FC2ブログ
2007.02.09 街角の犬
「ノーリードはいけませんよ」
といくら声高にいっても、昔からそういう飼い方をしている
飼い主にはどこ吹く風です。

隣町のI市の旧国道沿いの古い商店街。
旧国道とはいえ車の量は結構なものなのですが、
車道の脇にグッタ~~リ横たわっているクリーム色のワンコ。
『し、、、死んでいるのか??』
と焦ってよく見ると、スヤスヤとのんびりお休み中だったりする。
もちろんノーリード、首輪あり。
すぐ後ろの御米屋さんの飼い犬です。
お向かいの黒毛に白髪が混じっているかなり高齢のワンコは
薬屋さんの飼い犬。
狛犬さんのように座って、、同じくノーリードです。
超然と達観したようないいお顔をしています。

歳のせいもあるかもしれませんが、こうしたワンコたちは、
一様に大人しくおだやかで、暴れたり興奮したりしたところを
見たことがありません。
いや、、、
この歳まで永らえたということは、賢いワンコとして
淘汰された結果というべきなのでしょうか。
おばかなワンコやはしゃぎまわるワンコは、当然のように
車に跳ねられたりするでしょうからね、、、。
(チラチラッとうちのワンコどもの顔が目に浮かぶ)
こういう飼われ方をしているワンコが
しあわせそうな表情をしているのを見ると、
なんとも複雑な思いにかられます。

あぶなっかしいがうらやましくもある、
という感じですかね。

でも!!
ウン○だって当然のこととしてワンコの自由なんでしょ?
もっと年取って感覚が鈍くなったとき、ついに車の下敷きに、
という事態だってありうるし。

やっぱり、、、ノーリードはいけませんっ!!
、、、よね~~???



スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://hiroko662000.blog9.fc2.com/tb.php/273-79dd5cb5