FC2ブログ
2006.04.28 ☆記念イベント経過報告~その2☆
締め切りを5月2日と先~にしてしまって、ちょっと中だるみ?
何か他の記事を、、、とも思うのですが、どうも落ち着きません。
そこでイベントの『脚本』なんぞをここでお知らせしておこうかと、、、。

まず、場所。
いつもまったりとワンコたちが過ごしている廊下を利用します。

次に方法。
端っこに3種類のおやつを入れた容器を並べて、別の端っこから、
「よし!」のコマンドで放たれたワンコがおやつへ向かっていく。
という感じ。
最初に鼻先におやつを持って行って、やる気を起こさせる方がいいかな?
A/B/Cの順で見せておいてセッティングのときに、
B/C/Aとかに並べ替えておくというのはどうでしょう。

この様子をおやつ側からそれぞれ動画で撮る。

おおお!完璧か?

なおなおがワタクシのこの計画を聞いてあきれはてていました。
「お母さん!他にすることないと?」

、、、、、。

(気を取り直して)こ、これが目下一番のすることやろ!

さて、これをご覧のまだ未参加の方々、
こんなおバカな企てではありますが、
どうぞお気軽にご参加くださいませね♪
解答その他は4月24日日記のコメントにどうぞ!





スポンサーサイト



2006.04.26 ☆記念イベント経過報告☆
4月24日に発表いたしました記念イベントに、早くもたくさんの方々がご参加くださり、
『感謝感激雨あられ』(古~~)のなおなお母でございます。
参加予定だが現在熟考中の方も、じわ~っと遠巻きに見ている方も、
まだ日にちはございますので、ゴールデンウィーク中の締め切り日を
お見逃しなくぜひご参加くださいねっ!
もちろん、すでに参加表明をいただいた方も修正OKですよ!

さて、主役たちの動向ですが、、、
昨日また、傾向と対策をつかむためにちょびっと『実験』。
二者択一でやるとどう出るか??というものです。
レバー&チーズ、かわはぎ&チーズ、レバー&かわはぎと、
まんべんなく試行して、模擬のときの1番へのこだわりを見てみましたよ。
 
★結果★

A=最初にやった模擬テストのときとは違うものを一度チョイスした!
  模擬の一番先にがっついたのはそのとき二番手の結果に。

B=おおっ!コヤツも模擬のときの一番と別のものを一度チョイス。

C=おや~、このコは模擬と同じものを二回とも選んだゾ。
 
D=ええっ!!このコも模擬と同じものに執着した!
  へ~、このコにこういう結果は意外かも、、、

ということで、、、
これじゃなぁぁぁんもわからないですね~、てへへ。

ただ言えるのは「模擬テストの結果は絶対ではない」ということでしょうか、、。

なぁんてもお~、もったいぶっちゃってますね、ホコホコ。

本番前日はおやつをあげるとしても、ササミジャーキーあたりにして、
候補のおやつに飽きがこないようにいたします。
もちろん食餌にもかぶるようなものは入れないようにしてと。

後、大切な本番の様子ですが、ただいま日記の写真がご覧のとおり携帯画像です。
なんとこの期に及んでデジカメ不調(T△T)(T△T)
修理がとても間に合わないため、どこぞからなんとかして調達して参りますので、、、。
ガラス張りの明朗な結果報告にしたいと思っていますので、ご期待くださいね~!

なお、ご参加いただける方、解答その他は4月24日日記のコメントへどうぞ(^0^)/  
2006.04.24 まもなくHP開設1周年!
いやいやいや~、早いものですね。
思い起こせば昨年のゴールデンウィークの前半。
なおなおが覚えたての拙い知識を駆使して、
一所懸命にこの愛犬のHPを立ち上げてくれました。
(え~、HP自体はあまり進歩しておりませんが、、、。)

主役であるワンコたちには色々と変化がありました。
この1年、さくらが出産育児とがんばってサヨが新しく家族に加わり、
幼かったぽんぽんも妙齢のお年頃に。
あら?こう考えてみると、ほとんど何の変化も見られないりき、、、
い、いや!
家族も増えて、彼なりのリーダーとしての責任感はますます深まった、、、のかぁ??

 さて、ここでHP開設1周年記念イベントのお知らせです\(^0^)/

この1年間にお友達になってくださった方に感謝の気持ちを込めて、
いっしょに楽しめるささやかな企画を考えてみました。
巷で色々楽しげなクイズ企画が繰り広げられているのを真似しているわけではないのですが、、、やっぱ真似ですけど。
い、、、いいですよね!
という訳で、こんなクイズにしてみましたよ!

