FC2ブログ
2006.10.24 秘蔵品展・秋の大公開
さてさて、文化の日も間近。
各地で文化祭、芸術祭が目白押しですね。
奈良では東大寺正倉院展も始まりました。
かねてよりいろんなサイトで、お犬様方の卓越したワザを駆使した
芸術作品をよくお見かけしますが、、、
うちでもまぁ~、数々のあきれ果てたすばらしい作品に、
毎度怒りを通り越して楽し、、ませていただいております。
このゲージュツの秋に世の中の流れに便乗して、
拙宅のお宝を少々お披露目いたしましょう。

まずは初心者さよ作。
部屋飼いのワンコではスリッパがよく獲物素材に。
でも、外飼いの新進気鋭の作者は外履きのゾウリに着目しました。
「あたくしどもは『和のこころ』を大切にしておりますので、
素材も和風にしてみました。」
と鼻息も荒い作者の弁であります。
ちなみにこのゾウリの所有者はおとん。
愛用品のこの変わり果てた姿を目の当たりにした所有者本人は
「さよの牙を抜いてやる~!!」と怒りまくっておりましたけども。
初心者にしてはまずまずの出来栄えといったところでしょうか。

20061022232823.jpg
おとんへ愛を込めて 「I'mゾーリー」 byさよ 
うわっ!おとん的オヤジギャグ!引かないで~ 

まだ原型を留めているあたり、作者の若メスらしい
奥ゆかしささえ感じられますね。

これもさよ作。いたずら娘・さよらしい破壊の仕方です。

1025nuigurumi.jpg
「超ド級熱烈キッスのそのあとは」

キスと見せかけてぬいぐるみを油断させて、、、
お口を食い破ったんですね~。
彼の表情、「なんてこった~い!!」と抗議しているようです。

つづきまして多頭飼いならではの貴重な共同作品。
三方あるいは四方から力任せに引き合った絶妙の裂け具合に、
巧まざる匠のワザを感じさせる作品です。
野外(まきば)での作品づくりはかなりの製作日数を費やし、、、
ついにここまで繊細な究極の形に仕上がりました。

1020w2.jpg
「Wの悲劇」

右隣が昔の姿。もともとバウンドボールのよだれ拭きのタオルでした。
有り体にいえば、白いタオルの成れの果てということですね。
ちなみに長さはタオルの長辺の1.2倍ほどあります。
ディスプレイ上は「わ~お!」と驚いているような形にアレンジしてみました。
なつかしきカモメ眉のようにも見えます。

え~、これは9月のりき父へのお誕生日プレゼントのパフパフボール。
作者はりき(推定)。早くもこのような姿に。

1025pafupafu.jpg
「こんなヒヨコに誰がした」

不気味、、、なんだか何かの妖怪にも見えますが、、、
ワンコおもちゃの冥利につきるというものでしょう。
いまだにりきの慰み者になっております。

最近の作品では以上の4点が主だったものとなっておりますが、、、

実は!!
我が家には永久保存版となっている「力作」(注:掛詞になっています)が存在します。
家内某所にいまもひっそりと保管されているこのぼろぎれ秘蔵品は、、、
その昔レースのカーテンでした。
周囲の雰囲気からそれとは分かりますね。
でも今は実用には向かないので普段は仕舞われたままです。

baribari.jpg
「そこに山があるから人は登る
ここにカーテンがあるからオレは破る」
byりきin若造時代

しかし、何度見ても実に潔い破りっぷりです、、、はは。
「あっらっ~~!!」と息を呑まれた方。
ご同情ありがとうございます。
新調してからわずか2年。
儚い命のレースカーテンでした、、、


はい、秘蔵品その次。
これはですね、シロアリにやられたのではありませんよ。
では、百姓一揆でお百姓さんが乱入して鎌や鍬で切りつけた跡?
でもありません。
そう、これは建具に鮮烈に残るりきの牙の跡であります。
ツチやノミなど使わずともここまでやれる、恐るべし、ワンコの牙。
本気で精進すればマジでモノになるものを彫り上げるやも知れません。

garigari.jpg
「情けなやオオバカ者の牙のあと」
「夏草やつわものどもが夢のあと」のパクリ

こちらの場合、そうそう作り変えるわけにもいかず、、、
未だ現役。
家人は慣れっこになっていますが、
初めて見る人はやっぱり、、、
驚かせてスイマセンね~。
当時、他にもバリバリにヘリも取れ果てた毛羽立ち畳もあったのですが、
さすがにもう畳替えされて残っておりません。

しかし、ここまでやられても、おじいちゃんがよくもまぁ、
「こんなバカ犬、どっかへやってしまえ!」なんて言わなかったこと。
おじいちゃんには本当に感謝しています。
このように、昔はダイナミックな作品の創作意欲に溢れかえっていた
りき御大も今はパフパフひよこをいたぶる程度に落ち着き、、、とにかくホッ。

atasyashiran.jpg
若い頃のりきが居た場所は今はぽんぽんの縄張りに。
ぽんぽん「まるでアタイのしわざみたいじゃない?
いや~ん、とんだぬれぎぬ~!!」
ぽんぽんしゃんは番犬や目覚まし隊を日々こなす実直派。
りきやさよのような「芸術家」ではありません。
さくらはどちらかというと「小動物狩り」のほうが好きみたい、、、

さて、当家のお宝の数々はいかがでしたでしょう?
あっ、この「お庭」にいつも遊びに来ていただいている皆様ですので、
拝観料は特にサービスさせていただいておりますよ。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://hiroko662000.blog9.fc2.com/tb.php/250-f33d0321