FC2ブログ
2006.05.31 紫陽花の蕾
ぽんぽんがめったに見せることのないお腹には、かわいらしい小さな乳首があります。
今のさよ位の年周りですと、お腹はボウボウの毛に覆われていて乳首などまったく見えません。
それが1才を過ぎる頃、「乙女」の年齢が来るとそれなりに優美な女の子らしい体つきになってピンクの肌が現れ、そういった器官も発達してくるのですね。
以前にはぽんぽんにも赤ちゃんを一度生ませたいという思いがありましたが、性別で需要が大きく異なる点や今さらながら命の重みを改めて考えると、断念せざるを得ませんでした。
「たかが犬の避妊のことでくよくよと、、」と思われてもしょうがありませんが、正直に言って今回のぽんぽんの手術には相当悩みました。
お散歩に出ると、早くも紫陽花の群れの中に極々小粒の真珠のような蕾がいっせいに芽吹いています。
それはまるで、もう使われることのない愛犬の清らかなままの乳首にも似て、その蕾達の輝きに
昨日の朝はしみじみと見入ったものでした。

仔を産まぬ体となりて帰り来む犬の好物煮込みていたり
昨日ぽんぽんに早い夕食を食べさせるため、好物を炊いてあげていたときに出来た短歌です。
スポンサーサイト



2006.05.30 バッチフラワーレメディー
ぽんぽんは今病院におります。
きのうは午後6時以降食餌禁止なので、ぽんぽんのお腹を早く空かせるために全部で4回もお散歩に連れ出しました。
さらに夕飯のトッピングにはぽんぽんの好きな鶏胸肉をメインに、ニンジン、ほうれん草、白菜のみじん切りとお米でクツクツと煮たものを用意。
で、5時半頃のめちゃくちゃ早い夕食でしたが、ぽんぽん、作戦に見事はまって完食いたしました。

そして今日、さよといつもどおり朝の散歩に出かけた後、さりげな~く抱っこしてリビングに用意していたケージへ。
ぽんぽんが何か分からないままスンナリと捕獲。
もうここまで来たら、早くパッと終わってパッとよくなろうね、ぽんぽん!
先ほど病院からワタクシひとりぼっちで帰宅いたしました。

とはいえ目下の心配は、一度もよそにお泊りしたことのないぽんぽんが心配してパニックにならないかということです。
それでトレーナーのTさんにお話しして教えていただいたアルモノ。
それがバッチフラワーレメディーです。
すでにご存知の方もいらっしゃるでしょうが、これは、70年ほど前にイギリスのバッチ博士によって開発された、花や木を原材料とする「気付け薬」のようなもので(といっても薬ではありません)、用途によって38種類(+レスキュー用1種類)があります。当初は人のためのものでしたが今ではペットにも世界中で愛用されているということです。
特に顕著な効果が現れているのは、虐待を受けて精神的に病んでいるワンちゃんやネコちゃん。それに日常的には雷などの特定のモノを怖がるようなときに、かなりの効果が期待されるそうです。
トレーナーさんの「効果がある」との現場の声もありますし、うちには他にも雷が鳴るとぶるぶる震える大きな方が約1名いますので、この際レスキュー用と、不安をやわらげる効果のあるものを術前・術後用に大急ぎで手配しました。
実際に効果が出てくるのは3~4日経ってからのようですので、どうかなとも思いましたけれど、とりあえず昨日の夕方、ぽんぽんに飲ませてみました。
効果があったのかなかったのか、診察台の上に載るまではなかなか落ち着いていましたが、載ってしまうといつもの垂れ目ぽんぽんでした、、

関連書籍も多数出版されています。
興味のある方はどうぞ研究されてみてはいかが?


furawa-resepi-.jpg
ぽんぽん用レメディー
~他にワタクシ用にもちょっぴり調達


2006.05.28 犬バカ主婦と赤毛の娘
この間のプレ母の日に下の娘(なおなお妹)とランチバイキングに出かけたことは前に書いた。
実はこの日、天神地下街を歩いていると娘の元にババッと2人の同じ年頃具合のお嬢さんが駆け寄ってきて、なにやら熱心に話しかけてくる。
「キャッチセールスか?」とさりげな~くその場を離れて様子を見ていると、「いっすよ~!!」とヘラヘラして娘がなにやら快諾している!おいおい!!
、、、聞いてみると娘さん達は大○美容専門学校の学生で、5日後に控えた『ビ○ル・サッ○ーン』主催のコンテストに出場するためにモデルを探しているとのこと。
自慢じゃないがわが娘は誰がどう見ても絶対に美人ではない。
美人どころか幼稚なアヒルのような顔をしている。
けれど妙に頭が小さくて、古着で身を固めたトッピな格好をしているその姿は、
ユニークといえばいえなくもない。それで目についたらしい。
しかも、その日の夕方までにモデルが見つからないとコンテストに出場できないらしかった。
なるほど~それでハードルも低かったんやね、、、ははっ

コンテスト当日。わが娘は上機嫌で帰ってきた。
突拍子もない頭にされるというので相当覚悟していたが、結構かわいい。
赤毛で下の毛がちらっと黄色いというのも、赤柴の毛みたいやん。
と、それだけで心証をよくした犬バカ主婦であった。
そして、コンテストの結果を聞いてびっくり仰天!
なんと、140数名中3位で全国展進出なのだそうである。
わが娘の髪を切った学生さんもとても感謝してくれて、娘もよい経験になっただろう。
なんにしても若いってのはいいなぁ。

昨日コンテスト終了後の写真が送ってきた。
その写真を見てまたまたびっくり仰天!!
なんちゅう格好~!
与太者の王子が上着をかっぱらいから剥ぎ取られたような服装をしている。
この表現ではちょっとわからないかもしれないが、要するに上半身が過剰露出というか、、、
ビキニの上だけやんか!
それにしても発育不良の体をさらけ出してまったく、、、。
いや、色気が皆無というのが返っていいのかな。
他の入賞者もいっしょに写っているが、皆一様にスタイルが良くて美人揃いである。
わが娘だけがあきらかに異様に浮いている。
でも、確かにまあるくカットされた赤い髪と奇妙に釣り合いは取れていた。

