FC2ブログ
2007.03.29 バトル!バトル!バトル!
お庭でまきばで、毎度お騒がせのりきファミリーのバトル光景です。
わんこ日記では載せきれない名場面の数々、ちょっとまとめてみました~。

まずはお庭にて。
ここでは専らりき対おさよ。

0322shibazumou2.jpg
りき(左)「生意気なんだよぉ~!」
おさよ(右)「びびりのくせにぃ~!」

0324osayoga-.jpg
りき(左)「パ~ンチ!!」
おさよ(右)「うが~~」

0322uga-.jpg
おさよ(左)「シャァーーー!」
りき(右)「おっとっと」

0322aita.jpg
おさよ(上)「がぶっ」
りき(下)「いてっ」

0322makenzo.jpg
りき(右)「こんにゃろこんにゃろ」
おさよ(左)「アイタタタ」

お次はまきば~!
やっぱりまずは、りき対おさよ。

0329osayoperori.jpg
おさよ(左)「べ~~!」
りき(右)「このヤロー、、」
ぽんぽん(中)「あらあら~」

01013baka2.jpg
おさよ(右)「これでどーだ!」 がぶ
りき(左)「あたたた」
ぽんぽん(奥)「ごくろーさ~ん、、」

お次はりき対ぽんぽん。

0329rikinanteokao.jpg
ぽんぽん(左)「すきありっ」
りき(右)「し、しまった!」
おさよ(奥)「ヒャヒャまたやられとる」

さぁ、さくら登場!
さくら対おさよ。

0101osayogaugau.jpg
さくら(上)「こうしてくれる!」
おさよ(下)「うぬぬぬ」

りき対さくら~!

0122rikiokoru.jpg
さくら(上)「まいった?」
りき(下)「やめろよ~」(と一応怒ってみる)

最後は最も激しいぽんぽん対おさよ。
ここからは画像のみお楽しみください。

0329sya-.jpg
左:おさよ 右:ぽんぽん

0123aneimouto.jpg
左:ぽんぽん 右:おさよ

1112ikarinopon.jpg
左;さくら 中:ぽんぽん 右:おさよ
ぽんさよご両人、空を飛んでます

ほぼ毎日繰り広げられるバトルの数々。
さぁ、これからもどんな名場面が登場するでしょうか。

<追加>
本日3月30日朝の光景。

033rikiponkennka.jpg
左:ぽんぽん 右:おさよ

大して変わり映えもしませんが~。
こんな風に仲良く凶暴に(?)ケンカしていま~す。




スポンサーサイト



2007.03.28 草食み食みの謎
0329kusahamihami.jpg
まきばの食み食み光景
手前右:ぽんぽん 左:さくら 奥:りき

この頃まきばではふざけっこや追いかけっこが一段落すると、
柵の周辺にモコモコ生えている、ある特定の雑草をみんな盛んに食べています。
まきば内には他に、ハコベやペンペン草、カラスのエンドウなども生えていますが、
それらの草は見向きもしません。
この雑草を勝手に「食み食み草」と呼んでいます。
ワンコたちがこの草を食べている顔つきを見てみると結構楽しそうで、
なんだか一心不乱です。

0329mosyamosya2.jpg
さくら食み食み

0329mosyamosya.jpg
おさよ食み食み

そもそも、ワンコが何で草を食べたがるのか?
しつけの本やお医者さん、或いは諸先輩方のお話では、
「胸焼けのため」「虫がいるため」「胃腸の調子を整えるため」
「お腹にたまった毛を吐き戻すため(これはネコちゃんのことでは?)」
はたまた「ただ単に遊んでいるだけ」、、、。
諸説紛々ですね。
道散歩しているときも食べようとしますが、やはり闇雲に食べるのではなく、
箇所と種類が限定されています。
道散歩の場合は、例え害のない草でもこの季節は除草剤の危険もあるし、
他のワンコのウンピーから寄生虫の卵なんかが飛散してくっついている
可能性もあるので、できるだけグイッと引っ張って食べさせないようにはしていますが、
まきばの食み食み草はそういう心配はほとんどないので
(厳密に言えば農薬が風に乗って、ということも少しはあるかも、、、ですが)、
制限はしていません。
というか、まきばでは自由なので、草を抜いてしまわない限り制限のしようがな~い!

