FC2ブログ
2007.01.16 チャッコチャッコの効用
まきばで遊ぶのに必要なもの。
それはさまざまな意味で「水」です。
水道はここまで引かれていないので、ペットボトルに井戸水を詰めて持参します。
もちろん一番の目的は「飲料」用。
走り回った後の喉のかわきを癒すのには欠かせません。
うっかり忘れたりしようものなら、からっぽのお皿を何度も舐めに来ては、
「あらっ?」というような顔をします。

このお水(=チャッコチャッコ)、実は飲料用以外にも
他に3つのことで役に立っています。
ひとつには「お口洗浄」。
穴掘りのときやスコップ土かけ遊びのときに異常興奮して、
お口の中までドロドロになるときもありますが、
このときに水を飲ませることによってお口をゆすぐ効果があります。
土中には得体の知れないばい菌がうじゃうじゃいそうで止めさせたいのですが、
言っても言うことを聞いてくれるようなヤカラではありません。
汚い公道上ではなく、ほとんど自分たちしか遊ばない場所なのが救いですが、
土に親しませること自体は免疫力の向上につながると、
いつかのShi-baで書いてあったような気がするし、
後はフォローするしかありませんネ(回虫の検査とか)。
ま、少しでも早くお口をゆすげれば、、ということで「水」は有効です。
ふたつめは「ケンカの後の気分転換」。
特に激しいぽんぽんとおさよの勢力争いですが、
ひとしきり闘って一段落したかなという場面ですかさず、
「チャッコチャッコ飲みなさい」
とうながすと、ササッとふたりで飲みに行きます。
「オマエ、さっきアタイの首をよくも思いっきし噛んだわねっ!」
などと恨む様子もなく頭を並べて仲良く飲む光景は、
さっきまでワニみたいな顔をし合ってギャウギャウいっていたのが
ウソのようです。
みっつめは、やはりケンカでの場面ですが、
いよいよ興奮の度合いが増して手をつけられそうもないとき、
(ここまでならないうちに気をつけなければならないのですが)
ペットボトルの水を当事者同士の間にピャ~~!!と撒きます。
(直接振り掛ければもっと即効性あり)
「ケンカの仲裁」ですね。
うちのワンコたちの場合、ホイッスルやスコップの叩く音などの大きな音も
ある程度実効性がありますが、なんといっても「水」です「水」!!
絶大なる効果があります。
ハッとわれに帰る感じですね。
きゃつらは学習し、最近はペットボトルを持って駆けつけるだけで、
ハッとケンカを止めるようになりました。

お水って生活の一部になりきっていて普段ありがたみをおぼえないものですが、
ワンコライフにもとぉ~~っても大事&重宝なものです。

0105kenkashimai.jpg
向こうのベンチの上にありがたきお水の姿が
~見にくいわ
左:ぽんぽん 右:おさよ



スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://hiroko662000.blog9.fc2.com/tb.php/259-62a52718