、、、しかし、オドロキはそれだけではなかった。
なんと娘はその学生さんから、これから一生タダで髪を切ってもらえるというのである!
そそそんなことなら、私も出たかった~!
、、と私では無理なら、せめて家族特典なんてのはないの?、、、

私の子供は赤毛がまた増えて4頭+1名になった。黒毛は1名だけに。
この人間の赤毛の娘は今、家族から「びだるさ・すん子チャン」と呼ばれている。




2006.05.27 ぽんトレ第3日目~すごいぞ!ぽんぽん
25日はぽんぽんの呼び戻しトレーニング3日目でした。
この日はちょっと遅くからのトレーニングで午後4時から。
でもお天気の良すぎる日だったのでこれくらいからがちょうどいいかも。
またまたTトレーナーさんに吠えるぽんぽん。
いいかげんに覚えろよ~、、、と思ってたら止めました。
ちゃんと覚えてたみたいです。

さて、この日はなんともサプライズ!の日でした。
ぽんぽんにロングリードをつけて、おやつを見せることなく呼ぶと、、、
ぽんぽん、やって来る~!
もう一度やってみる、、、
やっぱりやって来る~~!!
これにはトレーナーさんもびっくり&大喜び。

それから何度か形を変えてやってみたのですが、ぽんぽん、ほとんどバッチリと戻ってきてくれました。
なんてお利口さんなの~!!
なんだか夢のよう、、、

後の課題は継続してできるように毎日のまきばでも最後はロングリードを装着して、もし来ないときはリードを引っ張り、とにかく呼ばれれば来ることを忘れないようにすること。
それと、場所を変えてもできる練習をすること。
ということで、次回は外出先で呼び戻しの練習ということになりました。

トレーナーさんにぽんぽんの避妊手術のことをお話しました。
なにしろワタクシの心配は、手術そのものももちろんなのですが、今までただの一度もよそにお泊りなどしたことのないぽんぽんが麻酔から醒めて不安や恐怖に陥らないかということ、、、。

すると「そういうことならこんなのがありますよ」といいものを教えていただきました。
「それ」をさっそく今取り寄せております。
「それ」とは、、、届いてからご披露いたしましょうね。

akiresuwokamu.jpg
ぽんぽん「アタイはなぁ~んも知らん あぐあぐ」
~昨日からそのアキレスばっかりやね
2006.05.26 哀愁のぽんぽん
昼下がり。
ぽんぽんは昼寝もせずにお庭の方を向いてまったりしています。

akiresu2.jpg
哀愁を帯びたぽんぽんの後姿
うなだれて、、、手術のことを心配してるの?


akiresu.jpg
ん?


akiresu3.jpg
ん?


akiresu4.jpg
なあんだ アキレスを齧ってたんやね


doukashta.jpg
ぽんぽん「どうかしたん?」




hasu.jpg
ぽんぽんの目の前にある蓮の花
朝夕きれいな花を咲かせぽんぽんの目を楽しませます
、、、ほんとはわかっているのかな
2006.05.24 お散歩は元気になれる常備薬
「万歩計」が2Fのワタクシのパソコンの脇から出てきました。
退職の際まとめた荷物から何かの拍子でまぎれたものと思われます。
在職中運動不足の解消のため1日6000歩を目標に、お昼休みに職場のぐるりを散歩したりしていたときのものです。
ぜひワンコとの散歩コースを測ってみたかったのですが、本来持っているはずのものを、新たに買いなおすというのもしゃくに障るので、そのままにしていました。
それで早速、りきとさくらの朝のセミロングコースで計測しました。
結果は3885歩。
おお、これを朝夕2回ずつ行けば1日15000歩を超えます!
しかし、まきばにも1回は行かなければ気が済まないだろうなあ。
特にシスターズはきゅい~んと曲がろうとするし。
するとなんとワンコに1日3時間以上かかることに、、、
ま、たまにはレギュラーコース(約2500歩)、「三角」最短コース(推定1500歩)を取り混ぜて、1日10000歩をキープすることは簡単です。というか、すでにときどきは10000歩を歩いていたことを今初めて知りました。
この間りきとお山に登ったとき、久しぶりなのにあまりきつくないなとは思っていたのですが、確かにりきから引っ張ってもらったというのもあるでしょうけど、知らず知らずに脚力がついているのかも知れませんね。
そういえば、この1年間のうち体の具合の悪かったのは数えるほど。
それも1度はぎっくり腰だったし、1度は炎天下の草むしり(まきばの)が原因による熱中症もどき。後1度は熱が出たような気がしますが、昔に比べれば天地ほどの隔たりがあります。

「いつも犬の散歩、大変でしょう?」と気の毒そうに言われますが、慣れてしまえばしないほうが気になるものです。
たまに旅行でどうしても散歩ができないというので、おとんやなおなおに散歩を頼んでいますが、その時間になるとソワソワ。気になって気になって旅行どころではなくなります。
きっと毎日4ワンコたちも、同じような気持ちで待っているのでしょうね。

そして、俄かにアタマをもたげる「ダイエット」の5文字。
これで、おやつや余りものの無駄食いをなくし、きちんとバランスのとれた食事をすれば、まちがいなく痩せるはずなのですが、、、およよ。

ponbijinnozu.jpg
ぽんぽん「おかんがまたアタイたちをダシにして『だいえっと』なんていってるよ」
~もう10回は聞いたってかい?アラ
2006.05.23 犬バカ主婦のついてない日
今日はジャ○コの「スーパー火曜市」の日だった。
車で行けば15km。ちょっとした距離である。
わざわざ行くのだからと、同じ市の親戚のタマゴ屋が出しているお菓子屋さんに
足を延ばすのが習性となっている。
まずお菓子屋から。プリンを買った。
で、この5月から出しているはずのソフトクリームを実はひそかに楽しみにしていた。
熊本のジャージー牛乳を使っていて、ナチュラルで清々しい味がするもんね、、、ふふふふ
明らかにニヤつきながら、ソフトクリームを注文する。
すると、
「あっ、、、すみませ~ん。さっき売り切れてしまったんですよ!」
えええぇぇぇ!
だって、まだ3時だよ~、、、!
、、仕方ない。今日はこらえてやろう。

人ゴミでごったがえすジャ○コの「スーパー火曜市」。
カードで買うとポイントが2倍だ。
10日分くらい食料品を買い込む。
しかも、2000円を一回としたガラポン抽選を出入り口付近でやっているのを
しっかりチェックしていた。
レジを終えて、ちょっとのどが渇いたので紙コップ式の緑茶を飲んだ。
それからおもむろに抽選の列に並んだ。
おおっ!赤が出れば1000円の商品券か!
黄色でも500円、、それでもいいや。
とか思っていたら、すぐ前の子が黄色の玉を出した。
よぉし!次は私~~!
と、抽選機を回している娘がおおげさに申し訳なさそうな顔をして言った。
「すみませ~ん!玉が無くなったので終了させていただきます!」
ん、ん、ん、ぬぁんだとっ!
ふぇ~~、、、
こんな日に宝くじなんて買っても、お金をドブに捨てるようなもんだろう。
しかも帰りの信号はことごとく赤だった。
ここまで徹底的についてないのも珍しくない?