今日も偶然、除草剤散布光景に遭遇。
最近はあちこちで見かけます。
やっぱり風の具合ではかすかに臭います。いやだなぁ~。

0329jyosousagyou.jpg
あちらに見えまするは除草剤散布光景
作業中のおじちゃんと右手には農薬がたっぷり入った容器搭載の軽トラ
ワンコはおさよです

「犬には草を食べささんがいいよ」
という話は聞きますが、、、食べたがります~~、、。
草の種類によってはニラ系のものも普通に生えていますので、
ワンコにとっては体によくないものも確かにありますよね。
しつこいようですが、除草剤や寄生虫の心配もありますし、、。
なので、食べたがってもあまり歓迎はできなさそうですが、
生理的な欲求みたいなので少しはしょうがない感じ。
実際見ていたら、ものすごく大量には食べないようです。

0329syokuyoukusa.jpg
これが食み食み草だ
道で食べるのは細く長いのが多い

最近のわんこ日記の方にもチラリと書いたのとダブりますけれど、
一年中草を食べてはいるのですが、確かに春先から初夏にかけて、
特に盛んに食べているような気はします。
さくらが最もよく食べていますが、りきがこの季節、よくモシャモシャしています。
娘たちも少しは食べていますので、どうかしたらのどかな「牧場風景」になります。

0329rikiegao2.jpg
食み食み草に囲まれて笑顔のりき

試しに今日、ワタクシもこの草を食べてみました。
う~~ん、モシャモシャしてて、、、苦っ!!
お世辞にも美味しいとはいえませんな。
この苦味からして、やっぱり健胃作用のためなのかもしれませんね。
ワンコの胃酸は強烈だそうですし。

、、、よく考えてみると、りきがアットランダムにおっしっしーをかけ散らかしているけど、、、
アタクシの食べた葉っぱの辺りにももしかしたら~~、、、ゲゲ。

0329oshisshi-.jpg
りき「オレ様のおしっしーで食み食み草は育ったのさ」



2007.03.26 日保北九州展も大賑わい
0325kitakyuusyuuten.jpg
♂小型日保本部賞争い光景

先週に引続きまた行ってまいりました。
今日は我が家から最も近い北九州展です。
午前中お客さんがお見えのため、お昼休み前にやっと到着。
「もう昼休みだろうな~」と思って会場入りしたら、
♂の幼稚・幼犬賞争いがちょうどあっているところでした。

さくらの実家、Yさんの奥さんが引いていらしたこの幼稚犬。
りきとさくらの孫です!
ゲンちゃんと呼ばれていました。

0325gen2.jpg

いつもはサークルの中でお日様を浴びながら放し飼いだそう。
今日生まれて初めて引き綱をつけられて、
リングの中では飛んだり跳ねたり綱をガジガジしたり。
もうもう、か、、、かわいいーーっ!
口吻がぶっとくてなかなかやんちゃ坊主なお顔つきでしょ。
ただ、、、おさよみたいにおでこに「小」の字のシワシワが、、、。

0325gen5.jpg

おでこのシワさえ延びれば将来有望かも~!

さくらは生涯にたった一度展覧会を経験していますが、
りきには無縁の場。
成り行きではありますが無冠の家庭犬なのに孫まで設けて、
その孫が展覧会デビューまでして、、、
なんだか感激してしまいます。

見学のミニ・ピン君にニアミス!
「おまえは誰だ~!!」
なんでも初めての経験ね。
ゲンちゃんの未来が明るいものでありますように。

0325gen8.jpg


お昼の休憩明けに「参考犬」の紹介があっていました。
一昨年の全展で小型犬日本一・文部科学大臣賞受賞犬「達磨の誉錦」号。
その現場を目の当たりにしたワタクシ。
それはそれは輝くような威風堂々とした姿でしたが、、
今日も、なんとまぁ、、す、すばらしい!

