FC2ブログ
2006.06.08 家相と犬
「わが庵(いほ)は都の巽(たつみ)しかぞ住む世をうぢ山と人はいふなり」(喜撰法師)
歌の内容とは全然関係ありませんが、この「巽」の方向(=南東)が今のところうちの4ワンコの常駐場所となっています。
春秋の気候のいい頃は、おじいちゃんもわざわざここの廊下で昼食後にお昼寝するほどの気持ちのいい憩いの場です(ワンコたちの抜け毛や足跡でちょこっとばっちいんですけどね)。

普段は何も気にしていませんが、いざ家を新築するときや家族に立て続けに不幸な出来事が起こったときなどは家の家相が俄かに気になったりするものですね。
以前ある理由があって特別なお祓いをしていただきました。
そのとき祈祷師(犬神家の一族みたいですね)の方が家の色々な場所を羅針盤を持ちながら、
「犬は鬼門にはかかっていないのでいいでしょう」
とおっしゃっていました。
そして、
「表鬼門・裏鬼門とありますが、要するに太陽が当たらなかったり当たりすぎたりする方角が、人でも犬でも生き物には良くないということなんですよ」
と、合理的なことをおっしゃっていたのにはちょっと納得。
なので、こういう所にどうしてもお手洗いなどを作らざるをえないときは、温度に気をつけるようにということでした。それと、青い葉をつけた植物を置くようにとも。青い葉で浄化作用を期待するということなのでしょうか、、、。
ともあれ、4ワンコがいつも居る場所は概ねこのコたちの健康にはよさそうです。

とはいえ、本日九州北部は梅雨入りしたようですが、この「巽」の方向も梅雨明けには午前中は暑くなりすぎて居られなくなります。
ですので、ワンコたちは午後4時過ぎまでお庭の裏手の比較的涼しいところへ避暑することになります。
昨年も書いていますが、昔の家は風の通り道をよく考えて作ってありますのでりきの定位置から裏へ回る庭は、夏になるとびっくりするほど風が抜けて涼しいのです。ここは「鬼門」の境界ぎりぎり。
さっちゃんの避暑地になることでしょう。さくらを遠ざけるとりきがふてくされますのでね。
外飼いのワンコは柴ネットの世界では少数派ですが、外ワンコよ、この夏もうまく乗り切ろうね~!
ま、うちの場合めったに冷房は入れませんので、ほとんど内と外、変わらないです、、、。

amenohinofufutosayo.jpg
「わが家は田舎の片隅4柴住むようやるばいと人はいうなり」
~冒頭の和歌のパロディーであります
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://hiroko662000.blog9.fc2.com/tb.php/136-1160f018