帰宅してすぐにワンコどものお散歩へ。
ついてないことがあまりにも多すぎるので、散歩途中でもなんかありゃしないかと
ビクビクしていたが(小心者)、みんなごきげんに行ってごきげんで帰って来た。

お前さんたちがごきげんなら、ついてない日もオールクリアーだよ。

そういうことにしておこう。



2006.05.22 まきばDEウンコ☆
よほどの雨以外は毎日のように「まきば」へ行きます。
最近はさよのヒートの関係で、親組とシスターズ組に分かれていますので、
三つ巴、四つ巴の大騒ぎは見られません。
けれど、2頭ずつでも観察しているとおもしろいことがわかります。
それはウン○縄張りの区分け。
入り口から向かって右の塀奥がさくらの勢力範囲。
その左隣から大体中央までがぽんぽん。
その中央からさらに左側がさよ。
そして左の塀側がりき。
大体こんな感じで、いっしょに行かずとも、ほとんどお互いの領域を侵さずに
コトを済ませております。
ど真ん中なんかに平気でしないで、隅を選ぶとはいかにも日本的で奥ゆかしい。
(いや、、、他の犬種も同じようなものなのでしょうか)
おしっしーは女子はひょいと腰を下げて、大体一回で終わりますが、
りきはあちこちの塀にかけまくり、お散歩ワンコが向こう側を行こうものなら、
そのワンコ目掛けて足を上げております。
「縄張り意識」、もろ出しですね。

それぞれがクルクルウン○の舞を始めると、おもむろに5ℓ容量の青いポリバケツとスコップを手にして、せっせとウン○拾いをするワタクシ。
まるでこのコたちの下僕のように、、、おおお甲斐甲斐しいことよ。
りきとさくらはそれでもとう留時間が短いと、やっぱり道の脇までウン○を引っ張ることがあります。
特にりきなど、2度3度と、、、市販のウンコ取りを使っていたらうちの場合、出費この上ない。
このポリバケツ、ふたを乗っけるとニホヒも立ち込めず具合がいいのですが、風が強いときは、持ち手ではなくふたをしたまま縁を直接握って運ぶのがBetterです。
絶対的にかっこ悪いのは承知の上だけど、実用性は抜群ですわ。
で、ブツはよく観察の上でうちの前の畑に埋めます。
やがて収穫物が食卓に載りワンコのごはんにもなって、いのちのリサイクルの完成~!
、、、。む、虫はいないだろうね。

makibanosakura2.jpg
さくら「おかんたら、、、ただ単にケチなだけ。。。」
2006.05.21 ワンコ銀座の話
お散歩コースのうち、「三角」という超ショートコース以外のレギュラーコース、セミロングコースどちらも通ることになる、通称「ワンコ銀座」(とはワタクシが勝手に名づけたものですが)という通りがあります。
この通りに面して、次の角を曲がるまでに左に4軒、右に2軒のおうちがあり、このうち5軒が外にワンコを飼ってあります。
左手すぐのおうちには、体中が真っ黒なので名づけられた『マック』・MIX♂。マックはりきが小さいときに、比較的仲良くできた唯一の雄犬ですが、それでもお互いに権勢欲が強く背中に乗りあったりして、結局今は物別れ状態。ただ、りきたちが通り過ぎてもマックはあまり吠えません。
同じく左手2軒目に耳垂れ犬の『タクロー』・MIX♂。塀がなく見晴らしがいいので、タクロー君がババッと小屋から飛び出してきて毎度ガウガウいってくれます。なので、気の弱いぽんぽんなどダッシュでその場をサヨナラ~。
次のおうちには実に過去に3回、りきとさくらを襲った『プー』・レトリバー♂と、最近やってきたコーギー♀(名前は不明)がいます。
やはり縄張り意識が強く、たいていお隣のタクロー君が吠えるとそれに呼応して吠えております。
続いて右の1軒目には『テツ』・柴MIX♂。普段は外のベランダでケージ飼いされていますが、なにせ吠え方がものすごい。このおうちはおじいちゃんの弟さんの御宅です。
そして、もう1軒ですが、、、
左手の4番目のおうちに1頭。
実はこの御宅にワンコがいるというのを、4月末にあった狂犬病の予防接種会場で知りました。
その家の奥さんが引いてきていました。この頃来たばかりというようなワンちゃんではありません。中年どころのMIXの成犬です。
「ワンコ銀座」のメンバーは、たいてい道から見える場所に居るし、お散歩でもちょいちょい見かけるので言わば顔見知りなのですが、、、
このおうちは、ブロック塀で囲まれている上に中から吠え声もまったく聞こえたことがありません。
ましてや、お散歩の姿などまるで見たことがなかったのでした。
一体どうやって暮らしているのでしょうね。

この「ワンコ銀座」を通り抜けるときはどのおうちからも吠えられるので、
うちの4ワンたちも緊張気味で小走りになります。
ただりきだけは、この通りの要所要所にもオシッコかけを忘れません。
そして、この通りを抜けた場所でたいていさくらがウン○を催します。
「ワンコ銀座」の中途では、無防備なウンチングスタイルなどやってられないのでしょう。

tsurime.jpg

~写真撮られてる最中に顔を動かしちゃいけないと思ったのか、
虫が飛んでいるのを目の玉だけで追うりきの図
2006.05.20 犬バカ主婦の一週間
ロシア民謡に「一週間」という歌がある。

