FC2ブログ
2005.12.28 「4頭飼いへの道」裏話
この2カ月余り、「さくらの子育て日記」を見てくださった皆様、ほんとうにありがとうございました。
このお産は、昨年7月にぽんぽん達3姉妹が生まれて育った後1回妊娠のチャンスを見送って、満を持しての待望の出産でした。
勢いで生ませた2回のお産で、りきとさくらの間には健康で性格のいい仔犬が出来ることがわかりました。後はとにかく里親さんを見つけておくことだ!と、さくらが発情するずっと前から、ことある毎に宣伝しまくりました。田舎は圧倒的に雄が人気です。雄の予約はまたたくまに5件できました。雌も私の友達で2件見つかりました。さくらの生む数はほぼ間違いなく3頭以内。前のお産で雌3頭だったから、今度が雌3頭はないだろうと高をくくっていました。

ikujisa-kuru.jpg

写真/左からヒメ、ケンイチ、サヨ

結果、雄1雌2でした。雄は生まれた次の日、優先順位1位のワタクシの敬愛する元上司のO氏が電話口で即決してくださり、早々と行き先が決まりました。それでも雌2なら安全圏内です。偶然にも日保の全国展の会場となった広島市に、該当する友達のひとりが住んでいましたので前の日に会って話しました。ところが家庭の事情が変わって飼えなくなったと言うのです。そしてなんと東京のもうひとりの友達も辞める予定だった仕事が続行で、こちらも事情が変わっていました。
里親探しは零からの出発となってしまいました。
この時点で「4頭目を飼おうかな」という考えが頭をもたげはじめました。

himedesu.jpg

写真/ヒメ

12月初め、柴友・香龍さんがチビワン達を見に来てくださいました。
里親さんの話が出て事情を話すと、「『近々柴を飼いたい』と言っているお友達がいますよ」と紹介してくださいました。メールをやりとりするとすごく明るいご一家で他にも色んな共通点があり、お話はトントン拍子に進みました。この方が、幼名ヒメ、現在の優ちゃんの里親さんのNAOさんです。
まさしく柴ネットがご縁でこのような縁組が整ったことに深く深く感謝しています。そのひとつの意義は、ワンコを家族のように思っていただける方と巡りあえたことでした。
優ちゃんは室内飼いになるとのことでした。ケンイチはなんといっても男の子。りき父も50日前後でうちに来て、最初から外で丸くなって寝て大きくなったようにケンイチも外犬で頑張って欲しい。でも同じ雌に生まれながら、最初から片や室内飼いとわかっているのに、もう片方が外で飼われる犬になるのはいかにも不憫でした。前のお産のアキととらみは、最初はともに外飼いということだったし、季節がもっと過ごしやすい頃でした。結果的にとらみは室内飼いになったのです。
動物病院の先生も「里親さん募集案内を院内に貼っていただいていいですよ」とおっしゃってくださいましたが、まったく未知の方にというのもちょっと不安でした。

tachikake.jpg

写真/ケンイチ

ここで意を決し「もう1頭はうちで飼いたい」とおじいちゃんに告げると、おじいちゃんは「そんなにたくさん犬はいらんやろ」と難色を顕わにしました。そして、親戚筋を色々とあたっているような節がありました。実はワタクシ自身もそうはいいながら、『4頭』という数字にイマイチ不安がなかったと言えばウソになります。

折りしもワンコ仲間の親睦会にお呼ばれする機会がありました。
ここで聞いたのが「4頭までなら大丈夫。5頭になるとグッと大変になりますよ」というセミブリーダーさんのお言葉です。
この言葉でふっきれたワタクシは、おじいちゃんから小さないのちを守り抜くために、既成事実を作ることを急ぎました。まずはおとんと娘たちを手なずけて味方につけました。日記で皆さんにその旨を公開し、赤い首輪をつけて「飼い犬」であることをアピールしました。さらにはおとんに「『もし勝手にサヨをよそにやったりしたら○○(ワタクシのこと)から一生口を聞いてもらえんごとなるバイ』ち、おじいちゃんにゆうてよね!」と言いつけました。おとんが実際におじいちゃんに言ったかどうかは定かではありません。

rikisayo.jpg

写真/りきに暴れかかるサヨ

すると2日後おじいちゃん不在のときに、なんと親戚の方が「仔犬を見せてほしい」と訪ねてみえたのです。ワタクシは丁重に「ウチで飼うことにしましたのでスミマセン」と謝りました。聞けば「柴でなくてもよくて、とにかくよく吠える犬がほしい。」とおっしゃるのです。そんなことなら尚更のこと絶対にあげられません。それはかわいい娘を下女奉公にだすようなものだと思いました。このときもしワタクシが不在でおじいちゃんが応対していたらサヨを手渡してあったかもしれないと思うとゾッとします。もっともすぐに戻してもらいに行ったのでしょうが。

