FC2ブログ
2006.01.23 インコに対する柴犬の分類に関する一考察
buchi.jpg
写真/「ボクがブチだよ」

この、ワンコが主役のHPではすっかり脇役に甘んじていますが、うちにはワンコの他にセキセイインコのブチ君(多分♂)がおります。
3ワン+チビワンのブチに対する態度が微妙に違うので、今日はその辺を柴ワンコの分類の試みとからめながらお話したいと思います。(なんか卒論の題名みたい)
ブチに対して、なんといってもフレンドリーなのはぽんぽんでしょう。
ぽんぽんの場合、お散歩のときでもついついりきに影響されて他のワンコにやかましく吠え立てるのですが、もともとは他のワンコとも仲良くできるのでは、、、とワタクシはにらんでいます。ブチを威嚇するどころかいつかの日記にも書いたようにブチをお守りさえするのです。
最近お友達になった「まーく40さん」のコメントへの返信に「ぽんぽんはカジュアル柴」という風に書いたのですが、なるほど、ぽんぽんのような、素直で家庭犬に向いている柴犬は「カジュアル柴」って言い方がすごく似あってる!
この対極をなすかのように、篭の中のブチを静かに覗きこむその眼光の鋭さ、、。そう、目方は軽量でもその存在感は限りなく重いさくらです。
柴の高い本質が日々あらゆるシーンで垣間見られるさくらはさしずめ「フォーマル柴」というところでしょうか。
このさくらさん、だからと言って扱いがむずかしいわけでもありません。ぽんぽんとはまた風合いの違った素直さがあります。
りきとなるとブチを見るなりガウガウ吠えっぱなし。
見かけは「フォーマル柴」なんだけどな~、、「なんちゃってフォーマル柴」?
もうちょい、泰然自若としてもらいたいところです。
サヨはブチをじ~っと見つめて、猫みたいに「ひょっ」と篭の中へ手を入れかけたりします。ときには「ワンッ」とも言ってみたり。「プレ・フォーマル柴」とでも言うべきか、、。

と言うわけで、なんともウチのワンコにしか通用しないような分類になってしまいましたが、ざっとこんな感じになりました。

さてブチ君ですが、最近言葉を精力的におぼえています。
インコネットでは「桃太郎」をえんえんと語る猛者もいますが、ブチ君はまだまだ初心者。
「ブチカワイイカワイイ」は、まあいいとして、
なおなお姉妹が教えた「ヤキトリ」、、、ひどいですよねぇ。
最新作は、昨年末ワタクシがブチ君のこういっているのを夢で見た言葉、
「エッチナコトイウナ」、、これもあんまり?
ついこの頃まで「エッチ、、エッチ、、チ~ナコトユナ!」などと不完全でしたが
ようやく完全に言えるようになってきました。
ところが、昨夜なおなお妹が聞いたと言うのですが、
「ヤキトリ、、イウナ!」とブチが言っていたとか、、!
げげげ、ブチ、さては言葉の意味がわかるのか、、
ちなみに次の言葉は、ちょっとこの頃寂しそうなおじいちゃんを喜ばせようと
「オジイチャンスキ!」
にしようと思っているのですが、これ下手すると、
「オジイチャンエッチナコトイウナ!」
になってしまうオソレが。
おじいちゃん、こんなの聞いたら目を白黒させそう、、、
ちょっ、ちょっとまずいかな??

poni.jpg
写真/ぽんぽん「アタイって『カジュアル柴』?うれしい~~!」
、、、意味もわからず喜ぶぽんぽん、、、



スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://hiroko662000.blog9.fc2.com/tb.php/59-18cfcf01