♪月曜日は市場へ出かけ糸と麻を買ってきた
 チュリャチュリャチュリャチュリャチュリャリャ~ 
 火曜日は糸巻きをして
 水曜日はおしゃべりばかり
 チュリャチュリャチュリャチュリャチュリャリャ~ 
 木曜日はお風呂を焚いて
 金曜日はお風呂に入る、、、、♪
 (あと忘れました)

いや~、いい生活ぶりだ。
毎日あれをしてこれをして、、、と時間に追われることもなく、
一日に重点項目ひとつをこなすというものである。
特に木曜日と金曜日に着目したい。
これが例えば木曜日の夜更け、夜の11時頃に遅くお風呂を焚いて、
深夜0時を回った金曜日になってからお風呂に入る、
というのならリアリティーもあるが流れからいってそういう話ではなかろう。
極寒のロシアでは、お風呂を焚いて入るのは一大イベントだったのだろう。

仕事をしているときには考えられなかった、
日本のド田舎版「一週間」。

♪月曜日はP2(ペットショップ)へ出かけイヌのおやつ買ってきた
 チュリャチュリャチュリャチュリャチュリャリャ~ 
 火曜日は柴ネットして
 水曜日は毛むしりばかり
 チュリャチュリャチュリャチュリャチュリャリャ~ 
 木曜日は写真を撮って(4ワンの)
 金曜日は写真を整理
 チュリャチュリャチュリャチュリャチュリャリャ~
 土曜日は掃除機をかけ日曜日はぞうきんをかけ(犬周りの)
 
 ともだちよこれがワタシの一週間の仕事です、、、、♪
 (ハッタオされるわ)
 
 今週はお寺の総会の関係で日頃と違い、超忙しかった。
 今日はお寺の総会本番。ワタクシは会計報告をせにゃならん。
 久しぶりに人前でお話するのって大丈夫かしら。
 ドキドキ。




2006.05.19 カモメが飛んだ日
kamopon.jpg

~ついに出現!「カモメぽん」

♪ハァーバァーライトにあかりぃ~が灯~るぅ~(だったっけ)
そのとき~、一羽の~、カモメ~が~、飛~ん~だ~~♪

昨年の6月頃は、見事なカモメ眉に変身していたぽんぽん。
今日見てみるとぽんぽんのお顔、いつのまにかカモメが飛んでいました。
毎日見ているのですが、かすかにかすかに変化して、ある日可視状態になるのでしょうね。
と同時に抜け毛も加速しだしました。

ところで、、、、

今年のカモメは、一羽ではありませんでした。



kamoriki.jpg
~ご自慢の立体麻呂眉があるのに、
さらにカモメ眉かよ~、りき。
2006.05.18 さよの初ヒート観察記
、、、と言っても、今がピークの入り口のようです。
さよ自身はやっぱりオマタ部分が気になって気になって、お手入れに余念がありません。
なにしろ人間ならば発育のいい小学校4~5年生くらいの女の子と同じ。何が自分の体に起こっているかなんて、さっぱりわかっちゃいないでしょう。
ただヒートの割にはヒステリックにもならないし、普通とみかけはあまり変わらない、やはり大物っぽいさよであります。

心配していたりき父の行動ですが、ぽんぽんの初ヒートでもそうだったようですけど、
それほどの色魔界からの憑依はないようです。
ただ、ちょっと接近するチャンスがあるとすかさず、さよのお尻を嗅ぎに行こうとします。
ちょっとうれしそうに鼻の下を長くして、、、
このときのりきのお顔、どこかで見たことがあると思ったら、、、

なおなおが中学生になったばかりの頃におとんがニヤニヤして、
「○○子(なおなおのこと)の☆▼は×□◎なと?」とワタクシにこっそりと聞きました。
おお、衆目にさらすにはあまりにあまりなので伏字とさせていただきます。
「、、、バッカやないん?×★□△◎くさ~!」
と、あきれて答えるワタクシ。
(ほとんど宇宙人の会話ですが、まぁご想像にお任せしましょう。)
返事を聞いているのかいないのか、まばゆそうになおなおを見ているおとんの、
あの時のニヤついた顔つき。
こういう時期の娘をかかえる父親みたいな感じだな、りき。

まったく話は変わりますが、こういう犬バカサイトに異質なおぞましい事件の話。
山口県で以前発生した若い母親と赤ちゃんの殺人事件。
狂犬のような犯人は、当時未成年であったために更生の余地があるとして、
現在無期懲役の判決が下っており、即刻被害者側が上告しています。
この犯人が獄中から友達に送った戦慄が走るような手紙があります。
「イヌだってかわいいメス犬がそこを歩いてたら襲っちゃうだろ?それと同じだよ」、、、、(ちょっと原文と違うかも)

違うわい!ケダモノめ!

自然交配の場合、ヒートの始まった♀ワンコは、やってくる♂ワンコが気に入らないと激しく威嚇したり、抵抗したりする。で、拒絶された♂は普通はそれ以上襲ったりはしないもの。
「この♂ならば、、、」と気に入ると、♀ワンコはシッポを倒して(Tail Rolling)、迎える準備をするわけで。これはあくまでも自然交配の場合ではありますけど。
ただ強い♂は、嫌がる♀の背中を噛んだりして力を示し、♀を納得させるとかはあるそうですが、、
と言っても、くだんのアホンダラ狂犬犯人の言っているのとはちょっと違いますよね。犬に失礼だ!
この発言ひとつがどうこうではないけど、厳正な処罰を下してほしい事件です。

しかし、そう考えるとさっちゃんはりきのことをやっぱり気に入ってくれたんだわ。少なくともさっちゃんのヒート時のいまどきは、りきは目が血走り、じゃじゃ狂っておりました。やっぱりさっちゃんはオトナの女だからね、艶っぽいかほりがたまらなかったのでしょう。

その点さよはまだまだおこちゃま。
さよがその気にならなければ間違いは起こらないのでしょうが、やはり危険は危険。これからしばらく、しっかりガードしていく必要はありそうです。

hi-tosayo.jpg
乙女チックさよ
2006.05.17 またもや参加しました♪~「柴ダチの会」
ちょっと調子に乗っておりますが、、、
バリバリ硬派の「世露死苦柴ドッグ特攻隊」で、柴犬の三大美徳のひとつである、
「悍威」を存分に発揮した4ワン。
今度は「柴ダチの会」で、みやびやかな巻物にしていただきました!
おだやかで従順(そう)なこれら4ワンの表情は、さしずめまたの美徳のひとつ、
「良性」を表しているようだわ(超親バカ自己満足)♪
「柴ダチの会」は、全国津々浦々を地区別に支部に分けてあり、
うちの4ワンはもちろん九州支部に所属となりました。
管理人は「神威号」つながりのご親戚犬、竹千代君と梅ちゃんの飼い主さんのしまさんです。
ちょうどさくらの子育てで忙しくなった頃に発足されたのは知っていたのですが、
ぼぉ~っとしているうちに入会の時期を逸してしまい、今頃になって図々しくも入会させていただきました。
写真は4柴それぞれ、おめめきらきらの実物以上に写真写りのいいものをチョイス!

