歯ばかりだから肉ばっかり食べたらいいのかというとそうじゃない。
アフリカの大草原でライオンが草食動物を襲って何から食べるかというと草の詰まった腸から食べだすのだそうです。
こういった一連のことを念頭において、私は私なりにワンコのゴハンをこしらえます。
りきたちが自然の中を走り回れたとしたら、水の浅瀬に群れている鮎の大群から数匹を仕留める位わけないでしょう。
ライオンのエピソートから、野菜も出来るだけ旬のものを炊き込むようにしています。最近はキャベツ、ニンジン、かぼちゃ、ブロッコリーの茎(可食部分は我々の口へ)などを細かく刻んで米飯とぐちゃぐちゃに煮込みます。
獲物を食う臨場感を味わってもらいたいので、鮎はわざと姿をとどめたまま、煮込み御飯の上に乗っけて蒸し焼きです。味付けは一切しません。
かくして、鮎めしは今宵ワンコたちの胃袋へ・・・。
かりかりは多少残っても鮎の姿はすっかり消えた本日のお皿3枚でありました
2005.06.03 つかの間の水の都!









dogran2.jpg

ドッグラン予定地の周辺。
ほらこのとおり

sakuratanbo.jpg

まぁ~
いつもと違うわ

rikimon.jpg

なんでだろ

2日前から周辺の田んぼに水が入り始めました。今年は連日の晴天続きで水のしみ込みがよく、やっと今日あたり一面の水張田がおめみえしました。一年の内で3~4日しかみられない貴重な風景です。
このあたりは昔、農地整理で税金がつぎ込まれたおかげで、農用地指定地域となっており、この見晴らしのいい風景は当分変わることはないでしょう。
幅2m余りの農道が縦横に走っていて、犬の散歩には絶好の場所です。あちこちの農道に犬を散歩させる姿が見えても、鉢合わせにならないよううまく回避ができるのでおおきなトラブルもありません。もっとも、はるか向こうに見える犬を目ざとく見つけて、りきはうるさく吠え立てるのですけど・・・。
四季折々表情を変えていく田園地帯を、朝夕ワンコ達と散歩するのは、一日の中で一番の楽しみとなっています。
2005.06.01 あらま!訪問者がもうすぐ1000!
よく他のHPでお見かけする「キリ番」をうちも考えなくてはならないのかなあ、となんとなーくなおなおと話している間もなく、なんとうちのカウントももう今日中には1000に達しそう!!
何しろ、最初は「キリバン」って「まな板」のことかと思っていたし(私のおばがまな板のことをそういうので)、それに「カウプレ」ってのも、「コスプレ」みたいと怪しんでいた、まったくズブのHP素人のワタクシ。
でも、こんなささやかなHPでもわざわざおいでくださる方に、なんらかの形でお気持ちをお返ししたいなあと、今後うちでも『キリ番』やっていきたいなあと思ってます。
で、あまりにも急なのですが、もし、この記事をごらんになって、「あ~私1000番踏んだ!!」という方、BBSかこの記事のコメントでも結構ですので、ぜひ、手をあげて教えてくださいませ。

こういうのをまさに「泥縄」というのだよなあ・・・
だってもう、「993」だもん・・・