0325homarenishiki.jpg

この美しさで、なんと8才です!
「このままリングに残ればそのまま本部賞でイケそう!」
などと外野から声がかかっておりました。
リングを下りた人垣の中でも、人懐こく気のよさそうな雰囲気。
悠々自適の生活なのでしょうな~

さてさて、こちらは貴重な有色紀州犬君。
聞けば、実に100年以上続く歴代猟一家の血筋だそうです。
実際にこのコも猟で使うとか。

0325yuusyokukisyuu2.jpg
性格はすごく穏やかな気立てのいいワンコです

こちらは白色紀州犬。
8カ月の♀。若犬の部で入賞したワンコだそうです。
こちらは猟には使わないということでした。

0325kisyuu.jpg


今日もたくさんの(出陳数130余頭)日本犬が張り切って出ていましたが、
目録を見ながら予想屋のように「ああでもないこうでもない」と
夢中になっているうちに、、、
写真撮る機会を失ってしまいました~!!!

ああ、でも色んな方とまたお会いできたし。
やっぱり楽しかったです!!
2007.03.24 一年前は秋田犬?
さよちゃん近影。
あいかわらず堂々としています。
飼い主が言うのもなんですが、、、とってもいいコです

0320sayookutsurogi.jpg
見るからに大物の風格

ちょうど1年前のおさよです。
おうちをはさんでお庭の反対側にあるぽんぽん用の犬舎にて。
主に夏に使用する別荘(?)です。

2006kosayo.jpg
小屋を使う練習をしていました
ムックムク~!!

このムックムク。
立ち姿はこんなでした!
「でぶよ」「ぶたよ」と口の悪いなおなおから、
ののしられてもいましたね~
「さよ、あきたいぬじゃないの?」なぁ~んて言われたり。

akitakensayo.jpg
気分いいお顔をしています

秋田犬といえば、、、
岩合光昭「ニッポンの子犬」卓上版カレンダー(平凡社刊)。
キッチンのカウンターに置いています。
で、今月3月がこれ。

0308akitakoinu.jpg
仔犬のときのおさよかと思っちゃった

こんなお顔で初めて見るちょうちょを追いかけてましたよ。
1年経つのは早いものですね。
ほんとに。
ほんとに。
今年の3月も、もうあっという間に終盤です。


2007.03.22 あの犬は今
「あの人は今」という、昔の話題の人を事後調査する
ミーハー的番組がありました。
この番組の説明欄に、「あの動物は今」というのがあるというので、
『もしかしたら、、』と、見ていましたら、、、
ややや、、、、やっぱり出ました!
あの「がけっぷち犬」です。
あの抽選会から2カ月。
「リンリン」と表札のかかった青い屋根の犬小屋をもらって、
子供たちにもかわいがられていました。
ちょっとおどおどしてはいましたが大きくなって人慣れもしています!
あの抽選会のとき、「犬を飼うのは初めて」、
「犬小屋も買うしお散歩にも連れていってあげたい」
という飼い主さんの発言に、
(だいじょうぶなの?)(あ、あたりまえでしょうが!)
と思われた方は多かったはず。
色んなところで不安や落胆の意見を見かけましたが、
この現状を見てなんだかほっとしました。
日本で最もよく見られるフツーの飼われ方です。
でも飼い主のご婦人がリンリンちゃんと接する様子は、
自然で温かいものでした。
決してぜいたくではありませんが、これを見てなおも
このコが可哀想だと思う方、、、やっぱりおられるのかな。
同じ抽選会のときにいっしょに出ていた姉妹犬とおぼしきワンコも、
当時はひとりも希望者がないということで心配だったのですが、
その後「サチ」(ユキだったっけ)と名づけられて貰い手が現れたそうです。

最後にリンリンちゃんが飼い主さんからお山の道を連れて行ってもらっていました。
(お散歩用のひものリードではないことがちょっと気になりましたけど)
見晴らしのいい小高い場所(崖の上のような所)の草むらにしばし憩って、
「やっぱり崖がお気に入りなのね」と思わせるのが番組の狙うオチのような感じでしたが、
リンリンちゃん、本当にあたかも里帰りしたようなしあわせそうな眼をしていました。