83513_1147786307[1].jpg

割と最近のちょっとあどけないりき。
のほほんとしたりき本来の雰囲気がよく出ていますね。
それにしても、この間までこのむくつき様だったのに。
毛の抜け果てた今の姿はただただ哀れなものです。

83513_1147786378[1].jpg

さくら。今日現在の当HPトップ画像。
観音様のように美しいさっちゃんです。
視線の先には土をテンコ盛りしたスコップがあるのですが、、
何がそんなに惹かれるのか?

83513_1147786448[1].jpg

ぽんぽんの純情可憐なまなざし。
実は「おやつくれくれ!」ビーム大量放出の懇願の図。
ぽんぽんはものすごくおぶしゅに見えるときもあれば、
えらくかわいこちゃんに見えるときもありますが、、。
実態は「ややおぶしゅ寄り」といったところでしょうか。

83513_1147786518[1].jpg

世露死苦柴ドッグ特攻隊のゴールド隊員とはとても思えぬ、
おだやかそのものの猫かぶりさよ。
リビングでお寛ぎ中。
大体いつも機嫌のいいヤツです。

うちのワンコたちは、斜めからのアングルが美しく撮る秘訣のようですね。
どの巻物もとてもきれいに仕上げてくださいました。
しまさん、ありがとう~~!

「柴ダチの会」はこちらからどうぞ!⇒「柴犬 竹千代☆うめ ゴロゴロ記」
2006.05.16 久々に参加しました♪~「世露死苦柴ドッグ特攻隊」
HP開設から1年が経ち、膨大な数の写真をちょっとばかり見返しています。
しかしよくもまぁ、撮りまくっているもんだ。
中には「こんなかわいいのあった、、?」と見逃しているのもたくさん。
おとなのワンコたちの分もそんなですから、未公開の仔犬たちの写真は短期間ながらも、
未だによだれが出そうなのがいっぱい!
いつかなんかの機会にお見せしたいですね~。

さてHP開設当時は、なおなおがワタクシの知らないうちにワンコの団体にいくつか参加させていただいていました。
ところが、少し経ってワタクシがいろんな団体に所属しようとした矢先、卒研に忙しくなったHP技術担当の娘から「待った!」がかかりました。それと同時にリンク集も休止状態に。
けれどどうやら娘もなんとか落ち着いたようだし、写真もわんさかあるので、団体の参加をぼちぼち再開してもよげな雰囲気になってきた、、、、ということで、

復活参加第1弾!

4柴でときどきもめている我が家。怒った表情の写真が結構ありまして、、、
数ある所属団体ではダントツの超硬派「世露死苦柴ドッグ特攻隊」に
参加させていただきました!
しかも団体初参加のさよがなんと100柴目だそうです。
名誉の100番目なので特別なゴールドのフレーム!
万博とかの入場者100万人目みたいな、、、
スクラッチで100万円その場で当たったような、、、
なんだかすごくうれしいっ!

管理人のよっぺーさんには超御多忙中のところ、一度にいきなり4頭もお願いして、
より一層忙しい目に遭わせてしまいました。
この場を借りて謹んでお礼申し上げます。

b4a73f1b[1].jpg
いや~ん、この名前!りき昔よく下痢ピー犬でした~。
このお顔はわるそう娘さよを必死で威嚇しているところです。
会員証のバランス上、向きを逆向きにされていますね。

b9e1e551[1].jpg
さっちゃんこそわがファミリーの影の女番長。
昨年の台風のとき、おうちの中でじゃれつくぽんぽんに
喝を入れているシーン。
逆光で暗かったのですが、キレイに明度を処理されています。

11db628a[1].jpg
ぽんぽんの怒ったショットは盛りだくさんありました。
なにしろ最近のトラブルメーカーですから~。
これはおやつがらみでさよを威嚇しているところです。
ちっこい目がますますちっこい。
名前の当て字はご苦労されたことと御察し申し上げます。

c90b3bc8[1].jpg
これぞ栄えある100柴目だけがいただけるゴールドカード。
いや~将来を彷彿とさせるにゃ~、、、。
大体仔犬の中じゃあ、むちゃくちゃケンカに強かった。
まきばでぽんぽんと戦っている勇猛なこの表情、実は仰向けです。

各隊員の特攻メッセージはこちらをどうぞ⇒「黒柴ぼしろーの生きざま日記~ボシログ」
2006.05.15 ぽんトレ第2日目
ほぼ1カ月ぶり、久々にぽんぽんのしつけトレーニングをしてもらいました。
GW前になんとか一度入れたかったのですが、都合のいい日が結構なくてとうとうこんなに遅くなっちゃった。やはりちょっと日にちが経ちすぎているので、ぽんぽんたらトレーナーのTさんを忘れて、吠えまくり。
でも、リードをつけてもらうと、吠えながらも足取り軽くまきばへ。ゲンキンなやつ。
宿題では、クリッカー音に慣れさせるというのがあったのですが、ぽんぽん、ワタクシが家でやるときは、鳴らすたびにいちいち臆病者らしく「ビクッ!」としておりました。
でもどうやらワタクシのやり方がまずかったようす。
さりげな~く鳴らす。
それとタイミングが重要だとわかりました。
今日の中心は魅惑的なおやつのかけらを見せられて気をとられているぽんぽんを、
「おいで!」で振り向かせ、すかさず褒めちぎりながらこちらへ誘導し、
ぽんぽんがごほうびのオヤツにありつくと言うもの。
これの反復で「魅惑のオヤツ」を手段に、「褒められること」の喜びから呼び戻しを学習します。呼び戻しがてんで効かなかったぽんぽんが、この仕掛けでうまいことやってくるようになるから、本当に感心します。
この反復でだんだんレベルがあがって、、、おやつも必要なくなるということなのでしょうが、、。ぽんぽんの食指が果たして、おやつなしで動くだろうか?というのが、目下の疑問。