4ワンは日頃甘やかされて大のおやつ好き。
代表的な大好きおやつに、
 ① チーズ
 ② かわはぎ
 ③ レバー
があります。
この3つのおやつを目の前に置かれたとき、
それぞれのワンコはどのおやつに1番に食らいつくのか?
それぞれのワンコの1番を当ててご解答くださいませ。
なお平等を期すため、おやつは重量及び大きさ・形状を同じように
揃えたいと思っています。

また、、
豪華??賞品ですが、まだまったく用意しておりません。
そこでこれもご希望をお聞きすることにしました。
ワンコのおられない方や「自分のワンコにはこだわりのおやつしかあげない!」という方は、
②③からどうぞ。(もちろんワンコがおられても②③歓迎です!)

 ① わんこもの   わんこグッズ&わんこお菓子           
 ② もち吉   福岡名産『もち吉』のお煎餅詰め合わせ     
 ③ 健康卵   EM菌入り餌を食べて健康になった鶏が産んだ卵

ですので解答例をあげてみますと、
り き  =チーズ
さくら  =レバー
ぽんぽん=かわはぎ
サ ヨ  =チーズ
希望賞品 ②もち吉

というふうに書いてくださるとよろしいかと、、。



また、全問正解の方が複数おられる場合はさらに、次のような方法を考えています。

当てられた方のお名前をそれぞれ書いた小さめのニコちゃんボールを人数分、
自家製ドッグランでいっせいに投げます。
お庭のリーダーであるりきが拾ってきたボールのお名前の方が、
『Winner』となります。
りきにはボールをくわえて投げ手に持ってくる習性が
出来ていますのでこれは大丈夫です!

なお全問正解が出なければ、もっとも正解が多い方に。
さらに同点者が複数であれば、上記のボール投げで決定となります


締め切りは5月2日(火)午後12時まで(5月2日中)とさせていただきます!
また、解答は今日4月24日の、このコメント欄に集約したく思います。
締め切りまでなら修正もOKですよ。
受付はこれをごらんになった、たった今からで~す!
なお本番は5月3日、1年前のHP開設日当日に行う予定です。お楽しみに^^


ではではこれをお読みくださいました皆様、どうぞご参加くださいね!
お待ちしていま~す!

ちなみにたった今しがた(24日10時30分~)行った実験では、
 
 A=レバー
 B=チーズ
 C=チーズ
 D=かわはぎ

 でした。
 おおっ!奇しくも解答例と同じ!(組み合わせはもちろんヒ・ミ・ツ)
 解答例は昨夜書いてみたものなのですが、、、
 でも、これにまどわされてはいけませんよ、、、ふふふ(^m^)
 

seijin.jpg
りき「賞品にオレのこのブロマイドもつけちゃうぜ!」
~あー「要らないよ」って言わないで
2006.04.22 しばわんこ和のこころ
最近NHK教育TVで始まった「しばわんこ和のこころ」のアニメ。
なおなおがすごく喜んで視ています。あ、もちろんワタクシもですが^^
(昨年の年間スケジュール帳はこの「しばわんこ手帳」でしたが、在職中とは違い毎日が日曜のようなものですので、きれいなままで1年が過ぎてしまいました。)
昨日の夜の放送分がまた今朝も再放送であっていたので、またついつい視てしまいました。
さっきまでいくら呼んでも起きてこなかった寝ぼ助なおなおに、
「しばわんこがまたありよるよ~」と声をかけるとあわてて起きてきました。ちゃっかり者め。

それにしてもしばわんこがみけにゃんこと濡れ縁でまったりしているシーンは、
うちのワンコたちのいつもの光景に激似!
奥の和室はお座敷だし。うちと違うのはしばわんこのおうちは廊下がなく直接濡れ縁なのですね。
番組ではしばわんこがしずしずと、美しい日本古来の立ち居振る舞いや緑茶の正しい入れ方などを披露していました。
空想の世界とはいえなんと日本犬は日本文化にマッチしていることか。
なおなおがキャアキャア言ってうるさいですわ。

これを視ていたら、おじいちゃんが裏手にいるサヨをリビングに連れてきました。
サヨは久しぶりに上に上げてもらってキャッキャッ!
「サヨ、しばわんこのお作法をやってごらん」と、2足歩行の真似をさせたりして、
朝からもう大賑わいです。
サヨもそれに応えてしずしずと、、、、
な訳はなく、「やめれやめれ~~!」と暴れまくり。
実態は「しばわんこ野蛮のこころ」でしたとさ。

