FC2ブログ
2007.05.25 犬バカ主婦と『スーダラ節』
しつこいようだが、お寺の事務的な役を終えて、
未だボォ~~ッとなっている。
(いつもボーなのをかこつけているだけかもしれないが)
しかし何にでも頭はつっこんでみるものだ。
世の中はどこにでもなんにでも勉強のネタは転がっている。
最後の方の御法話では、この3月に亡くなった植木等氏の話だった。
彼の生家は浄土真宗大谷派(東本願寺系)のお寺で、父上は戦前、
人権運動を展開し、投獄も経験された筋金入りの熱血僧侶である。
そんなお寺の息子が芸能畑に入り、次に歌う予定の歌を父に見せた。
彼自身、芸風とは似ても似つかぬ生真面目なお人柄だったようで、
ふざけた内容のこの歌を歌うのには相当ためらいがあったようである。
しかし、くだんの父上は、
「この歌には深い真実がある」
と言われたそうな。
これが大ヒットとなった『スーダラ節』。
父上が言われた「深い真実」とは、最後のフレーズの
「わかっちゃいるけどやめられない」
というところだったそうだ。
わかっちゃいるけど止められないのが、我々煩悩凡夫の姿そのもの。
だからこそまた、多くの共感を持たれて空前の大ヒットとなったのだろう。
「『スーダラ』とは『修陀羅』のことなのですよ。」
とうちの御隠家は言われていたが、作詞は故青島幸男氏。
ネット上でも検索してみたが、そこのところは未確認である。

さて、ここは犬バカ主婦の日記であるのでそれらしく、
ドカンと替え歌いってみましょう!!(またかよぉ~~)

(元歌)
♪ちょいと 一杯のつもりで飲んで
 いつのまにやら ハシゴ酒
 気がつきゃホームのベンチでゴロ寝
 これじゃ体にいいわきゃないよ
 ア わかっちゃいるけど止められない


♪ちょいと いっぴきのつもりで飼って
 いつのまにやら ヨメが来て
 気がつきゃ廊下で4ひきゴロ寝
 これじゃ 犬バカになるっきゃないよ
 ア わかっちゃいるけど止められない


最後、「わかっちゃいるけどやめられない」
というよりも、
「わかっちゃいるからやめられない」
とすべきか。


それにしても『4わんこ廊下にゴロ寝の図』は、
極楽浄土に踏み込んだようだ。

ワンコは本当に、、、かわいい。



スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://hiroko662000.blog9.fc2.com/tb.php/332-9bacccfb