トレーニングで大切なのは、あまりしつこく何回もやらないこと。
できないときではなく、うまくできたときに一旦遊ばせること。だそうです。
ぽんぽん、Tさんがおおげさに地面を踏み鳴らしたりするとビビリまくって、普段ワタクシに見せないような「イヤイヤ吠え」をしていました。やっぱり小心者、まだまだTさんに完全には慣れていませんでしたが、最後にはオヤツの効用でかなり打ち解けてきたようす。
で、普通のワンコなら、オヤツだけではなくおもちゃも魅惑の素材なのだそうですが、、、
ぽんぽん、Tさんの持ってきたおもちゃにまったく興味を示さず。
お前はホントに「オヤツいのち」なんやね、、、。
それとオヤツ以外というのならボールの横取りとか好きだけど。
屈折した一面を持つぽんぽん、やはりオヤツで釣るしかなさそうネ。

osumashipon.jpg
ぽんぽん「アタイはみるみる上達するんやけど、
おかん、センセからだいぶ注意されとったや~ん?
気をつけてね!」
~ハッ、、ハイ~

2006.05.13 犬バカ主婦の「明日は母の日」
犬バカ主婦が「歩くコンポスター」であることは前に書いた。
他に実家の母親ゆずりの美しき日本の主婦の美徳、「切れ端・崩れもの食い」というのがある。
煮魚なら煮崩れしたもの若しくはシッポ部分。
この間はサイコロステーキを大量の野菜と共に夕食のおかずにしたが、
この牛肉片も、形良いのはおじいちゃんやおとんのお皿へ行く。
まずはボスからいい肉を、という狼の群れの獲物の食らい方みたいである。
おじいちゃんはともかく、おとんにはいくら日頃うるさく言っているようでも、
ちゃんとわきまえている(つもり~)。

とはいえ、こんなみみっちい食生活の陰で、実はときどき「おごちそう」を
こっそりお出かけのときに食べたりもする。
「いつもつましくしているんだから、たまにはいいでしょ!」
とか、
「外で美味しいものを経験して、今後の参考にするんよ!」
とか、心の中で一所懸命正当化する。

実は今日もなおなお妹とお出かけして、美味しいものをしこたまいただいて来た。
これは『母の日』のおごりだそうである。
でも家に帰ると、なんだかひどく後ろめたく、思わず上目使いになって、
おとんに対してやたら素直になる私は、おやつをこっそり盗み食いしたぽんぽんのようだ。

明日は「母の日」。
あまり立派な母親では決してないワタクシには気恥ずかしい日。
せめて『母の鑑』であるさくらを讃える日としよう。



2006.05.11 そろそろ重い腰をあげる頃かな
このところ、お寺のことや家庭の野暮用でバタバタしていました。
ぽんぽんの2回目のしつけ教室も受けなければならないし、さくらのワクチン接種にも行かないといけないのですが、、、。

そうこうするうちにさよに成長の証である『初ヒート』がありました。
この間生まれたばかりなのにね~、ワンコの成長はつくづく早い。
で、女子2名の「避妊」の話です。
そもそも、♀の避妊手術は初ヒート前が一番効果があるらしい。
「効果がある」というのは、子宮疾患は子宮自体がなくなるのでもちろんですが、この時期だと乳腺腫瘍もほぼ100%心配がなくなるらしいのですね。で、1度ヒートを経過すると8%程度罹患するらしく、3度以降のヒート経過では、乳腺腫瘍の罹患率は未避妊と変わらないらしいのです。この率云々はあるところからの受け売りですので、確証のあるものではないかもしれませんが、要は早いほうが確実なのはほぼ間違いないでしょう。
そうした病気防止になる点はもちろんプラス要因なのですが、人間の♀も同じことで、ワンコの♀が必ずしも致命的な婦人科疾患にかかるというわけではなく、できることならこのまま手を加えずに一生を過ごさせたいと思う気持ちも実はまだ捨てきれていません。

私が一番心配なこと。
それは「望まぬ妊娠」です。
今は私も家に大体居ておじいちゃんも健康ですし、4頭のワンコもそれなりに世話ができています。
ですが考えたくはないのですが、最悪の場合おじいちゃんが病気になったり、私が仕事をはじめたりしたときに(後者は十分可能性あり)、外飼いの女子達にもしものことがあったら、、、。
つないでいるとはいえ、りきとのことも心配です。
ワンコの交配なんて、ものの20分もあればすべてコトは終わります。
ちょっとの間の逃走でもちゃっかり孕んでいることは有りうるわけで、やっぱり、ぽんぽんとさよはきちんと処置しておこうと一所懸命自分に言い聞かせている状態です。
ちなみに意外なことですが、娘は手術肯定派で、ぐずぐず言っているのは私だけ、、。
直近のヒートから相当期間を経過しましたので、ぽんぽんがそろそろ手術にいい時期になりました。
さよが受けるとしたらこのヒートが終わってから2~3ヶ月経過後、秋口になるでしょう。

ではさくらは、、、?
この立派に母親業を成し遂げた小さな体にメスをいれたくはないのです。
おとなしく我慢強いので、さくらが危険日の時期は終日部屋に隔離することになるでしょう。
ではぽんぽんとさよも同じ方法でいけるのでは?
と、自問自答するとまたもやグラリと決心がゆらぐ、悩める飼い主なのでありました。
あ~~っどうしよ~かなぁ~~、、、グズグズ。

rikisayofutari2.jpg

このふたりに果たして「禁断の愛」は成立するのか??
左:りき 右:さよ
2006.05.08 犬バカ主婦のへんな癖
犬バカ主婦は子供の頃以来の妙なクセがある。
テスト前に勉強をしているとき、自分の髪を引っ張りもっぱりして毛を抜き、
いよいよ追い込まれると目は参考書を追いながらますます髪を抜きまくるのである。
大学のときでもレポート提出期限が迫るにつれ、やっぱり激しく髪を引きむしっていたが、この癖は就職してからもますます激しくなり、「○○さんの椅子の周りはいつも毛だらけ」とよく陰口を叩かれたものである。