「しばわんこ」についてはこちらをどうぞ→しばわんこの世界
2006.04.20 『愛情はたっぷりと 責任はしっかりと』
この2月に2町が合併し、新市MW市の一部となったこの田園地帯。
新市の市報4月号で、
「愛情はたっぷりと責任はしっかりと」
と銘打ち、狂犬病予防の注射に関する記事を中心に実に7Pを裂いて、
犬の飼い主の責任を「フン害」や「避妊・去勢」「しつけ教育」の3点から、
がんばって特集しています。表紙もどこかのかわいい柴犬のアップ。
やるじゃない~!
と、最近相当期待してお散歩に。
そう、フン害の改善がみられることを期待して、、、、
いるのに、何?
あのオバハン、右手はリードで左手は手ぶら~。
何も変わっちゃいない~!
この辺の皆さん、市報読んでないのか?
いつか、農道の脇にちらばったウン○の数々を一挙に処理してやろうとの企みも、
なし崩しになってしまっているワタクシ。
最近スコップといっしょに、ビニール袋の代わりに水色のバケツを持っています。
遠くにいる人が「何?あれ」という風に見ていることも。
見てくれは超かっこ悪いですが、買い物にエコバッグを使っているので
ビニール袋があまりないし。
サヨもいっちょ前の分量をひねりだしますので、4ワン分は、
結構なボリュームになります。
4頭分を毎日放置してたら、、、1年間でびっくりの量です。
記事によれば、草を刈るとき犬のフンが草刈機で飛び散り、
顔にかかったりすることもあると農家の方が嘆いておられました。

狂犬病の予防注射はちょっと遅めで今月26日。
明日はフィラリアの検査と健康診断に2頭ずつ2回に分けて行く予定です。
そのときに女子の避妊手術の相談もしてと。
ぽんぽんのトレーニングも日程を入れないといけないし、、、
色々と目白押しですが、
「愛情はたっぷりと責任はしっかりと」
って、フツーの表現だけどホントやね。
ありがたく頂戴したい言葉です。

madampon.jpg
「アタイは『マダムぽん』。セレブなハーブ犬よ、おほほ」
~どうかしたらとても美人のぽんぽん
2006.04.19 犬バカ主婦は子沢山
犬バカ主婦は子供が6人いる。
1男5女である。
そのうち4人は全身赤毛でおおわれていて、
概ね性質が素直で、文句なくかわいい。
後の2人は、頭だけが黒くどうかしたら腹も黒いところがある。
年を取った方は、別に会員制のサイトに登録しており、
そこの日記に実の母親の犬バカの日常を衆目にさらし、
笑いものにすることに快感をおぼえているらしい。
それを横から盗み読むと、確かに当たっているだけになおさら悔しい。
年若い方は、小さいときから動物めいており、
よく施設の玄関に『ペットはご遠慮ください』とあるのにいちいち、
「この子、連れて入っていいのか?」と考えるほどペット化していた。
ちなみに幼児の頃は「こぐま」と呼ばれていた。
極端な右脳人間で直感だけで生きながら得ているところがある。
今でも動物っぽいところがあり、そのせいか赤毛の弟妹に
すこぶる好感を持たれている。
まぁなんのかんのと言っても、この頭の黒い2人も
かわいいことはかわいいと思うのがやはり私も人の親である。

夫は今日の夕方帰宅すると開口一番、
「サヨは?」と聞いてきた。
この人は日頃頭の黒い2人にやられっぱなしなので、
赤毛の子供達に限りなく癒しを求めているお人なのであった。

NEC_0420.jpg
日本のサバンナ風景『仕留めた獲物を食らう柴ライオン達の図』
~無邪気なケダモノ親子です
2006.04.16 りき権現山に登る
NEC_0559.jpg
りき「何だ何だ、ここはどこなんだ」
~グイグイ

昨日の雨模様とは打って変わり、今日はすごくいいお天気になったので、
おとんと約束していた山歩きに行きました。
「りきも連れていこうか?」
と、じわっと言ってみるとまんざらでもない様子。
それで、りきもいっしょに行くことになりました。うわ~い!
お山はお隣のM市とこちらMW市の境にある『権現山』です。

りきは、仔犬のときからおじいちゃんに連れられて、
この山ではありませんが何度か山に入ったことがあります。
知らない場所は興味津々。
ふんふんニオイを嗅ぎながらグングン引っ張ってくれます。楽チン!
後ろを見ると、ふうふう言って立ち止まるおとんの姿が。
お~お、その昔ゴルフに入れあげ鍛えまくった肉体よ、今いずこ、、。
それに比べワタクシときたら、何だか知らないけど意外に平気。
それを見ておとんったら憎たらしくも、
「りきが引っ張ってくれよるきやろ」。
ま、確かにそれはあるかも。

