FC2ブログ
2006.09.04 帰ってきたこりき
心苦しくも皆さんに隠しておりました。
実は先月末、雷が怪しく鳴り響く早朝に、
りきとさくらの最初の子供である「こりき」(2才11カ月)が、
おうちから首輪をつけたまま姿を消しました。
発情期のメスの匂いに誘われてということもありますけれど、
りきの尋常ではない怖がり様を考えると、やはり雷かな、、とも
思いますが原因ははっきりとは不明です。

一両日以上経ってこの事実を知り、愕然、、、
茫然自失状態でした。
おうちではほどなく帰ってくるのではないかと思われていたのですが、
「ともかく環境事務所や公的機関に連絡を取った方がいいです」
と進言しました。
その処置はすぐにとられました。
次の日からリードを持って、四六時中とはいきませんが、
用事のある以外は、午後から暇を見つけては車で捜索です。
おうちでもずいぶんと捜されたようです。
しかし捜し回るだけでは、やっぱり雲を掴むような話です。
幸いこの田舎では「オフトーク」という有線の情報網があり、
それを聞きつけた方からも、また環境事務所からも
何件か迷い犬の連絡があったそうですが、すべてメス。
私の判断では、放浪中が60%、保護が20%、捕獲が10%、そして事故10%でした。
捕獲・事故ならば公機関から連絡が入るはず。
日にちが経過しすぎれば行動範囲が広がり、
ますます見つけにくくなってしまう、、、
こうなったらチラシを作ろう!と用意しかけた矢先でした。

今日のお昼過ぎ、
「こりきが見つかったよ!」
とお義姉さんから明るい声で電話が!

よ、よかったぁぁぁ~~~、、、

自宅から約3㎞離れたインターの近くのお宅が保護してくださっていたそうです。
そのお宅が役所へ連絡してくださったそうで、、、
田舎の強みというか、いい方から保護されて本当に良かった。
ラッキーでした。
そのお宅にも柴犬がいるそうで、ワンコの扱いにも慣れておられただろうし、
こりき本人もフレンドリーなとてもいいコなので、すんなりと保護されたのでしょう。
お義姉さんが引き取りにいかれたら大変な喜びようだったそうです。
思いの外汚れもやつれもなく、元気だったということでした。
ワンコは3日間ご飯を食べなくても水だけでまったく平気とも聞きますが、
本当に結構タフなんですね。
ともかく、、、よかった!!

貰われたときからずっと一緒に暮らしているコロちゃん(8才)が、
<注:いつもノーリードのコロばあさんではありません>
心配のあまり元気がなくなってしまい、3日間散歩に行こうとしなかったとか。
ワンコってこうやってとてもナイーブで、それがまたホロリとさせられます。

先ほど買い物の帰りにおやつを持って、こりきの顔を見てきました。
今はすっかり夏毛で、ほっそり美少年のこりき。
お耳ペッタンで出迎えてくれました。
写真がなくてスミマセン、、、
でも元気そう!
またまた、、、よかった~!!

コロちゃんとこりきには迷子札をプレゼントしようと心に決めました。

※出だし付近で、ちょっとドキドキさせてしまいましたね。
結果オーライなので時系列的に書かせていただきました。
ご心配をおかけしてごめんなさい。





スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://hiroko662000.blog9.fc2.com/tb.php/189-e06dd8e0