仕事も辞めまったり生活となったこんにちでも、この間出てきたお寺の通帳と領収書類をにらめっこしながら久しぶりに錆びついた頭を使っていると、いつのまにか髪をいじくっている。
もはや昔と違い、次第次第にボリュームダウンしつつある大切な「おんなのいのち」である。
むやみに減らしたくないものだ。(その割にはずいぶんと最初から短めているが、、)

そもそも「毛をむしる」ことが好きだ。
この季節、ワンコの毛が抜け出すともうたまらない。
おとといだか、おじいちゃんが、
「お母さん(私のことをおじいちゃんはこう呼ぶ)!りきは皮膚病にかかっちょるんやない?」と廊下からリビングに来て言う。
おじいちゃんたら、ワンコの換毛は一年に2~3回は見てるはずなのに、最初はいつもびっくりするらしい。

りきの換毛は表面積が大きいので手ごたえが格別である。
散歩途中も「りき、ちょっと待って!」と止まらせて、ウハウハと抜く。まきばでも抜く。
お庭に帰ってからは、くまでを右手に目をランランと輝かせてゆっくり近づいてくる私の姿に、
りきはもはや『ヘビに睨まれたカエル』状態となって、おとなしくなされるがままとなる。
ガスガスガス、、、、。
恍惚のひとときである。

ところが、うちには同じようにワンコの毛を抜くことを楽しみにしているライバルが、何人もいる。
おじいちゃんもそのひとりで、おじいちゃんの場合力も強い上にヒマなのと、なんでも徹底的にやる性格なので手ごわい。
昨年は、りきのシッポの必要な毛まで抜いて、りきのシッポはヨレヨレの擦り切れそうな荒縄みたいになっていた。

今年はまだおじいちゃんの食指は動いていない。
それで今日もりきの毛抜きは私の独壇場であった。
当分この楽しみは続く。
りきの体の側面は、今日のところダイヤ型が連なり、
アーガイル模様のようになっている。

yaseriki.jpg
昨年のシッポよれよれ証拠写真~貧相!!
2006.05.07 うちのワンコ、ついに映画デビュー?
実はひょんなことから、思いがけない話が持ち上がりました。
なおなおが最近行き始めた某会社の同僚のお話から、
その方のお友達が自主映画の舞台となる古い日本家屋を探しているとのこと。
何気なく「うちも建ってから70年位なるよ」と言う話になって、
昨日、そのお友達ご一行がわざわざ見学にお見えになりました。
そしてたちどころに気に入ってもらい、うちが映画に使われるように!
ワタクシはてっきり学生さんの映画同好会みたいな感じかなと思っていたのですが、
どうやら話をお聞きすると自主映画とは言っても結構おおがかりなことになりそう。
お話は炭田華やかなりし頃のオリジナルもので、ヒューマンストーリーだとか。
そうこうするうちに、なぜかワンコも出演させようということになったらしいのですが、、、。
昔の風景になじむのは、ぽあんとしたおめめのぽんぽんかな?と、
密かに『女優ぽんぽん』を期待していたワタクシの予想は裏切られ、
どうやらさよに白羽の矢が当たったもよう。
ひぇ~~!そんな昔にあんな栄養のまわったカラダでいいんですかね?
役名までその場で決まったみたいで、、、
「シロ」だって?? 
どうやら白黒映画らしいです。
どうして、さよなのかというと、
「見てるだけでおかしくなるから」???
来月には撮影が開始されるらしいのですが、
いったいどうなることでしょう~!

yoroshikupon.jpg
ぽんぽん「アタイが女優デビューを狙ってたのにぃ!
なんであんながきんちょがバッテキされるわけっ!?がるるる」
2006.05.03 HP開設1周年記念イベントクイズ結果発表!!
honnbannoyatsu.jpg
スタンバイしたおやつです

本日午前11時過ぎより、まったりとくつろいでいるワンコ達をけしかけて4ワン総出演の、
「記念イベントクイズ解答ショー/おれらの好きなおやつはコレだ!」
始まり始まり~☆

まずはお庭のリーダー・りきからです。

りき二者択一と勘違い?  ←クリックしてね♪

お~っと、チーズにはまったく目も暮れなかったなぁ。

















りきはレバーでした!

実験ではチーズをチョイスしたのですが、、、
こりゃあ、波乱の幕開けかも。

次はさくらです。
ところが、、、

警戒するさくら

ありゃりゃ、さっちゃんたらどうしちゃったんだろ??
この後、おやつをそれぞれひとかけずつ食べさせたりして、
2度3度とトライしてみましたが、さっちゃん何故かオドオド。

仕方ないので、目の前でやってみましたが、、、

なおも警戒するさくら

だめか~~、、、。

と!!!
この動画をストップした途端に、アノおやつへ突撃した!
切れてしまいましたが、結果をどうぞ!!
さくらの選んだのは、、、

わたしはコレがよかったの

やっとのことで食べてくれました、、、。









さくらもレバーでした。

うわ~、さくらも実験ではチーズだったんですが。


続きましては、『食通』と噂のぽんぽんです!

アタイはお行儀いいのよ

ひゃあ~、ぽんぽん、、
なんと大穴のオヤツを食べてくれましたよ。









ぽんぽんもレバーでした。

コマンドが不明瞭だったので、途中なおなおの顔をチラリ見て、
「自主伏せ」をして命令を待っていました。
なんてカワイイやつでしょー!


最後に控えまするは、
飽くなき食欲を持て余している『怪童』さよ。

なおなおの手を離れた瞬間、
凄まじい速さで一心不乱に突撃!

さよまっしぐら









さよはチーズでした!!

さよは実験ではつねにかわはぎを食べたのですが、、、
やはり波乱の結果となりました。


\(^0^)/さぁ、これで決定いたしました!\(^0^)/

り き = レバー
さくら = レバー
ぽんぽん=レバー
さ よ = チーズ


ご参加の皆様、お手元のご自分の解答を持つ手が、
汗ばんではいませんか?


さあ、全問正解は、、、

、、残念ながらなし。


では3問正解は?

、、、い、いた!

4ワンコをすべてレバーと大胆予想されたお方と、
惜しくもぽんぽんをかわはぎと予想して、
そこだけはずしたお方。

2名いらっしゃいます!