2007.03.20 動物列車に乗せてもらいました♪
最近お友達になってくださった河紫野さん。
こころがほのぼの~となる、
とってもすてきなイラストを書かれます。

その河紫野さんのブログに、
かわいい動物列車が走っていました。
『いいなぁ~』と思って何気なく、
「一番後ろにワタクシとうちの4ワンコの乗る車両がほしいです」
なんて図々しくコメントしていたら、、、
なんと本当に乗っけていただきました!!
ありがとうございます!

うれしいのでご紹介しま~す。
アニマルtrainその2の5両目に乗車しています。
ぜひ見てくださいねっ☆

コチラです♪♪♪  ラ♪ラ♪ラ♪KAWASHINO
(3月19日☆☆☆動物列車その2☆☆☆の記事です。)

お庭のリーダー・りきからもお礼を言いたいそうです。

0317ri-da-riki.jpg

「カワシノさん、オレらを乗っけてくれてありがとう!
いっしょに乗ってるゾウ君やらネコ君たちに、
ガウるのも忘れて楽しかったじぇ!」





2007.03.18 日保福岡展は大盛況
0318kumasantomisuzutyan.jpg

青空は広がっているけれど、まだまだ寒いこの日。
今季初めての見学となる日保福岡展に行ってまいりました。
河川敷なので川から渡って来る風が、うっ、さぶ~~。
うっかり鼻タレになるほど人には寒すぎたかも、、、ですが、
本日主役のワンコたちにはちょうどよかったかも。

あいかわらず大名出勤のように遅めの到着~!
目に飛び込んだのは、、、
おっ!?あれは、、、!!
きゃ~♪
犬馬鹿仲間かつ畏友香龍さんとご愛犬・伊佐蔵君の雄姿ではないの!!
お耳がちょい緊張気味ではあるものの、あっぱれな立ち込みです。
きりっといいお顔!
そして個体審査が終わったいっちゃんに近づくと、
んまぁ~すごくキレイな毛でした!
以前香龍さんが気にしておられた濃すぎる色も、
華麗なる変身を遂げていました。
しかもピカピカのツヤツヤです。
こうやってどんどん変わっていくもんなんですよね、う~む。
ただ触ろうとすると「ふっ!!」と体ごと抵抗するいっちゃん。
拝借したフードをあげるとそのときだけ一瞬なついてくれたかのようですが、、、
フードがなくなるとやっぱり「ふっ!!」とすかさず飛びのく!
「オバハン、あんた誰?」というような眼差しを向けてきます。
アヤシイものじゃないよ~!

0318isazokun.jpg
じゃ~ん!
見よ、いっちゃんのこのりりしさ!
香龍さんのハンドリングも、もうすっかりお手のもの。
「ま、こんなもんでしょ?」って感じの自然体(にワタクシには見えた)。
力んでないのが非常によいと思いましたわ。

さてさてこちらは幼稚犬♀の部のリング光景。
か、、、かっわいい~!!
でもこんなにちっちゃいのに、
いっちょ前にしっかり立ってるんですから。
えらいよね~。
アレ、ちょっと向きの違うコもいるけど、、、
ご愛嬌、ご愛嬌。

0318youchiken.jpg

ところが、歯を確認する場面で、、、
『ギャギャギャッ!!!』と殺されそうな声をあげて激しく抵抗。

0318iya.jpg

かなり手こずらせていましたが、かわいいもんだから、
みんな苦笑いで終始なごやか。
仔犬は魔物です。

そう、仔犬はかわいい魔物。
ほら~、このコたちはいかが?
見学?見せぶらかし?で連れてきてあった仔犬たちです。

0318kuroshibakoinu.jpg

0318akakoinu.jpg

同胎の3頭。黒♂♀、赤♂。
いろんな方が入れ替わり立ち代り見にこられ、
皆さんから超絶賛の粒揃い3頭です。
とっても大人しいコたちでした。

0318koinu2hiki.jpg

まだ生まれて40数日。
これからの展覧会犬人生がこのあどけない姿に
待ち受けているんですね。
幼いながらもつぶらな眼から鋭い光が。
がんばれよっ!!