NEC_0548.jpg
りき頂上まで一気に登りました
「オレは景色なんてどうでもいい ふんふんふんふん」

NEC_0545.jpg
にっこりりき君

持参のチャッコチャッコとチーズ3個もらってご機嫌。
少し落ち着くと、やっぱりひたすらニオイ拾いに夢中です。
だんだんマーキングに熱が入ってきて、桜の木々にかけまくり。
もう8割方、葉桜になっていました。
満開のときはこの遠景を借景にまた格別だっただろうな。

NEC_0550.jpg
遠く左手に見えるのが「世界のト○タ」」の広大な工場です

NEC_0552.jpg
とってもお山が気に入ったふうのりき君

お天気が良かったので他の登山者もちらほらおられましたが、
皆さんから声をかけてもらいました。
そそうもなくて、大人の犬になったんだ~とまた感慨もひとしお。
今度はもう一人御供を連れて、さっちゃんとの夫婦連れで来ようと、
おとんと話しながら仲良く山を降りて行きました。
帰りはおとんがりきを引っ張っりましたが、ものすごく速かった!
どうもやっぱり、りきのおかげみたいだね。

続けての約束である日帰り温泉行きは、時間が押して中止。
だけど山登りだけでとっても充実した一日でした~!
2006.04.16 すっかり春になりました
ぽんぽんとサヨをお散歩させていると、もうほとんど高さは変わらないし、横幅も同じくらい。わずかにサヨに幼児体型の名残があり毛色がちょっと淡いのでかろうじて判別できるほど似てきました。

2頭とも当初はうちに残すつもりはなかった仔達です。
ぽんぽんは一旦引き取り手まで決定していたところを、性別がやはり、、と断られて、一から里親探しをしようとした矢先、亡くなった義母の計らいで家に残ることになった仔です。
サヨは、もうちょっとで、吠えることを期待されるだけの遠い親戚の番犬になるところでした。
雄がいいという家にしぶしぶもらわれていたら、、、
吠えない番犬になってしまっていたら、、、(実際あまり吠えないっ)
かわいがられず、粗末な犬小屋につながれっぱなしだったり、ろくなゴハンももらっていなかったかも、、、とついつい悪い方へ思ってしまいます。
実際はそれなりにその家の犬として受け入れてもらっていたのかもしれませんが。

楽しそうにもつれあったり、いっしょに蝶々を追いかけたりするこの若い柴の女の子達の、キラキラした被毛や体のしなりを見ていると、今度は逆にもっと一所懸命すてきな里親さんを探してあげて、1頭で大切にしてもらうべきじゃなかったのかなぁなんても思ってしまったり、、、
う~ん、でも、、、これで良かったのよね!と勝手に納得したり、、。

一昨日は真夜中に珍しくサヨが外の犬舎の中で鳴いていました。
いつもは夕方たっぷり走ってぐっすり眠るのに。
ぽんぽんと同じ大きさといっても、まだまだ仔犬のおサヨです。
桜もすでに半分以上は葉桜となりました。
季節はもうどっぷりと春。
空にきらめく星も、こころなしか優しい。

            鳴き止みし仔犬眠るや春の星 


2006.04.15 犬バカ主婦の太りのメカニズム
犬バカ主婦は太っている。
(注:他にも犬バカ主婦はおられると思われますが、
ここでいう「犬バカ主婦」とは筆者のことです)
「朝も夕方も犬の散歩にしこたま行きよるクセに、
なんでそげん太いとか」
と夫から言われるが、、、そんなもの、
散歩に行ってなかったら、もっと太いだけの話である。
よそのブログのコメントに、
「ワンコは食事の摂取カロリーと運動量のバランスが大切ですネ♪」
とかエラッそうにコメントしているが、
その言葉は実は、己にこそ向けられるべきものである。

なぜそんなに太るのかと言うと、、、
理由の最たるものは、
家の中の『歩くコンポスター』だからである。
残り物を片付けるのが1日の主要な仕事となっている。

残り物の末路は昔は犬の餌だった。
実家に昔居た柴メスのマミは14才余で死ぬまで、
残りご飯に薄い味噌汁かけ、イリコ入りだった。
お出汁を取った後のイリコくらいはあげるが、
うちのワンコには基本的に残り物はあげない。
ドライフードのトッピングとして、
人間の食材から、お肉、お魚、野菜、豆類と取り分けて、
(ワンコの食材から人間にお裾分けしてもらうときもある)
味付けはまったくしないで煮込む。
うちのワンコたちにはこれが何よりメインディッシュらしく、
目をきらきらさせて舌なめずりしながら、
お利口さんでお皿によそわれるのを待っている。

