FC2ブログ
2007.02.05 狩猟本能
昨年から今年にかけてほぼ毎日「出勤」していたおじいちゃん。
「職場」は山の中のイノピピ罠の辺りです。
親戚の畑が荒らされるという大義名分の下です。
そして最近ついにこの罠に「獲物」がかかりました。
体重100kgはあろうかという、まさに男盛りのオスだったそうです。
おじいちゃんは今年で御年81才。ヒトによってはもうヨレヨレの方も多い年代で、
現におじいちゃんの同年代のお友達も入院したりボケ始めたりと健康体の人は数えるほどです。
その中にあって、1年中山に川に海にと、様々な獲物を取り尽くさんばかりの勢いで動き回る
おじいちゃんにはただただあきれ脱帽するのみ。
タケノコや山菜、まあアサリまではいいのですが、カニ、鮎、イノピピとなると
これはもう「殺生」なので、回りでは「そろそろ止めといたらいいのにね、、、」などと
ウワサしているのですが、おじいちゃんの狩猟本能は絶好調!!
今のところは、とどまる所を知らないようです。
そうしたことを生業にしている人ならいざ知らず、、、と、
ワタクシもひそかに思うのですが~。

狩猟本能というものはワンコの第一義ともいえる本能ですよね。
この本能が生活の中心となっているとも思えるほどです。
ワンコの一番の理想は、好きなご主人様と狩に出かけることじゃないのかな、、、
と思ったのは、以前りきを連れて山に登ったときのりきの表情からでした。
仔犬のときにもおじいちゃんに連れられて何度か山に入っています。
この間お散歩から帰りがてら、ちょっとモノを取りにワタクシの車に寄ったときに、
りきが開いたドアからパッと中に入ったのには驚きでした。
お出かけにものすごく乗り気のようです。
(りきは車では、病院か山か川しか行ったことがありません)
山に行っても実際には何かを狩るわけではないのですが、
ヒトよりもはるかに優れたワンコの嗅覚や様々な感覚が、
大自然を恋うているような気もしますね。
太古からのDNAが呼んでいるように。

ところで、、、
イノピピ肉!!!
おじいちゃんは意気揚々であちこちの親戚や知り合いにおすそわけしていますが、、、
まだまだまだまだまだ、い~~っぱいあるようです。
せめて無駄にならないようにしたいのですが。

※イノピピの処理はセミプロのお知り合いがなさいましたので、
おじいちゃんは手を下してはおりません。
でもとってもうれしそうでした。
これって、、これって、、やっぱりオスの本能なんでしょうかね。

スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://hiroko662000.blog9.fc2.com/tb.php/271-56ea46f3