FC2ブログ
2006.03.27 日保春季展覧会こんどは福岡展
今日は会場となる久留米まで珍しくおとんが送ってくれました。
「たまには高速道路をぶっとばしてみらんね」
と、言葉巧みにスピード狂の性格をくすぐったのが功を奏したわね、ぐふふ。
天気は安定した曇り空。風もあまりなくやや肌寒いという、ワンコには比較的良好なお天気具合でしょう。
とりわけ今回限りで珊瑚ちゃんが引退ということでしたので、ぜひとも応援を、、、と思っていましたら、会場へ着くなり、おお!香龍さん母娘とバッタリ。
おとんがまたピンボケたことを言いやしないかとハラハラしましたが大丈夫でした、ほっ。(全展では広島駅で珊瑚ちゃんを連れていた香龍さんに偶然会ったとき「この犬も出ると?」と聞いた。誰が広島くんだりまで応援のためだけにわざわざワンコを連れてくるか、、、?)
ざっと会場を見渡すと、、、おおお盛況ですね。
元審査員N大先生をはじめ、「傘地蔵」(=雨&日照りにオールマイティの菅笠をかぶっておられる)の方、前歯が何本か抜けたまんまのFさん、あの顔この顔、こう見てみるとワタクシも相当顔見知りができましたわ。先方も「このオバハンまた来とる」と思っておられることでしょうが。
今日ひときわ印象深かったのは、宝塚のフィナーレで男性役が着るようなフリッフリのブラウスとハイヒールでリングに立つハンドラーの女性。JKCの大会ではそういう盛装(?)で出場するとのことですが、ジャンパー姿等のラフな格好が大半の地味~な日保の会場では、めちゃめちゃめだっていましたよ。
洋犬ならそれなりに似合っているのでしょうが、本来狩猟犬の柴犬とのコンビはさて?個人的な意見ではありますけど。さすがに写真は遠慮しました。

sangotyan2.jpg
写真/個体審査を受ける珊瑚ちゃん

今日の珊瑚ちゃんはとても落ち着いていて、終始立派な立ち込み姿でした。
華のある時期に颯爽と引退するのも、この時期の桜の花になぞらえるわけではありませんが実にあっぱれな退き際です。
他所のワンコをめったに誉めないおとんも、
「あの犬はひと際きれいやね」と褒め称えておりました。
今からは色々と我慢することもなく、ますます伸び伸びとおうちでのんびり過ごしてくださいね。

ところで、この仔ワンコ、、、

sakuratyan2.jpg
写真/期待の大型新人(新犬)・さくらちゃん

思わず「かわいい!」と叫ばれたのではありませんか?
このきゃわいこちゃんは出陳されているのではなく、将来のための「場慣らし」として会場入りしていた仔ワンコです。
こうやって将来をになう美犬が、次々と生まれているのですね。

出陳される犬は絶えずしてしかも元のワンコにはあらず、
展覧会に出る犬達はかつ退(ひ)きかつ現われて久しくとどまることなし、、


連綿と続くであろう展覧会の来し方行く末、美犬の引退と美犬候補生の見学と、、、
ここの桜も現実にはまだ3分咲きにも満たないものでしたが、ワタクシの心の中では桜吹雪がとめどなく降り注ぐのでありました。

sakurasannbuzaki.jpg
写真/会場土手の桜はまだまだ蕾・花曇りのお天気でした
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://hiroko662000.blog9.fc2.com/tb.php/90-c31963f7