そう、、、

刈谷在住さんとふくまる母さんでした!

ついにリーダー・りきによる決戦にもつれこみました~!

で、おまけ。
さくらがなかなかおやつに向いてくれず、
四苦八苦していたそのときです、、、

番外編・乱入!!


この時点ですでに外れてしまわれた方、申し訳ありません~~!!

では決勝戦は、続きでどうぞ!


2006.05.02 ★締切後集計報告と解答分析★
oyatsu.jpg
エントリーしているおやつの顔ぶれ

おかげ様で先ほど解答受付を終了いたしました!
この記事は日にちを遡って書いております。
なんと実に21名の方々にご参加いただきびっくりしております。。。(感涙)
ほんとうにありがたいことです~~\(^0^)(^0^)/←ワタクシとなおなおのつもり

明日の本番に先立ちまして今回の結果を集計し、
さまざまな角度から分析してみました(ヒ、ヒマやね)。

まず選ばれたおやつの人気度。
① チーズ    33
② レバー    29
③ かわはぎ   22
    
ワンコをお飼いの方はご自分ちのワンコの嗜好なども加味されながら、
お答えいただいたことでしょう。
中でも「かわはぎ」は、他の2品目に比べればあげたことがない方もおられるでしょうから、
どの程度食いつくのかイマイチ見当がつかれなかったのでは?
それでやや人気薄と見ました。

次にワンコ別おやつ人気度。

          チーズ  レバー   かわはぎ
① り き     9      9      3
② さくら     5     11      5
③ ぽんぽん 10      2      9
④ さ よ     9      7      5
    計     33     29     22

まんべんない人気はチーズですね。
さくらにレバーが際立っているのは、この日記のプロフィールや、
普段臭いものを好んでいる習性をご存知の方が多いからと推測しています。
またそれは知っているけど、敢えて別を選んだ方もおられるのでしょうね。
対照的にぽんぽんにレバーは似合わないというイメージなのか僅かに2票。
この2票の方、ぽんぽんが選べば一発逆転!というところですよ~!
(いや他のがはずれたら何もなりませんけど、、)
ぽんぽんの場合、数値だけみればチーズがトップですが、
パーセンテージからいくとかわはぎがダントツ。
やっぱり食い意地が張っているとの固定観が、
見慣れぬものにも食らいつくイメージを抱かせるのか?
また、りきとさよの数字がよく似ていますね。
お互いに体格がいいのでイメージがでぶるだぶる、、
といったところでしょうか?

最初は正直に言って、全問正解はむつかしいかも~というのが、
なおなおとのほぼ一致した見解でしたが、とても様々な解答をいただきましたので、
もしかしたら全問正解も夢ではなくなりました。
そして、解答がバッティングしたものがなんと2人ずつ4組も!
全問正解の決戦も有りうる??
また仮に全問正解がないとなると、、、
3問正解者はゾロゾロ出そうだ~!
ボール、ホームセンターから買い占めておくべきかも(^■^;;)A
なんか、、、近年まれに見るドキドキドキでございます~!

ではでは5月3日夜の結果発表をお楽しみにお待ちくださいませ^^
『決戦』が行われたとしたら、4日にずれ込むかも、、きゃ~☆



2006.05.01 犬バカ主婦のお宝隠し
さてクイズイベントの話題は、締め切り直前だけど閑話休題。

犬バカ主婦に2週間前、大変困った問題が持ち上がった。
家で犬の世話ばかりしている身に目をつけられ白羽の矢が立ち、昨年から菩提寺の仏教婦人会の会計に抜擢されたが、この5月末に総会があるため、そろそろ精算を、、、と思って会の通帳を出そうとしたところ、、、あら?、、、ない。
そうかそうか、あそこに入れたっけ、、、と思い直し、見てみても、、、ない。
あらあら??
どこを探しても、、、ないないない!! 

昨年秋も深まる頃に2度目の入金を果たした後、もし泥棒に入られたら、、、と心配になった私は色々案じて、それまでの引き出しからベッドのマットレスの下に通帳の保管場所を移した(ちなみに印鑑は別場所に保管)。
すると、ベッドの寝心地が心持ち悪くなったような気がしたので、今度は引き出しの天井部に貼り付けた。けれど、テープが取れてしまったら、、、と心配過剰な私は、そこからさらにどこかへ移した記憶はおぼろげに蘇ってきたのだが、その「どこか」が、この期に及んでさぁ~っぱりわからない!
この2週間というもの、どっと落ち込んだ気持ちを抱えたままヒマをみては探してみたが、どうにも見つからないまま、、。
とうとう明日(5月1日)には再発行の手続きをしなければ間に合わない、、、というところまで来た昨日4月30日、暗い気持ちになりながら最後のローラー作戦を行っていたところ、、、
なんと椅子の下から袋に入った姿で奇跡のように通帳が出てきた!!

このなんとも情けない話で思い出されるのが、ぽんぽんのおやつ隠しの素晴らしいワザである。
もらった大き目の骨ガムなどとても食べきれぬと思うと、ぽんぽんはそれがスッポリと収まるような穴を深々と掘り、丁寧にくわえ入れた後これまた長い鼻を駆使して、入念に土をかける。
こんもりと心持ち土の盛り上がったその場所を濡れ縁でまったりするときも終始監視し、その場所に他のワンコが散歩に出るとき偶然近寄ろうものなら、バッと飛び降りて威嚇する。また、ときどきはさらに入念に土をかけ添えたりもする。そうしていつの日か、雨水を吸って多少ぶよぶよになったガムを掘り出して満足そうに賞味しようとするのである。
(現実は気持ち悪いのか完食はしない。)

『動物』として同じ基準で行けば、ぽんぽんは1枚も2枚もうわてである。
もの隠しは犬種の中では『知的活動』のひとつといわれ、片やりき父が浅く掘って明らかにガムの頭が露出しているおマヌケな隠し方をしているのを見るにつけ、ぽんぽんはもしかしたらものすごく賢いのではないかと思ったりもする。ただ単に「がめつさ」の為せるワザなのかも知れないが。
けれどそれを差し引いたとしても、ぽんぽんのお宝隠しのワザには種を超えてひたすら感心してしまう犬バカ主婦なのであった。

ufufunnponn.jpg
ぽんぽん「おかんたら、、、まだまだアマイねっ!」