FC2ブログ
2006.12.25 クリスマスの思い出
クリスマスも子供が小さなときは、
親までずいぶんはしゃいだものでした。
その頃は気合いを入れてずいぶんと早くから
クリスマスプレゼントを用意したものです。

なおなおが幼稚園の年長さんぐらいだったでしょうか。
その年のクリスマスプレゼントは
すでにワンコ大好きだった娘達のために、
耳垂れ犬の大きなぬいぐるみでした。
商店街をずいぶんとまわって、「ともや玩具店」という
老舗の大きなおもちゃ屋さんでやっと見つけたものでした。
ささやかなご馳走の宴が終わっていよいよケーキの登場。
ここで最大に盛り上がるのがクリスマスプレゼントです。
思いがけない大きな包みに目をキラキラさせて喜ぶ娘達。
でもここでなおなおがハタと不思議そうな顔をしました。
「どしたん?」
と尋ねると、
「サンタさんて外国のひとよね?」
というのです。
??と思って、
「そうやけど、、、なんで~?」
すると娘、
「外国からのプレゼントなんに、
なんで紙に漢字が書いちゃあと?」

、、、ひえ~~~っ!
す、するどい!!

確かに包装紙には「ともや玩具店」の名前がバッチリと
刷り込まれておりました。
この言い訳に何と言ったか、もはや覚えてはいないのですが、
娘にしたらその疑問も大したことはなかったようで、
早々に疑惑の包装紙はバリバリと開けられて、
中から出てきた大きなワンコのぬいぐるみに
歓声をあげ、もう夢中になっておりました。
「ペロちゃん」と名付けられたそのぬいぐるみは、
後日頭に謎の色やけを負いましたが長くかわいがられました。
今はさすがに寵愛の第一線からは遠のいたものの、
まだ家の中に保管されています。

娘のこの子供らしからぬ鋭さに将来を嘱望したものですが、
ちょっと変わったオトナになったようで、、、
今の主張は、
「うちは浄土真宗なんやからクリスマスやら関係ない。
お釈迦様の聖誕祭の『花祭り』を盛大に祝おう!」
というものです。
クリスマスを共に過ごしてくれるヒトがいないから、、、
い、いやいや~ごもっともで、、、!




スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://hiroko662000.blog9.fc2.com/tb.php/245-7ada77be