FC2ブログ
2007.05.22 お寺のお仕事が終わりました
連休明けから、バタバタと公私共に色々忙しくしておりました。
中でも一番のヤマはお寺の行事でした。
昨日でほぼ連続5日間お寺に日参する日が続き、ひとまず、
2年間の役職を解かれ「やれやれ~、、、」と無事終えた喜びを
かみしめております。
なにしろお寺の役をする年齢としては破格の若輩者。
周りは何十年もの間、舅・姑に仕えながら先祖伝来の田畑を守り、
農業大国ニッポンを支えてきた大先輩ばかり。
『シャンシャン』と音を立てるようなしっかり者揃いです。
その話題は昔の苦労話もあり、お漬物の漬け方の秘伝伝授あり、
時事問題ありと、それなりに多種多彩。
輪になってお餅を作る作業をしながらどっと笑うそのエネルギーに、
なんだか吹き飛ばされそうでした。
高齢化社会(すでに高齢社会かも)といっても、高齢者が実はまだまだ、
底知れぬパワーを秘めているという実態をこの2年間で、
まざまざと見せ付けられた思いでした。

そんな中でこの間の話題といえば、、、
「うらやましい」「そんなのがいいね~」
と、皆さん口々に絶賛されていたこと。
それは、あるおじいさんが籐椅子で転寝していて、
孫があまりにも起きないおじいさんを、
「じいちゃん!」
と揺すると、すでに冷たくなって硬直が始まっていた、、
という話でした。
そういう亡くなり方はお年寄りならずとも、ワタクシでも思わず、
『うらやましいー!』と思ってしまいます。

生・病・老・死。
この四苦を背負いながら人間は生きていかねばなりません(法話の受け売り)。
「生」とは生きていく苦しみというのではなく、
生まれてくる苦しみということですから知覚はありませんが、
「病」そして「老」とは常日頃ついてまわること。
それはワタクシたちのいとおしいワンコたちも同じなのですが、
人間のようにそれらに恐れおののくことなく、日々淡々と
暮らしを楽しんでいるように見える彼ら。
ワンコたちは「死」そのものの存在も意識することなく、
今を生きているのでしょう。
それでもこのおじいちゃんみたいに、苦しむこともなく本当に眠るように、
自分のいのちが終わっていく自覚もないまま、枯葉がホトリと落ちるように
その一生を終えるのは、人でもワンコでもひとつの理想ではありますまいか。

それはともかく、あまり構ってやれなかったこの頃ですので、
今日はゆっくりとワンコと遊ばせてもらいましょう。



スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://hiroko662000.blog9.fc2.com/tb.php/330-51d2018c