FC2ブログ
2006.10.01 今期初の展覧会見学です~日保北九州展へ
1001kitakyuusyuu2.jpg
雌壮犬組第2次審査風景です~いずれ劣らぬ美犬揃い

ついこの間まで秋日和が長らく続いていたというのに、この期に及んでこのお天気はどーよ、、、?
とでも言いたくなるような、グズグズした空模様を気にしつつ、いざ会場の香月中央公園へ。
初めのうちはチラッとぱらついたものの最後まで何とか持ちました。
ワンコたちには眩しくもなく、ちょっぴり肌寒い気温も返ってちょうどよかったのかも知れませんね。

しかし出陳頭数130数頭!う~ん、いつも盛会の北九州展らしい!
個体検査の小型犬・雌若2組のリングから拝見しました(実はまたまたちょっと遅刻しましたので、、)。
ひと際きりりとしたワンコのところで、審査員の先生、ひとしきりそのコを眺めておられましたが、、、
そのコが立ち去ると、なんと記録票にグリグリ大きな丸をつけておられる!!
そのコは午後の2審(比較審査)で1席でした。やっぱりね~、、、。
1審である程度目星をつけていないことには、とても時間内に結審なんて無理そうですもん。
でも、あまりにもあからさまなグリグリだったので、なんだか笑えました。

さてこちらのりりしい立ちこみ姿は、北九州支部幹部・K氏作出の雌・若2犬です。
スレンダーでシャープな体躯に角度いい耳、雌らしい凛とした顔貌。
スタンダードな美犬ですね~!3席に入賞です。
毛吹きが十分ならもっと上位もいけたのでは、、、。

kuboyamashisakusyutsuken.jpg


そしてこちらは福岡支部の重鎮・K氏作出の雌・壮犬。
堂々2席入賞!
壮犬ともなると、大人びて力強さも伝わってきますね。

kuboyamaken.jpg

☆なお、畏友・香龍氏のご指摘により、ワタクシ記憶がごちゃ混ぜになってしまい、
↑のワンコさんたちを取り違えておりました、、、
至急訂正し補足しております。


犬の展覧会が人間の「ミスユニバース大会」などと決定的に違うのは、人の場合、個体そのものの美を競うことで完結するのに対し、ワンコではいかに「日本犬標準」にかなった、よりよき個体を生み出す能力を備えているかということ。展覧会見学を重ねるうちにその辺はハッキリ見えてきました。
「展覧会なんてうちの愛犬には全然関係ない話」と、何の興味もお持ちでない方もおられるでしょうが、いわゆる「ご親戚探し」でもわかるように、たいていのワンコには必ずといっていいほど、数代さかのぼれば展覧会で上位入賞したワンコの血が脈々と流れています。
こうやって認められたワンコたちが子孫を多く残すことによって、日本犬の水準は一定に保たれ、後世につながっていくのですね。
世の中には「純血種にこだわるから色んな問題が起こるんだ!」と、「純血種無用論」のような極端な論議もあります。
でもでもご存知のように、戦前、いわゆる日本犬が交雑し絶滅の危機に瀕した時、まさに「日本犬を保存するため」に有志が立ち上がって日保を結成したその熱意が、今日のまったりお気楽に暮らしているうちのワンコたちやお友達の柴ワンコたちの日本犬らしさをキープしてくれている。
展覧会を見学に行くと、いつもこの事実を改めて再認識させられます。
出陳している人々の思惑はいろんなものがあることでしょうけれど、ワタクシ自身は、これは素直に日保の(もちろんJKCや他団体もあるわけですが)功績として感謝し称えたいと思うのです。

またまた雌ワンコばかりになりますが、、、
福岡支部最長老の中のおひとりF氏所有の黒柴雌・成犬。
今回日保本部賞をゲットし、6本本部賞取得の完成犬となった「若小町号」です。
遠目から見ても近づいてもまぶしいようなオーラが、、、!
美しすぎる、、、。

wakakomachi.jpg

ただ単に見た目がきれいなだけではなくて、なにしろ3才という若さなのに落ち着いていて性格も超よさそう。
審査後、審査員さんが頭を撫で撫でしたりで、、、その気持ちわかるわ~。
なんとも種を超えた魅力が満ち溢れている美犬でありました。
完成犬ですのでもう地方展は卒業ですが、これからは全国展で活躍してくれることでしょう。
飼い主さんは80代半ばでいらっしゃいますが、「今年の長野の全展は無理だけど来年の熊本は、、、」と意欲を見せておられました。
ワンコが人生の目標となって、イコール「元気の秘訣」なのですね。
いつまでも健康でお元気なハンドリングを見せていただきたいものです。

会場にはいつもの元気そうな顔ぶれがずら~り。
「こんにちは!」「この間はどうも!」と、ワタクシも気がつけば顔見知りがずいぶんと多くなって、、、。
純粋な(?)見学は珍しいので「相当犬馬鹿」と思われているらしいですわ、、、
ま、そのとおりですけどネ。
お昼からは高速道を降り損ねて延々1時間さまよって見えた犬馬鹿仲間の香龍さんが到着~!
今回はおひとりでワタクシと同じ見学組です。
で、いっしょに出陳ワンコを見ながら「あーでもないこーでもない」。
こういう柴ネットでお知り合いになったお友達とあれこれお話しながらの見学もなんともまた楽しからずや!!


さてさてこちらは、北九州展の、まさにこの会場で顔見知りになったコロちゃん母娘。
いつもいつもお互いに見学しているのを意識していたので、コロちゃんたちの話題から、
飼い主さんともすんなりと自然にお話するようになりました。

1001korooyako.jpg
左がお母さんのコロちゃん、右が娘のこころちゃんです

うちのワンコたちと同じく完全な家庭犬。同じお気楽ムードが漂っております。
ちょっとふっくら気味のすごくかわいくていいコたちです。
こうやって、ワンコの見学も心なしか多いのが北九州展の特徴ですね。
北九州展の会場は近いし、よくさくらの元飼い主さんも見えるから(今回も夫婦でお見えでした)、
うちもいつかさっちゃんを連れて見学に来ようかな。
(あ~、、りきはガウガウ展覧会をじゃましそうだし、訓練したとはいえぽんぽんもね~。
さよは、、、トレーニング後でしょうなぁ~)
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://hiroko662000.blog9.fc2.com/tb.php/197-41b5a2b7