このコたちに残り物を食べさせないとすると、
残り物を捨てるのも環境保護の視点から許されないことで、、
『食べれば栄養、捨てればゴミ』
その栄養の行き先が犬バカ主婦の胃に集中し、
当然の成り行きとして、太る。

20060415212843.jpg
サヨ「アタシのことでぶよだなんて、、、
言えた身分じゃないでしょー!」
~おたがいさまで
2006.04.14 ぽんトレ第1日目
午後2時。
トレーナーのTさんがお見えになりました。スラリとして快活な若い美人さんです。
ぽんぽん、前にカウンセリングで会っているのをすっかり忘れて吠えまくり~。
厚い雲に覆われたちょっと寒いお天気ながら、なんとか雨は降っていないということで、警戒して吠えるぽんぽんを連れて自家製ドッグランにレッツゴー!

当座の希望は「確実に呼び戻しが効くようにしたい」ということ。
りきやさくらはドッグランの中で呼べば来るのですが(多分この中だけだろうけど)、
ぽんぽんは呼べども呼べども、好きなことばかりしてまったく来ようとしないのです。
まずはおやつの力を借りての反復練習です。
コマンドは、極端に言えばまったく無関係の言葉でもいいのですが、一応「カム!」にしました。
Tさんを警戒していたぽんぽん、手なづけのために撒かれるおやつをウハウハ食べ終わった後は、ほとんど打ち解けていました。
食いしん坊はやりやすいね。
はじめはぽんぽんの鼻先におやつを示すことから始まって、次は距離を置いてしゃがみ、気ままにうろつくぽんぽんがこちらを向くのを待っておやつを見せながら「ぽんぽんカム!」と言います。
ぽんぽんがじんわりとやってきますとおやつをあげて誉めます。
次の段階は、おやつを見せて、やって来てもおやつはあげないで誉めるのと、
おやつを隠して呼んで、やって来たら隠していたおやつをあげて誉めることの反復。
ぽんぽん、ゆっくりながら結構はまってやってきます。
何度も言うけど、食いしん坊はほんとうにやりやすい。
だけどぽんぽんったら、お腹がちょっと満足するとよそ見するようになってしまいました。
こういうときは無理にコマンドを連呼するのは逆効果なのだそうです。
ちょっと間を置いて、ひとつ前の段階からやり直し、、、。
と、昨日のトレーニングはこんな感じでした。
誉めるときしっかりと誉めてあげるようにと注意を受けました。ハイ。

感触はまあまあじゃない?
ぽんぽんがおやつに目が眩んで思うツボにはまっていくのを、
現場にいっしょにいたなおなおが笑いをこらえて見ていました。

途中、クリーム色のレトリバーがはるか遠くに散歩しているのを見つけると、
颯爽とそちらに向かうぽんぽん。
「あれは、自分や自分の飼い主を守るために『お仕事』をしているんです。」と説明するTさん。
ぽんぽん、「ワンッ、、ワンッ、、」と、やや控え目ながら吠えています。
おっチラッとこっちを向いた!「アタイかっこいい?見てる?」って感じやね。
通り過ぎて小さくなっていくレトリバー。
「自分が吠えたから敵が逃げていった、、と思っています。
この場合のごほうびは自分の中の満足感なんですよ。」
「無視して離れましょう、、、」のTさんの言葉でなおなおもいっしょに3人で反対側へ。
ぽんぽん、晴れ晴れとした顔でこちらを向いて来ます。
でも誰も自分の「快挙」を誉めてくれないので、どんどん寄って来て、
「ねぇ、アタイかっこよかったでしょ?」と言わんばかりの顔をして覗き込んでいます。
プププ、、。わかりやすいやつやねぇ。

途中、Tさんがロングリードを勢いよく引っ張ると(ほとんど使うことはありませんでしたが)、
ぽんぽんびっくりして飛びのいていました。
その様子やおやつを食べる際のヘッピリ腰ぶりから、いみじくも、
「ぽんぽんちゃんは怖い目に遭うとパニックになって噛み付くタイプですね」
と言われてしまいました。はい、わかっておりま~す。
このひなびた里でひっそり暮らすのはそれはそれで幸せだけど、
ぽんぽんのような臆病者はもっと賑やかなところに慣れる練習も必要ということで、
どんどん試験的に街にも連れて行こうと思っています。