こちらは、他称「森の熊さん」のご愛犬の仔犬ちゃん♀。
まだ耳がしっかり立ってないのがまたあどけない。
見るからに可愛いお顔は気立てもすこぶるよさそう。

0318kumakoinumesu.jpg

左に見えまするは香龍さんの美しい御手でございます。

この男らしい仔犬♂も「森の熊さん」所有。

0318sakuratyannokoinu.jpg

なんと昨年の春の福岡展で仔犬だった「さくらちゃん」がお母さん。
わんこの世界の時間の速さにはめまいがしそう。

大きくなったら↓のような感じになるのでは?
うっ、かっこいい!
これも「森の熊さん」の♂ワンコです。

0318osubiken.jpg


外にも片っ端から男前ワンコを撮ってみました。
(というか実はジャンジャカ撮ってちゃんと撮れたのだけですが、、)

0318osubiken2.jpg
知らないワンちゃん

0318osubiken3.jpg
知らないワンちゃんpart2

0318wakanamisou.jpg
知らないワンちゃんpart3
こんなに勝手に撮っていいのだろうか、、、汗

こちらが「森の熊さん」ちのニューホープのアップ(↑の4つ前のワンコ)。
若2組。少年から青年へなったばかりといったところでしょうか。
笑顔がまぶしいっ!
実はたいへんなやんちゃさん。
飛んだり跳ねたり、ちっともじっとしてくれないのですが、
リングへ入るとそれなりに落ち着くのはさすがです。

0318bungonosouta.jpg


そしてここにも野性味あふるる男らしいワンコが、、、
あっ、なぜに車の中で立ち込んでいるのか???

matsuinu.jpg

へへ~、香龍さんが荷物を取ってくるのを待ついっちゃんでした。
鼻を鳴らすでもなく、ジタバタするのでもなく、
ちょっぴり心配ながらも飼い主さんが去った方向にピタッと向いて、
ひたすら待つ健気な姿に思わずパチリ。
なお展覧会広しと言えど、車の助手席でドライブボックスに入って
会場入りしたワンコはいっちゃんだけでしょうね^0^
お疲れさまでした!

大変な数(170数頭とか)の出陳頭数で大盛会の福岡展。
またたくさんの柴犬に出会えました。
2007.03.16 学位授与式
今日は赤毛の娘(人間の方)の学位授与式でした。なおなお妹です。
よ、、、よかった~~~、、、、。
このお嬢さんはいわゆる超右脳系でありまして、、、色々武勇伝もあり、
いやはや感慨もひとしお。

0316norisotsugyou.jpg
成人式のときの着物に今回は自分で選んできた袴姿で

0316sotsugyousakuhinn2.jpg
卒業作品です~卒業作品集より
「載せてもいい?」って聞くと「ええよ~」と快諾
でも出来はすこぶる悪いそうで、、、
左下に赤いどんぐり頭がチラリ

謝恩会も果ててうちで着物を抜き捨てた後、
なおなおの待つアパートへ帰って行きました。
帰る前、ワタクシがワンコに晩ご飯をあげる前に、
ひとしきりワンコを構ってあげていました。

aoipon.jpg
なおなお妹作「青い犬」
独特で不思議な雰囲気 
かなり前のお遊びの絵ですが
モデルはぽんぽんだそう

ワンたちはこのなおなお妹が大のお気に入り。
さみしくなるよね~。
ワンコといっしょにないちゃおう。
うぉぉぉ~~ん。

2007.03.13 わんこ模様のスープカップ
wancup.jpg


んんん、、、
ちょっと見えづらいでしょうか?
このスープカップの側面中央に柴犬風の犬の立ち姿が。

これはこの間うちにお泊りになったなおなおのお友達の作品。
このカップは新生活を始めるなおなおが、
「たっぷりのカフェオーレが飲めるカップが欲しい」
と注文して作っていただきました。
カフェオーレをこれでいただくとそれだけでお腹いっぱいになりそうやね。
シチューなんかのご馳走スープでも十分いけそうなたっぷりの大きさ。
ちなみに柴犬の模様はなおなおのオリジナルデザインだそうです。

