FC2ブログ
2005.08.02 不思議シリーズ:さくらの場合
さっちゃんが我が家に来て早や2年2カ月が経ちました。今や4才5カ月になるさっちゃんの犬生の、ほぼ半分をこのお庭で過ごしたことになります。
我が家に来るまでは、セミブリーダーさんのところで6~7頭の中の1頭として、さながら「集団合宿」のような生活を送っていました。性格の良さは元の飼い主さんも奥さんも、「この子は大人しくて従順ですけど、芯はしっかりしていて秘めたる強さを持っています。」とお墨付きでした。その秘めたる強さが最近とみに見え隠れするさっちゃんです。そして、謎の行動が最も多いのです。

その1 「お散歩に行こう!」と廊下から呼びかけました。
    やにわに立ち上がるワン達。りきとぽんぽんは静かに
     ソワソワ喜んでいますが、さくらだけは「ヒ~ヒ~!!
    ワンッワンッ!ヒ~!」と全身で取り乱すのです。
    普段はきりっとお澄まししているのに。
    どうやら「実家」にいるときに、飼い主さんが散歩の
    ため姿を現すと、ケージのワン達がいっせいに
    喜びの声を上げていた習慣がそのまま身についている
    のでは、と推測しています。

その2 お散歩中のこと。りきがウンウンの体制に入りました。
    さっとりきの後ろに回り込んで、全身を緊張で震わせながら
    りきのお尻に集中するさくら。自分から激しく砂かけまで
    しています。ウンウン後にりきが蹴上げる砂や草をまともに
    浴びたり、アライグマの風太みたいに立って、砂の行方を
    見ます。
    りきはさくらのおしっしーは好きだけど、ウンウンはまるで
    「他人」の素振り。
    逆にさくらも、りきのおしっしーにはまったく関心が
    ありません。犬の砂かけ行動はマーキングの強調であると
    いう説があるし、野生の狼もするそうですが、りきに
    縄張りをはられることに対する防御なのかな?とも思うけど、
    おしっしーの無関心の方が説明がつかないです。

その3 またまたお散歩中。散歩も後半戦に入り、3ワンの歩みも
    最初の勢いがなくなってきました。
    すると、突然さくらがりきの腰にマウンティング!
    小さい体が、でぶりきに乗っかかる姿は何か変~~!
    この時のさくらの顔はちょっと悪人づらをしています。
    「この3ワンの真のリーダーは、このさくらさまなのよ!
    覚えときなさ~い!」って言ってるみたい。
    りきは、さくらがふざけかかってくれたのかと思ったのか、
    うれしそーな顔つきで途端にじゃれ始めます。
    こうなると真似っこぽんぽんが2頭の中に突入して、
    俄かに乱戦状態になるので、さくらがりきに乗るのを
    とにかく阻止しますが、しつこく挑戦するんだよなぁ、
    なぜか。

その4 よく聞く話ですが・・・。炎天下に「さぞ暑かろう~」と
    見に行くと、りきとぽんぽんはしっかり縁の下に
    避暑してるのに、さくらは、お日様ギラギラのお庭の
    真ん中で、ハァハァ言いながらジッ~と座っています!
    いくら忍耐強いっていっても、な、なに自分を
    イジメているの~~!

その5 さっちゃんのお得意、地面スリスリ。
    臭いものを発見するとスリスリして臭いをわがものに
    しようとしているってのは、なんとな~く
    わかるんですが、じゃあ何の意味があるんでしょう。
    他の2頭は全然しません。
    一番ひどかったのは以前プチ逃走したときに、
    コンポスター(生ごみ処理器」の移設跡にスリスリ~!
    鼻が曲がるような生ごみの発酵臭がまとわりついて、
    洗っても一週間は取れませんでした。





スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://hiroko662000.blog9.fc2.com/tb.php/19-b5ece5d8