ぽんぽんに感想を聞いてみたいけど、、、
飄々と帰って、さっさっとベッドに入っておりました。

ponnappu.jpg
ぽんぽん「いっぱいオヤツ食べれるからもっとやりたい」
~本当にそう思ってそうやね
2006.04.13 犬バカ主婦の夫の哀しみ
ワタクシの一日は正直な話、ワンコに明けてワンコに暮れるといっても過言ではない。
もちろん家族の世話もそこそこしているが、もっと念を入れればいいものの、
どちらかというと最低限のレベルでしかやっていないとおもう。
たまに出かけるのもワンコ関連のことであることが多い。
最近の遠出はほぼ100%いぬの展覧会だけ。
日常の食材や雑貨を買い出しに行くことを除けば、
ほぼ家に引きこもってひたすら犬の傍か犬のことを考えながら
家事をざざぁっとやっている状態である。

ワタクシが昨日このHPの日記をつけていると、
夫が後ろから『この人はもうすぐ犬になるんだ』と言っていた。
以前、めいに送ったメールに自分のことを、
『妻を犬に盗られた夫』と書いてあった。
仔犬のサヨを抱き上げて、
「お母さんはお前達ばかり、、、」と
サヨ相手にぶつぶつ愚痴っていたこともある。

そういいながらも自分はパンダネットに夢中である。
いや、正確に言うとパンダネットでの戦績が悪すぎて、
パンダネットから遠ざかり気味のときに、
特にこの手の愚痴がポロポロこぼれてくるのを、
ワタクシは経験上知っている。
従ってパンダネットが好調のときは、
ワタクシが犬の所にいりびたっていようが
何も文句は出ない。

とはいえ普段はワンコ好きな人である。
そこだけが特に気に入って、
生涯の伴侶に選ばせていただいたのである。
あちらにしてみれば、女房がここまで犬好きだとは
思っていなかっただろう。
ワタクシも自分がここまでやるとは思っていなかったのだから。

ちなみに今年の秋、銀婚式を迎える。

********************************

今度の休日は、お天気が許せば2人で山歩きして
日帰り温泉でも行こうねと約束しています。
どうぞご心配なさらないでくださいネ。

もちろん、ワンコの朝の散歩の後で行って、
夕方の散歩までには戻ってくる予定です(^0^)/

NEC_0499.jpg
さくら「あ~あ、、、
ま、どっちもどっちって感じよね」
2006.04.10 いつも散歩の後は、、、
散歩から帰るとまずはなにをさておき「チャッコチャッコ」(=飲み水)。りきとぽんぽんはひとしきり飲みますが、さくらは飲まないときもあります(息も切れてないときが多い)。一番激しい飲みっぷりはサヨで、まるで張子のトラみたいに頭を上下に揺さぶって飲みます。
それで一段落つくとタオルで乾拭き~。
汚れがひどいときは、薄めた重曹水を霧吹きでタオルに沁みこませてキュッキュッ。
そしてボディチェック。
シコリなどの異変がないかどうか、腹部から背中、足の付け根なども満遍なく撫で回し。
最初の頃はシッポを思わず下げていたりきのタマタマチェックも、りきももう慣れたもので平気にしています。
換毛期になると、この後に楽しい楽しい「毛すき」が待っていますが、今のところはまだ兆候なし。

sakuranennne.jpg
さくらの背中は今毛が吹いているので黒い差し毛が目立ちません

うちは皆雨の日でも裸で行きますから、雨のお散歩あとはちょっと大変。
今日みたいな雨の日は大型のバスタオル2枚、フェイスタオルも2枚位出しておいて濡れ具合によってわっせわっせと拭き上げます。
一番手入れしやすいのはさくらで、小雨位ならほとんど濡れていません。
道の状態の良いところを選んで、歩き方もリズミカルに一定なので汚れにくい上に、毛吹きは今ひとつながら針毛が硬く、水はじきがいいのがさくらの身上。
次はぽんぽんで、これは体の大きさにもよるのですが、りきとなるとやはり大きい上に船底胸が汚れやすくなります。毛の質は色や感じはこの父娘でよく似ていますが、雨に遭うと、りき父の毛の方が水はじきがいいのが特長です。
一番の困ったちゃんはなんといってもおこちゃまサヨ。
水たまりにもわざわざジャブジャブ入っていくし、毛もまだ柔らかいのですぐに濡れます。で、帰ってきた顔を見るととても柴犬の顔をしていません。まるで大きなドブネズミ状態です。

