FC2ブログ
2006.02.12 トリノオリンピックと日本犬
いよいよトリノオリンピック開幕!
おとといもきのうもハイジャンプやフィギュアスケートなどの特集が放映されていました。
女子フィギュア特集の華麗な演技を食い入るように見ているおとんですが、その視線はややヨコシマな輝きが、、。
まぁそういうことはさておき、女子フィギュアひとつを取っても、ひと昔前に比べると日本人も確かに世界にひけをとらない体格とスタイルを持つ選手が断然多くなりました。荒川静香選手なんか外人並みです。

さて日本人の平均身長の推移を手っ取り早くネットで調べてみると、、、ありました!
昭和14年の平均身長が153㎝弱。平成15年が158㎝弱だそうな(女性の場合)。さすればワタクシなど昭和30年代の平均値位だわ~。
ひるがえって、日本犬保存会が日本犬の固定化のために「日本犬標準」を定めたのは昭和9年。
最新号のShi-baの記事で「キリスト教なら聖書のようなもの」と言い表されるこの基準の中で、金字塔のように輝く具体的数字。
それが小型犬(=柴犬)ならばオス39.5㎝、メス36.5㎝。(±1.5㎝までは許容範囲)という「体高」です。
この70年の間に目覚しく成長した日本人の体格と同じように、ワンコだって総合栄養ドッグフードの元に体格の伸長著しいにもかかわらず、この数字はまず動きそうにはありませんが、、、
無謀にもあるワンコ先輩の方々にこの素朴な疑問を投げかけてみました。
「この数字は高めに変更されてもいいのでは?」
「!!小型犬らしさがなくなる!」
、、、にべもなく一喝されてしまいました。

う~ん、でも一方では、
「全国展に小さめの犬を出したら体高上限ぎりぎりの大きい犬に明らかに見劣りがする」
と嘆いておられる方もいたよなぁ、、。
単純に考えて、日本人の身長の伸び率をワンコにあてはめると約1㎝の伸びが潜在的にあるとして、実際は体高上限に近いところにワンコの平均も推移しているんじゃないのでしょうか、、、と、何故かトリノオリンピックを見ながら日保の展覧会に思いを馳せるワタクシ。

とりあえず、うちでかわいがっている家庭犬は体高なんてどうでもよし!
、、といいつつちょっと気になって測ってみると、
りき 40㎝
さくら 33㎝
ぽんぽん 36㎝

さくらは度重なるお産のため標準体高を割ってしまいましたが、
りき・ぽんぽんは見事に(?)標準範囲内です。
先人のブリーダーさん達が標準範囲の立派なワンコ達を一生懸命にかけあわせてある結果なのでしょうね。(体高だけは確かに受け継いだ、、、ふにゃふにゃ)

でも展覧会そのものはうちの家庭犬たちには関係ないわけで。
体高よりもなによりも、柴に大切なのはなんといっても、
「悍威・良性・素朴」ですよね!
、、といっても「悍威」はかなりアヤシイ。
ム~ン、「良性」、、、。
そ、そう、「素朴」!ソボクですよ、ソボク!
わがワンコ達に「柴らしさ」を見つけて妙に安心するなおなお母でした。

kawaikopon.jpg
写真/ぽんぽん「カンイっておいしいもんなん?」
~このカジュアルな雰囲気が好きよ♪
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://hiroko662000.blog9.fc2.com/tb.php/69-88fd6391