もちろん、これを目の当たりにしてはワタクシが黙っているはずありませぬ。
「ア、、、アタシにも作って~~!!」
とお願いしました。
他にお座りした姿とか、バラエティにするのもいいな。
ワンコ部分のデザインはあくまでもなおなお頼みなんですって。
さぁさぁ、それではなおなおのお尻を叩くとしますか。

というか、、、実はなおなおさん、インフルエンザで今うちに寝ています、、およよ~




2007.03.11 菱形ファミリー
ちょっぴり寒いけどお天気なのでお庭でくつろぐ4ワンコ。
しみじみ見るとみんな冬の間によくもここまでお顔が菱形になったもんだ。
自分の体で防寒(になっているのか?)って、たいしたもんです。

0311rikiomen.jpg
上左:りき 右:おさよ 下:さくら
りきなんて側面から見たらお面かぶってるみたいだ

こうやって見ると、、、やっぱり。

0311rikihisugata.jpg
ドッシリ

さっちゃんもいつのまにかしっかりムクムク。

0311sakurahishigata.jpg
うふふ

ぽんぽんも気がつけばこんなにムクリ。ちょっとたるんでる?

0310ponhishigata.jpg
だり~ん

おさよもいっちょ前の菱形でしょ?

0311otayohishigata.jpg
エヘへ♪

でも、体は早くも脱ぐ気配が。
この菱形がスッキリと消えたとき、季節は確実に変わっています。




2007.03.09 デスクトップはもちろんワンコ☆


0309desukutop.jpg
今日現在のmyパソ・デスクトップ状態

きゃ~!この鼻デカワンコはだれでしょう??


これがアップ。
目が、、、ちっこい~!

0309ponponup.jpg
ぽんぽん「アタイだよ。なんか文句ある?」

ちょっと憮然としたぽんぽんでした。
お目目の形が「しばわんこ和のこころ」のしばわんこにちょっぴり似ているような。
著作権が厳しいのでここに参照はできましぇ~んが。

ワンコ好きの方のパソコンでデスクトップがワンコでない方は少ないのでは?
携帯の待ち受けも大体そうですよね



2007.03.07 おさよ十八・番茶も出ばな
0307gtomeosayo.jpg
こうしてみるとすっかり柴娘のおさよ

おさよ18というのは、もちろん人年齢に換算してのことですが、、、
今1才4カ月ですから大体その位ですね。
そういう暗示もあるのかもしれませんが、最近ぐっと娘さんらしくなったおさよ。
とっても気分のいいヤツ。
「あ~う~」と隅っこの自分をアピールして知らせる。
そこで「おさよ!」と声を掛けられると、
ニパッ!!とうれしそうに笑います。
体格もすごくスマートでスポーティーです。
被毛も1頭引きのとき「どういう手入れをされているのですか?」などと、
ニューさくらちゃんの飼い主さんから言われたほど。
なぁんもやってませんけどネ。

でも、、、。

おでこの「小」の字のしわしわ。
随分目立たなくなったとはいえ、やっぱりあります。

0206rikisayo.jpg
左:おさよ 右:りき
~おさよのおでこに「小の字」がクッキリ

愛犬の友社刊「柴犬」という書物では、展覧会的観点から柴犬の各部位を
容赦なく批評する章があるのですが、額のシワについては、
「皮膚がゆるい証拠」だそうで良くは書かれていませんけどね、、、

いいんだもんね~。
なにか生きていく上で支障があるわけではなし。
これも個性ですから。

なおなおが最近、
「遠山の金さんが『金の字』って呼ばれてたみたいに、
おさよも『小の字』って呼ぼうや」
などと訳のわからないことを言い出して、
「おいっ、小の字~!」と、おさよを呼んだりしているのですが、
おさよは何のことやらわからずきょとんとしております。
そりゃあ、無理もないよね。