今日は終日雨だそうで、、、
今はお昼でみんなマッタリしていますが、夕方は早めに出ることにしようっと。
朝の合羽はすでにズルズル。こんなとき雨合羽がもう一組欲しいわね~。

この雨なので『ぽんトレ』(=ぽんぽんのトレーニング)は延期になりました。
ぽんぽん「ホッ」と胸を撫で下ろしたかな?

ketori.jpg
うちの「毛すき」の必殺ツールはこのクマデだ!
2段構えになっておりアンダーコートが無理なく取れます
針毛の比較的長めのうちのワンコにはちょうどいい
2006.04.05 成分分析
warusiukoinu.jpg
さよ「おかんが何か仕入れてきたぞ」

彗星のごとく俄かにあちこちのサイトに出現した、その名も『成分分析』。
ここへ来てくださる香龍さんの『柴と徒然』、まーく40さんの『柴犬あきとの日記』でも、
すでに公開中ですよ!
これは人名に限らず、物の名でもなんでも分析OK。
思い出話などなんとなく年寄りくさいこの「お庭番」でも、
ときにはこんなナウい(すでに死語やん)ものを早速やってみましたよ。

まずは手始めにワタクシなおなお母の分析から。

40%のカルシウムで出来ています。
31%の波動で出来ています。
17%の努力で出来ています。
 8%の微妙さで出来ています。
 4%の記憶で出来ています。

カルシウム、、、って、骨密度は今のところまぁまぁだけど。
って、そういう話じゃないのかなぁ?
わたし的には40%の微妙さで40%の記憶(思い出話が多いのよね)みたいな、、。
17%の努力って、、、なんか照れるわね。

ちなみに本名「○○○子」では、

45%の優雅さで出来ています。
27%の保存料で出来ています。
24%の蛇の抜け殻で出来ています。
 4%の黒インクで出来ています。

んなぁんと!半分近くが優雅さとは、、  んふふふ、、、
ほぉ~っほっほっほっ!!
これって、これって、、、
当たっているんじゃなぁ~い??(すっっっかり有頂天)
ん?保存料が3割近い割には腐敗が進んでますけど。
なにぃっ!蛇の抜け殻って!
そりゃウチの周りにはあちこち落ちてますけどね、
財布に入れとくと金運が上がるのよね、、ってそーゆー話じゃなくて。

お次はワンコどもの分析ですね。
お友達のサイトはお名前だけで分析されてましたが、
なにしろ「りき」とか「さくら」って名前は多いので、
特にルールも厳しくないみたいだし、
うちのコということで苗字をつけて『特定化』してやってみました。

井田りき(苗字バレバレ)

55%がかわいさで出来ています。
13%が知識で出来ています。
12%が野望で出来ています。
11%が希望で出来ています。
 9%が花崗岩で出来ています。

え~~、なんかすごく出来すぎ君!
半分以上のかわいさって、、、
オッサンになってもそう!そのとおりよ~(親ばか~)

ちなみに「りき」だけでは83%が果物だそうで。
たわわに実った美味そうな体躯ではありますが~

chinchinriki.jpg
りき「オレってかわいい?テレッ☆」

井田さくら

72%がやさしさで出来ています。
17%がスライムで出来ています。
 7%がカルシウムで出来ています。
 2%が度胸で出来ています。
 2%がお菓子で出来ています。

なんてこった、さくらも出来すぎ君!
ま、スライムって得体の知れないものも入ってますけど。

ところが「さくら」だけの分析では、なんと半分が毒物?!?
このギャップは何ざんしょ。

井田ぽんぽん

30%が成功の鍵で出来ています。
25%がスライムで出来ています。
18%がハッタリで出来ています。
15%がビタミンで出来ています。
 4%が白い何かで出来ています。
 3%が純金で出来ています。
 3%が欲望で出来ています。
 1%が電波で出来ています。
 1%が小麦粉で出来ています。

成功の鍵!いいねいいね。まだまだ可能性を感じるわね。

で、「ぽんぽん」だけでやってみると、、
45%が気の迷いで出来ています。
24%が大人の都合で出来ています。
13%が媚びで出来ています。
 7%がお菓子で出来ています、、、、

なんだ、こっちの方が当たっているかも~!