sayodesu.jpg

写真/サヨ

これで完全にサヨはうちの4頭目の座にすわることになりました。
おじいちゃんには申し訳ありませんが、ワンコ関係はワタクシの聖域なのです。
4頭飼いとは「狂気の沙汰」か?
いえいえワタクシにとって、柴犬の飼育はライフワーク。
「狂喜の沙汰」なのでございます。
柴犬王国、バンザイ!

それにしても、、、おじいちゃんごめんなさいよ~。
当のおじいちゃんは今や諦めて、サヨをかわいがっておられるのでした。
へへへ、元々犬好きですもんね。





スポンサーサイト



2005.12.22 こんなすてきなイラストを描いていただきました
65657035_146[1].jpeg


恐れ多くも阿弥陀如来様に仕立て上げられたワタクシ、なおなお母と、我が家の3ワンがお供の観音様となった、柴犬御浄土の世界からの来迎図でございます。
(クリックしてとくとごらんください。)
これは、あるネット上で知り合ったなおなおの柴友「犬一さん」が描いてくださいました。犬一さんはイラストレーターをなさっており、妖怪と仏画の両極の世界を得意分野となさっております。
なおなおがワタクシに隠してこっそりと依頼したらしいのですが、よくも妖怪の方でお願いしなかったなぁと内心驚いています。
ワタクシの実際の顔は、この描かれたお顔のお方がふくらし粉を食べて焼きなおしたようにまん丸なのですが、ワタクシが30才前に一念発起して12kg痩せ、恐らくは人生で精一杯一番きれいだった頃に似ており、ワタクシをご存知の方は「ああ!なおなお母さんだ!」とうなずいてくださることでしょう。
デジタル技術を駆使して描かれたとのことですが、ワンコたちも清々しく描いてくださって、とても言い尽くせない喜びでいっぱいです。
犬一さんも大変な「柴犬大好きさん」です。
犬一さん、ほんとうにありがとうございました。

なお、チビワンの「ケンイチ」のお名前は犬一さんのお名前をいただいたものです。

2005.12.04 ワンコ的「自分へのごほうび」
12月27日は不肖ワタクシの、すでにあまりうれしくもないお誕生日です。歳は取りたくないのですが、唯一うれしいのは、誕生日だと大手を振ってちょっと値の張る「自分へのごほうび」が買えること。昨年は奮発してブランド物のお財布でした。
ワタクシは普通ブランド品には興味ないのですが、ブラリと立ち寄ったお店に入って「これは!」ととりこになったのがこのお財布です。

saifu.jpg


「?ふつーの財布じゃん。」とお思いでしょうが、ワタクシにはこれが赤柴の被毛と裏白に見えたのでした。ブランドは「COACH」です。
ロゴはお札の入る部分の布だけに入っており、ブランドブランドしていないところもお気に入りです。今年もお店に行く機会がありましたが定番ではなさそうでした。
今や汚れまくって、うちの3ワンの毛みたいになっています。
そろそろ洗わないとなぁ。あっ、ワンコをですよ。

この季節、以前にもこんなのを見つけました。
ki-horuda-.jpg


これはキーホルダーです。銀色ですが純銀ではなく、あまり高価なものではありませんでした。
「レイジースーザン」だったかな?
随分と前のものですが、この手のワンコ物というと洋犬が圧倒的に多い中で、これは限りなく「柴犬」の姿をしており、見た瞬間握りしめて速攻レジへ。今は現役キーホルダーを引退してワタクシの大事なもの入れに眠っています。

それとワンコではないけれど、やはりこの時期に京都に出かけたときのもの。ワタクシは耳が縦に頭についている動物は基本的に好きです。
okoutate.jpg

錫(すず)製のうさぎのお香立てです。写真が小さくて見にくいですが、うさぎさんの腕の中にお香を立てて使います。寺町二条の「清課堂」さんで買いました。銀と錫製品の専門店で素敵なものがたくさんあります。

今年も博多大丸友の会の積み立ても満期になったし、取りに行くついでにウロウロと今年の「自分へのごほうび」を物色してこようかと思っていま~す。来年は戌年だし、ワンコものに期待できそう!

「アンタ、年がら年中自分へのごほうび買いよらん?」と、後ろからおとんのつぶやきが、、、。