FC2ブログ
2006.02.14 ワンコの幸せ
この間、親戚のお菓子屋さんがオープン一周年ということで、くじ引きやおにぎり&ゆで卵のサービスをするのに手伝ってくれませんかと頼まれたので、日中ひま~なワタクシはノコノコ出かけていきました。
もともとはEM菌の餌を食べて健康になったニワトリが産む健康卵で有名な養鶏場です。プリンやロールケーキ、シュークリームと品数もあまりありませんが結構評判になっていて、この日もお客さんが朝からうじゃうじゃお見えになっていました。
やがて、いつのまにか白黒ブチの青い首輪をしたイヌがおにぎりサービスのテントを遠慮がちに見ています。
「これ、もともと飼い犬やったんやろけど、ずっとこの辺をうろついちょるんよ。」
よその奥さんがおにぎりをあげてみました。
食べません。
ゆで卵は、、、やはり食べません。
「これは?」とくじ引きのはずれのキャラメルを、、、。
するとそのワンコ、キャラメルは即座に食いついた!
「こんなもんばかり選んで食べよんやろねぇ。」
こざっぱりとして目がキラキラした賢そうな顔をしています。
捨てられたのか。自ら逃げてきたのか。それとも放し飼いのまま迷ったのか、、。
ともかくも、ずっとこのあたりを根城にしているのは間違いなさそうです。
好きなように動いて、好きなものだけを食べて、風の吹くまま気の向くまま。
捕獲や虐待の危険も交通事故の危険もあるし、なによりも食餌の偏りで長生きは出来ないだろう、、、。
でも、そのワンコ、ものすごく穏やかで幸せそうな表情をしていました。

サヨ以外のうちの3ワンは、日中は長さ2・5mの紐で自由を束縛され、ごはんとて体に悪いからと味のほとんどないものばかり。
せめてもの朝夕の散歩とドッグランでの追いかけっこ、ときおり馬肉や青魚、鶏肉を混ぜてあげているので、本犬たちもそれなりに幸せは感じてくれていると思うのは飼い主の身勝手でしょうか。
でも世の中にはつなぎっぱなし、ご飯は決まって人間の残飯で水もときどき入っていないような可哀そうな飼い犬もたくさんいます。
そういうワンちゃんは大抵世捨て人のような表情をしているか、訳もなくいらついた表情をしています。
昔の飼い犬はほとんどが放し飼いで、それなりにイヌ社会を形成していました。今でも昔に習って放し飼いを決め込む飼い主さんがいて、ウン○もそのままだしそれはそれで困るのですが、そういうワンちゃんは、この白黒ブチ君のように、賢そうで穏やかな顔をして終始落ち着いているものです。

学生のころクラブの集まりでワンコの話題が出て、飼われている犬が幸せか、野良犬が幸せかという話になったとき、
「そりゃあ、野良が幸せに決まってるやん!」という人がいました。
「眼の輝きが違うがな!」とも言っていました。
学生の時期には特にそういう思いが強いのでしょう。
「憧れ」ということですね。

でも確かに野良って自分の力で生きていかなければならないけど、限りなく自由なんだなぁ、、といろいろ複雑な思いに耽っていたら、白黒ブチ君、いつのまにかいなくなっていました。
風の吹くまま気の向くまま。
(これは決して捨て犬や放し飼いの犬を賞賛するものではありませんので念のため)


スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://hiroko662000.blog9.fc2.com/tb.php/70-aaf8fef1