kirapon.jpg
ぽんぽん「成功の鍵をお授けくださいましてありがとうございます!」
~誰に言ってるの

井田さよ

95%の嘘で出来ています。
 2%の理論で出来ています。
 1%の時間で出来ています。
 1%のカルシウムで出来ています。
 1%の睡眠薬で出来ています。

なんだって、ほとんどが嘘ってかっ!
さよのヤツめ、あどけない顔して~
「あ~う~」も「サヨバウアー」も、
ワタクシ達をたぶらかすヤツの謀略なのか?
、、、とほとんどハマっているワタクシなのでありました。

そうそう、「さよ」だけだと、

37%がマイナスイオンで出来ています。
24%が魔法で出来ています。
23%が鉄の意志で出来ています。
 8%がやさしさで出来ています。
 4%が優雅さで出来ています。

、、、、と、こっちの方が断然いいみたい。

最後に、「りきとさくらとぽんぽんのお庭」です。

35%がマイナスイオンで出来ています。
34%が優雅さで出来ています。
16%が白い何かで出来ています。
 7%が怨念で出来ています。
 2%が呪詛で出来ています。
 1%が乙女心で出来ています。
 1%が時間で出来ています。

おお、癒し系ということなワケ?
白い何かというのも、手抜きで白っぽいとこが多いから、
それなりに言い得て妙ですわ。
それにしても呪詛・怨念が1割近くひっそりと、、、
八ッ!!!さては、いのぴぴやイタチの呪いか?

ということで、もっと色々やれそうですね。
あ~、おもしろかった!!

おまけ

なおなおの本名で行くと、

99%が波動で出来ています。
 1%が海水で出来ています。

本人は、
「これなん??」
と言って理解できかねるようです。

皆様もよろしければどうぞ!(解凍して使ってください) ⇒http://tekipaki.jp/~clock/software/index.html 

sakurahehehe.jpg
さくら「おかんったら『真似っこぽんぽん』並みね」
2006.04.03 フレンドリー柴を目指して
「ぽんぽんちゃんはいいコなのにわざわざしつけをする必要があるのですか?」
と、何人かの方から有難いお言葉をいただきました。
ぽんぽんは人の眼を見ながらコマンドを聞ける従順なコです。ただとても臆病者です。ぽんぽんのようなタイプの犬が虐待されるような環境におかれたら、間違いなく噛み付く犬になるのでは?と思います。

自家製ドッグランに1頭ずつ連れて行くととても興味深いことがわかります。りきは邪魔者がいないので伸び伸びとこころゆくまでボール遊びを楽しみ、さくらはマイペースですみずみのニオイを堪能します。サヨでさえボールを追いかけたり穴掘りしたり、好きなことをせわしなく喜んで続けるのです。
けれどぽんぽんは、ひとしきり穴掘りをした後不安そうに周囲の景色を見渡したり、立ち止まって途方にくれたそぶりをするのです。ちっともおもしろい表情をしない。これは特徴的なことでした。

この事実は具体的に話したわけではないのですが、この間のカウンセリングで、
「ぽんぽんちゃんは自分に自信がないのかも知れません。」
と言われ、ハッとしました。
生まれてこの方、いつも父母と行動を共にしていたぽんぽんはいつかの日記でも書いたように「真似っこぽんぽん」でした。ひとりで行動したことがないので、自分で判断したり自我を主張したりする経験をしてこなかった。正確に言えばそういう経験を飼い主がさせなかった。
そういった経験の乏しさと元々持って生まれた弱い性格がぽんぽんの自信のなさにつながっているのではないかと思うようになりました。
そして悪いことに他所のワンコを見るとりき父の真似をして吠えます。
りき父がいると安心して吠え、いないときは吠える体勢を取っています(『ワッ、ワッ、、』と吠えようかどうしようかと迷っている)。

ぽんぽんはまだ1才9カ月、人で言えば大学を卒業する位の年齢です。
今から単独でもたくさんの経験をさせて、楽しいことがいっぱいあることを知って欲しい。
そういう思いからまずは自宅できちんとしたトレーニングをすることにしました。
それから、他所のワンちゃんが居る場所へだんだんと行動範囲を広げて行く。
他所のワンちゃんと遊ぶ楽しみを知る。
そういうぽんぽんになってほしいな。
廊下のベッドにちんまりと入ってお庭を眺めているぽんぽんの後姿を見ながら、
そう願うダメダメ飼い主です。

はじめてのトレーニングを4月10日の月曜日に受けることになりました。

nemunemupon.jpg
ぽんぽん「あの~、、とれーにんぐって何するんでしょうか」
~早くも不安を隠せないぽんぽん
(ホントは眠いだけ)