FC2ブログ
2005.10.09 モデル採用顛末記
sakuratoponpon.jpg
採用された写真です

「ドッグ服のネットショップ『Shop Ting Cutie』の10月号表紙を3ワンちゃんで飾っていただけませんか」と、ショップオーナーの天ママさんよりメールをいただいたのが9月半ば過ぎ。
まったくのうれし~い「青天の霹靂」です!なにしろうちの3ワンは、ずっとお洋服やバンダナとは無縁の、外飼いの半野生児でした。
この頃までは正直、「うちのワンコにバンダナ」という発想はまったくありませんでした。それが、今年の御盆前後にどこからか出てきたバンダナハンカチを、娘が臨時の室内犬となっていたぽんぽんにしてあげると、あらら意外にいやがらない。
さらにさくらとりきにも試してみると、やはりあまり気にしないことがわかりました。
でもこのハンカチだと首の周りをぐるぐる回るし、プカッと肩が抜ける姿は、おばあちゃんがストールをしているみたい。
「そうだ!天ママさんとこのバンダナをしてみよ!」
思い立ったら即実行のワタクシ。
天ママさんは、ワタクシと同じ血液型B型で、超ド・ほがらかなはりきり屋さん。
そして「柴犬にもおしゃれしてほしい!」との強い信念の下、この6月末にネットショップをオープンされています。看板犬の天ちゃんとはうちの3ワンとも名犬「鈴光号」つながりのご親戚。
どおりでみんな美犬ぞろい!(ウヒャヒャ)
そして届いたバンダナ・・・か、かわいい~~!
つけてあげると・・・ヒェ~~、うちの犬ではないみたい!
というような次第でありまして・・・。

で、「こんなチャンスはもう二度とないだろう」と、モデルの要請を快くお受けして早速撮影開始です。
初日は庭で3ワンを激写・・・どころではありません。
あっちうろうろ、こっちうろうろ。
最低2頭はGOODでも1頭がダメダメ。
それに柴独特の習性なのか必要以上の接近をきらうのですね。
この日は汗だくだくとなり、まだ日にちがあるということで止~めた。

2日目。今度は天ママさんからの写真撮影の秘策をバッチリ取り入れ、高い台に乗せて写してみることに。
しかしなにしろりきがでかいので、3ワンが乗るような台がない!
そこでとりあえず女子2名でピアノの椅子に乗っけてみました。
おっ!2ワンおとなしいぞ!
バックのかな文字の衝立はおばあちゃんの遺作です。普段は玄関に飾ってあるのを、廊下の明るい所へ引っ張り出してきました。
そして、新たに仕入れたお気に入りの高級おやつで釣りまくって撮れた1枚が、今回晴れてショップの表紙に採用していただいたものです。このショットだけでも撮ること40枚余り。
しかもおやつで舞い上がっているいっときを狙って撮らなければなりませんので、ぼろカメラを酷使して連写!連写!
その後、お庭へ出て3ワンを激写!・・にやっぱりならな~い!
先の撮影でおやつをしこたま食べていた女子が、おやつを見せても笑わなくなってしまいました。りきははじめてもらうのでソワソワ。足並みが揃わず、やがて女子2名、やる気がなくなってあくびしだす始末。
ウ~ム、今日はこれまでかぁ。

3日目。もう後がないところまで追い詰められたスケジュール(おおげさ)。
さあ、はりきってお庭のステージへ!!
しかし、ワンコにも気分のノリというものがあるのでしょうか。それとも、飼い主側のあせりを敏感に感じ取っているのか・・・笑わない・・。撮ること30枚余り。しかし3ワンでは結局どうしてもこうしてもうまく撮れませんでした。
気を取り直してまた女子2名で岩の上に乗せてみました。
おお、借景の緑に映えて赤犬は美しい・・・と見惚れている場合ではありません。
でもなぜか、もう笑顔のない女子達。
3日間で単独で撮ったのも含めて総数150枚余り。ワンの写真って実にむずかしいと思いました。
今巷を賑わしているワンコの雑誌のプロの方に改めて敬意を表しますわ。そして雑誌のワンコたちも、確かに「プロ」のお顔ですわね。

しかし、せっかくのバンダナも油断するとすぐ汚してしまいます。
だからつけるときは、汚さないシチュエーションのときと、お客様のとき、祝日といたしております。
3ワンではうまくいかなかったけど・・本当にうれしい名誉なことではありました。
天ママさんよ、ありがとうね!

shippai.jpg
動きすぎ・手まで入ってます

waraisugi.jpg
笑いすぎ・アハアハアハ

スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://hiroko662000.blog9.fc2.com/tb.php/32-85d55fe4