では、この間まきばでなおなおと作った替え歌、
題して「小の字の歌」を「しょじょじの庭」の節でどうぞ。
※しょじょじ=證誠寺(千葉県木更津市/浄土真宗)だそうです。

原曲「しょじょじの庭」

♪しょう しょう しょうじょうじ
 しょうじょうじの 庭は
 つ つ 月夜だ
 みんな出て こいこいこい
 
 おいらのともだちゃ 
 ぽんぽこぽんの ぽんぽん ♪

 
♪小 小 小の字
 小の字のシワが
 お お おさよの
 おでこにゃ あるよ

 おさよのねえちゃんは
 ぽん~ぽん ぽんぽん ♪

ふぁ、、、
前半部分と後半部分の脈絡については、
大目にみていただくということで、、、

ちょ、ちょっと!
あきれてここを閉じないでくださいまし~。




2007.03.06 犬バカ主婦の「嗚呼花粉症」
今年の花粉症は本格的である。
暖かくなるのが早かったので始まりも当然早かった。
何の自慢にもならないが、私の花粉症は「花粉症」と言う名称が
まだ世に広まる前から始まった。
なおなおが生まれてからすぐのことなのでもうかれこれ23~4年はなる。
しかも当時から職場では私の他にもヒドい症状の先輩が居た。
その先輩は専ら目のかゆみで、「目玉を取り出してジャブジャブ洗いたい!!」と
おっしゃっていた。
私はハックション専門で、ひとたびくしゃみを催すと「ハ、、、ハ、、、ハ、、、」と、
必ず予告がある。
これが始まると周囲の者はおっと身構え、たびたび業務を中断させたものだ。
私のくしゃみは年を追うごとにバージョンアップしていき、
最盛期(?)には全長50mはあるフロアーの左端で私がクシャミすると、
真反対の右端にあった部長室から、部長が、
「今のは一体何だ?!」と飛び出してきたりした。
「ハクション大魔王」という、まさにそのもののあだ名も頂戴した。
今でこそ、最盛期ほどの馬力はないが結構バカでかいくしゃみが出る。
運転中でもお構いなしだから、「ハ、、、ハ、、、」の後は一瞬、
ハンドルがぶれることがありちょっと危ない。

もちろんワンコを遊ばせるまきばでも容赦なく爆弾クシャミは炸裂するが、
ワンコたちは意外にまったく平気にしているのがとっても不思議。
リビングでもさっちゃんが桶ベッドに丸まって寝ているところへ、
先ほどから「へックショイ!!」を連発しているのだが、
さっちゃんときたら微動だにせず眠り入っている。
このように耳敏いお犬は、むやみやたらと大きな音に反応するのではなく、
ちゃんと即座に聞き分けているようだ。
なかなかヤルものである。
というわけで、ワンコの前でも遠慮なく大音響のクシャミを連発させてもらっている。

昨年から家族の中でも、おとん、なおなおと2人がめでたく花粉症仲間となった。
ネットを拝見しているとワンコ友達の方もたくさん花粉症のお仲間のようで、
まったくもって心強いばかりである。

帽子をま深にかぶりマスクをしながらワンコのお散歩に繰り出している
全国の花粉症の方々にエールを送りつつ、今日もその姿でワタクシもがんばろっと。



2007.03.02 柴ひな祭り
0228shibahina.jpg
柴雛さま

以前のワンコクイズ覇者・犬一さんから
こんなかわいいお雛様のイラストが送られてきました。
お内裏様にお雛様。
ん??2人官女??
ということで、うちの柴ファミリーのお雛段になっています。
中央のお供えものは骨、
左右のお花は桃の花ならぬ「えのころ草」です。
さて、誰がどのキャラかわかりますかな?

昨年の桃の節句はバンダナでおしゃれをして、
生き雛さまを楽しんだのですが、、、
今年りきとさくらは離れ離れのおひなさまです。

犬一さん、どうもありがとうございました!
大切に飾らせていただきます。