FC2ブログ
2006.10.17 犬バカ主婦のカラオケ三昧
娘のなおなおが職場旅行で歌を歌わされるので、
「練習に行かにゃならん」と言う。
で、夜も9時近くなってカラオケボックスへ。
スポンサーは私、、とほほ~。
とはいえ、カラオケもたまにはいいわね。

ここは元を取らにゃあ損損とばかり、
娘が歌い、私が歌い、、と交代で争うがごとく歌いまくり。
最初は今風の歌を歌っている娘。
精一杯最近の歌を歌う私(それでもせいぜい5年前位までが限度)。
、、、これが不思議とだんだん時代を遡って、、、
私だけではなくて娘もどんどんタイムトリップ。
最初は、すでに名前すらおぼえれないような「あーてぃすと」のだの、
「椎名林檎」だのだったのが、「AIKO」へ飛び「森高千里」へ飛び、、、
はぁっ?「東京ドドンパ娘」???
一体いつおぼえたん?
娘だってこうだから、私の方は押して測るべし。
「山口百恵」など高校時代も通り過ぎて。
「都はるみ」だ「島倉千代子」だ、、、?
、、、さすがに「神楽坂はん子」までは行かない。

しかし歌謡曲というものは、「時代」の一端を如実に現しているわぁ。
娘が歌った森高千里の「渡良瀬橋」という歌。
私はあんまり知らん歌で初めて聴いたけど、
歌の主人公は公衆電話を利用しようとしてる!
携帯電話が普及してない時代なのよね。
「そんなヒロシに騙されて」なんて、
「ジュークボックス鳴り続けてる」んだから!
今の若いコたちにとっては私ら世代にとっての「蓄音機」的感覚?
もはや前世紀の遺物やね。
いや、私じゃなくて「ジュークボックス」がですよん、、。

ま、なんとなく時代に置いてけぼり気味な私。
娘もなんでか古~いものを好むちょっと変わり者だし。
第一おうちの造りも古~くて、壁が極端に少なくアッパッパ~と開放的(過ぎる)。
なので、ワンコどもも古典的な飼い方でヒモにつないで飼わないと、
安全が確保できないのは仕方ない。
せめて日当たりのいい廊下において、半露天風呂みたいに
屋根が中途半端についてる空間での暮らしぶり。
今どきのワンコネットのワンちゃんたちは、
お部屋の中で優雅に暮らせていいなぁって思う。

おうちに帰って廊下に行くと、朝方と寝る前に特に快調な
おさよの「ア~ウ~節」が始まった。
アカペラであ~う~あ~う~。
いつもおさよが「うまいうまい!」と絶賛されているのを
目の当たりにして触発されてか、この頃はなんと、
りきもさくらもときどきやりだした。
(ぽんぽんだけがひとり寡黙ですが)
廊下でずらり並んであっちであ~う~、こっちであ~う~。

うちはヒトもワンコも歌好きみたいね^0^
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://hiroko662000.blog9.fc2.com/tb.php/206-b2d47e6c