FC2ブログ
2006.07.23 災害と犬
今年も全国各地が大変な水害に見舞われました。
ここのところ毎年毎年、必ずといっていいほどこのような状況が続いています。
直近の被害のニュースでは、鹿児島県出水市の都市型水害の映像が映し出されていました。
もはや大河と化した都市部の家屋から、お年寄りたちが命からがらボートに乗り込んでいる痛ましいものですが、このボートには1頭のビーグル系のワンコの姿もありました。
一瞬「ノアの箱舟」を思い出させる映像でした。
また次の映像では、土石流で壊滅的になった集落の中を被害に遭って取り残された人がいないかどうかを探している救助隊の姿が流れていました。ここでは2頭の黒ラブの災害救助犬が伴われています。

このようにひとたび天災が発生すれば、救助される人々また救助する人々のはざまに数々の犬の姿があります。
友として又なくてはならぬパートナーとして、人間社会に融け込んでいる姿があります。
そしてもちろん犠牲者の中には報道されることなくひっそりと命を失くした犬たちもたくさんいることでしょう。

被害に遭われ亡くなられた方々、そして犬たちのご冥福をこころより願って止みません。

スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://hiroko662000.blog9.fc2.com/tb.php/166-e3d97952