FC2ブログ
2005.09.29 2つのお慶び
昨日9月28日は当家にとって二重のよろこびの日になりました。
よろこびの一つめは、もちろんりきのお誕生日だからです。
ついに4才。もう立派なオトナの年齢です。
ところが当人はいたって無邪気そのもの。
メインのDIARYにも書いていますが、今までのお庭の位置を、
奥から、「りき・さくら・ぽんぽん」としていたのを
「りき・ぽんぽん・さくら」にしたとたん、
ぽんぽんと楽しそうにじゃれあうじゃれあう!
お互いの紐が絡まって、なにやらアヤシイ亀甲結びのように体に紐がまとわりついたり、
えらく親密に寄り添っていると思っていたら、紐が絡んでしまって
どうにも身動きがとれなくなっていたりと、
まぁ、たいくつはしていないでしょう。
さくらが隣のときは、さくらとそうしたかったのでしょうが、たいてい袖にされていましたしね。
若犬の時は、手がつけられないとはこういうことをいうのかと思うほど言うことを聞かない悪ガキで、マズルコントロールもまともに効いた試しとてありませんでした。
顔つきもいかにも悪人づらのキツイつり目で、犬相が悪かったのですが、
いましみじみ見てみると、優しい眼差しをした落ち着いた顔つきをしています。<顔だけは(^^;)A>
人間の男の子で、いかにもおじいちゃんやおばあちゃんから可愛がられて、愛情たっぷりに育ったというのがわかる、優しい眼をした子っているものですが、りきもそんな感じです。
いろんな人からかわいがられて、気分よくゆったり過ごしているしあわせな姿を見るだけで、こちらもとても幸せな心地になります。

それともうひとつのよろこび・・それはおじいちゃんがいきなり退院したことです!
昨日血液検査が行われ、その結果を見て退院できるかどうか決めるという話でしたが、
午前中おじいちゃんから電話がかかってきて、
「今日もう退院できるちやき、迎え来れるかね~」とのこと。きょえ~!
『はよ~はよ~来てくれよ~はよ~』との内なる声が私にはひしひしと聞こえましたので、とにかく急いで病院へ!ということになったわけです。
ご心配頂いた皆様、再びここに御礼をば。
おかげさまで無事退院できました。皆さん、暖かいお言葉ありがとうございました~~!

予期せぬ退院・・ということで、実は午後からりきのために大きなペットショップに出掛けたり、夜「犬ケーキ」を作るために材料を買いに行こうとしていたことが、すべておじゃんになってしまいましたけど・・・これはいたしかたありません。また後日ということで。
それで今回のお誕生日特別メニューは・・・。
夕ゴハンは、ドライフードをベースに馬肉、かぼちゃ、人参、キャベツ、すり胡麻と厚けずりのカツオぶしを混ぜて煮込んだ白米。
あらら、馬肉以外はなぁんも特別じゃなかったわん。
食べるときは、よくまぜまぜしないと馬肉だけなくなっちゃいます。
かぼちゃは、例のドッグランのてんとばえのやつを収穫してきました。
それとケーキ。ぽんぽんのときは限りなくお地味な「犬ケーキ」でしたが、
りきもそれでいこうと思っていましたけれど。
今回はとりあえず人間用に買った「生クリームケーキ」をデモンストレーションで、
お祝いのために中に連れてきたりきとパチリ!
りき、嗅いだことのないかぐわしいケーキをフンフンいわせて目の色を変えて見ていたので、
少しだけスポンジ台のところを食べていただきました。
「う、うんめぇ~~!!」と舌なめずりしてがっつくりき。
その犬っぽいわかりやすさが大好きだよ~!!

ke-ki4.jpg
ke-ki3.jpg

スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://hiroko662000.blog9.fc2.com/tb.php/31-fd13cf2c